HTCが「VIVE Focus Plus」を発表、6DoFコントローラーが付属

 2019年2月21日、HTCは公式ブログを更新し、一体型VRゴーグル「VIVE Focus」のバリエーションモデル、「VIVE Focus Plus」を発表した。

・Introducing the VIVE Focus Plus for Premium Standalone VR Experiences
https://blog.vive.com/us/2019/02/21/introducing-vive-focus-plus-premium-standalone-vr-experiences/

 VIVE Focus Plusは、VIVE Focusに6DoFコントローラーを付属したモデルだ。元のVIVE Focusに付属していたコントローラーは3DoF(上下左右の振り向きと傾き)対応で、3次元の位置情報は検出していなかった。6DoFに対応すると位置情報が利用できるので、VR内の物に手を伸ばすといったことが可能になる。

 HTCは2018年10月に6DoF対応のコントローラーを発表しており、開発者に提供を始めていた。今回、晴れて付属品として製品化に至った形だ。この発表では、コントローラーが単体で販売されるかについては触れられていない。

 VIVE Focus PlusはVIVE Focus同様に業務向けの位置付けとなり、多くの場合エンタープライズライセンスが本体価格に含まれるという。2019年第2四半期に25の地域で発売予定。価格はまだ非公開だ。

 2019年2月25日からスペインのバルセロナで開催される「Mobile World Congress 2019」にデモを出展するとしており、その際に何か新しい情報が発表されるかもしれない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL