パルマー・ラッキー氏、「Oculus Rift」の修理キットを無償で提供

 2019年2月18日、パルマー・ラッキー氏は自身のブログを更新し、提供を予告していた「Oculus Rift」の修理キットの詳細を発表した。

・Fix your Oculus Rift audio failure for $0.00 with the RR1 repair kit
http://palmerluckey.com/fix-your-oculus-rift-audio-failure-for-0-00-with-the-rr1-repair-kit/

 パルマー氏は、Oculus Riftの内蔵ヘッドホンが右側だけ音が出なくなるという故障が多く発生していると知り、既に退職しているにも関わらず対応に乗り出していた。今回、修理キット「RR1」を無償で提供すると発表した。

 修理キットは左右のヘッドホンを外部ケーブルでつなぐというものだ。パルマー氏の確認した不具合の多くは、グラウンド(GND)のケーブルが原因だったという。そこで新しいグラウンド線を追加する方法を採用した。

 具体的には、VRゴーグル本体とヘッドホンの接続部にRR1を挟み、左右のパーツをオーディオケーブルでつなぐ。内部のケーブルを交換するのではなく、外部ケーブルを追加するという形だ。この方法により、「一般的なPCゲーマーなら問題なく作業できる程度の内容」になったという。

 パルマー氏は受け付け用のメールアドレスを公開し、メールを貰えればRR1を送付するとした(アドレスは上記ブログを参照してほしい)。ただし「保証期間内であれば保証が利用できるほか、クリーニングやヘッドホンのねじの締め直しで解消する場合もあるので、不具合があった場合はまずOculusのサポートに連絡し、相談してほしい」と付け加えた。また、レアケースと思われるが、ゴーグル背面のトラッキング用LEDのケーブルに問題がある場合はRR1では直せないという。

 RR1は3.5mmミニピンジャックを増設する。そのためまったく別のヘッドホンをつなぐことも可能だ。しかしRR1はその目的で作ったのではないため、これをオーディオ用オプションとして販売する予定はないという。

 今回の対応は、同氏が「買ってくれた人に申し訳ないから」という理由で個人的に行っているもの。単純なビジネスとしてではなく、ユーザーのために行動する姿に改めてファンになった人も多いのではないだろうか。

Reported by 宮川泰明(SPOOL