次世代の「iPhone」はトリプルカメラ搭載か、来年にはレーザーを使った3Dカメラ搭載も?

 Appleは次世代の「iPhone」で、背面カメラを3個に増やすかもしれない。海外ニュースサイトの「Venturebeat」が報じた。

・Apple reportedly plans 3-lens and laser 3D cameras for 2019-2020 iPhones
https://venturebeat.com/2019/01/30/apple-reportedly-plans-3-lens-and-laser-3d-cameras-for-2019-2020-iphones/

 上記記事によると、今年発売すると見られる「iPhone XS Max」の後継機では現行モデルにある広角と望遠の2種類のレンズに加え、超広角レンズのカメラを搭載する可能性があるという。撮影時には3個のセンサーを横断的に使い、別のセンサーから得たピクセル情報を画質補正に利用するとしている。シャッターの前後1.5秒ずつの動画を記録する「Live Photos」の機能も、シャッターの前後3秒ずつに拡張されるようだ。

 さらに、来年の(おそらく次々世代の)モデルではレーザーを使って奥行き情報を取得可能な3Dカメラを搭載するという観測を伝えている。背面カメラで15フィート(約4.5m)の範囲で周囲の環境を取得できるという。これはARの活用に大きく貢献すると予想される。

 現行のiPhoneは「SLAM(Simultaneously Localization And Mapping、位置情報と周囲の3次元情報を同時に取得すること)」技術にカメラの映像と加速度センサー、ジャイロセンサーの情報を組み合わせて利用している。最近のVRゴーグルでは似た仕組みでカメラを2台以上に増やすことも増えているが、スマートフォンではスペースの問題で難しいと考えたのかもしれない。レーザーのアシストを使うことでより高い精度の3次元情報が得られるはずだ。

 いずれも製品化の前に変更になる可能性もあり、はっきりとしたことは言えない。しかしAppleがAR分野に強い関心を持ち続けているということは言言えるだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL