【VRパラダイス ゲームレビュー】
 これぞ破壊の美学! 重機に乗り、鉄球を操り、建物を破壊しまくる「Blast the Past」

Reported by DENPA IS CRAZY

 重機を操る難しさ、思い通りに操作できた時の快感、そして豪快に崩れ落ちる建物……今回紹介するのは「Blast the Past」というゲームです。

 ビル街に残された古い建造物、あなたのミッションはこの建物を破壊することです。

 ゲームを始めると重機の操縦席からスタートします。ターゲットは目の前のレンガ造りの建物です。操縦席にはクレーンの長さを調整するレバー、ワイヤーの長さを調整するホイール、そしてクレーンを操作するレバーがついています。操作はシンプルでコントローラーを使ってこれらを操作します。

プレイヤーが操縦する重機。ゲームをスタートすると操縦席から始まります

 目的も単純です。それぞれを操作して慣性の法則を使って最大限に力が加わるように思いっきり鉄球を振り回しましょう。上手くぶつければ物理エンジンで表現された建物は豪快に破壊されていきます。土台を破壊すると建物は傾いて上部まで一気に崩れるのでこの辺りを狙っていきましょう。

勢いをつけて思い切り建物にぶつけると派手な砂埃と共に建物が崩れます

 と文字に書くのは簡単ですが、これがなかなか思い通りにいかないのです。クレーンの長さをどのくらいにすれば良いかわからないし、ワイヤーが伸びすぎると鉄球が地面に接触してしまい振り回すどころではありません。

 筆者は操作に慣れるのに15分くらいかかり、正直フラストレーションを感じていました。

この重機の操作が難しいのです……

 ですがある程度思うように操作できてくると一転します。「ブゥーン」と重量感のある空気を切る音、建物に鉄球が思い切りぶつかる激しい音、そしてバラバラと崩れ落ちる建物……すべての要素がとにかく気持ち良いです。

豪快に崩壊する建物。上手くぶつかると気持ち良い!

 一応スコア制になっていて早く破壊するとポイントが高く入ったり、逆に街頭の建造物を誤って破壊してしまうとマイナスになってしまったりという要素もありますが、本作においてはあまり関係がないと言っても良いでしょう。感情の赴くままに破壊を楽しみましょう。

 そしてVRのゲームあるあるなのですが、なぜか細かな部分まで作り込まれた操縦席も必見です。デフォルトのBGMはありませんが、落ちているカセットテープを差し込めばBGMが流れますし、置いてあるコーヒーを飲むこともできます。雨は降りませんがワイパーを使うこともできますし、窓を開けて外を見ることもできます。

窓を開けたりワイパーを動かすこともできます。貼ってある付箋など細かな作り込みにも注目です。ちなみにゲーム的には意味はありません

多数用意されている音楽カセットなどなど細かな作り込みに注目です。コーヒーを飲んで一服するのも大切ですよね

 建物を破壊するという気持ちよさも何よりですが、巨大な重機を動かすというのもユニークな体験です。筆者は立居でプレイしましたが、操縦席の視点なので椅子に座ってプレイしてみるとよりリアル感が楽しめるでしょう。

 さら本作は無料でプレイできます。ステージは1種類でボリュームはないのですが気軽にプレイできるという点ではポイントが高いです。ぜひプレイしてみてください。