NVIDIAが「GeForce RTX 2060」を発表、RTX世代のミドルクラス

 2019年1月7日、NVIDIAは新しいグラフィックチップ「GeForce RTX 2060」を発表した。「GeForce RTX」シリーズのミドルクラスの位置付けとなるチップだ。搭載したグラフィックボードは1月15日に発売される。

・NVIDIAの製品ページ
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/rtx-2060/

 GeForce RTX 2060は「Turingアーキテクチャー」を採用しており、上位の「GeForce RTX 2080 Ti」などと同様にレイトレーシング用の「RT Core」やAI用の「Tensor Core」とを備えている。主な仕様は下の画像の通りだ。上位チップは「Founders Edition」と通常モデルの2種類の仕様が公開されていたが、GeForce RTX 2060ではFounders Editionの仕様だけが公開されている。

 位置付けとしては「GeForce RTX 2070」の下位となり、シェーダー(CUDAコア)の数は2304個から1920個へ、メモリーは同じGDDR6だが8GBから6GBへ削減されている。メモリーの帯域も448GB/秒から336GB/秒に下がっている。

 一方で、前世代の「GeForce GTX 1060」からは大きくスペックアップしている。世代が異なるため横並びの比較はできないものの、GeForce GTX 1060のシェーダー数は1280個、メモリーはGDDR5で帯域は192GB/秒。シェーダー数は1.5倍に、メモリー帯域は1.75倍に引き上げられている。大幅な性能向上が期待できる。

 ただ、発表時の価格はGeForce GTX 1060が249米ドルだったのに対し、GeForce RTX 2060は349米ドル。価格も大幅に引き上げられた。どちらかと言うと、「GeForce RTX 1070」の379米ドルの方が近い。手頃とは言い難い価格帯となってしまうが、レイトレーシングやAIを利用した高画質化技術の「DLSS(Deep Learning Super Sampling)」などに対応したグラフィックボードの中では最も安価なシリーズとなる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL