HTCが新VRゴーグル「VIVE Cosmos」と「VIVE Pro Eye」を発表

 2019年1月8日、米ネバダ州ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、HTCは新型のVRゴーグルを2機種発表した。

・HTC VIVE Evolves Premium VR Portfolio With New Hardware, Unlimited Software Subscription and Content Partnerships
https://blog.vive.com/us/2019/01/07/htc-vive-evolves-premium-vr-portfolio/

 発表したのは「VIVE Cosmos」と「VIVE Pro Eye」。いずれもPCに接続して利用するVRゴーグルだ。

 VIVE Cosmosはinside-out方式の位置トラッキングを採用しており、ベースステーションなしで利用できるのが特徴。細かな仕様は公開されていないが、両側面にもカメラが配置されており、より広い範囲をトラッキングできるようだ。ヘッドバンドとゴーグル部の間にはヒンジが設けられ、跳ね上げ機構が導入されている。付属する2個のコントローラーはVRゴーグル本体同様6DoF(Degree of Freedom)に対応する。

 また「ゲーミングPC以外からも接続できる」としており、製品ページに掲載された動画ではスマートフォンとの接続が示唆されている。

 VIVE Cosmosは今年の早い時期に開発者向けキットが出荷され、製品版は今年の後半に詳細や価格が公開される予定だ。

 VIVE Pro Eyeは既存の「VIVE Pro」にアイトラッキングを追加した派生モデルだ。ディスプレイの解像度や視野角といったVRゴーグル部の基本仕様はそのまま継承している。基本的に業務向けで、アイトラッキングが効果を発揮しやすい分野に向けた製品だとしている。

 アイトラッキングは視線による入力や「フォービエイテッド・レンダリング(目の焦点が合っている部分だけを高解像度で描画する技術)」、ユーザーの瞬きをアバターに反映させるといった使い方ができる。国内ではバーチャルキャスト社の「VisrtualCast Enterprise版」が対応をうたっている。

 VIVE Pro Eyeは今年の第2四半期に発売予定。価格はまだ公開されていない。

 同社は同時にオンラインストアの「Viveport」のサブスクリプションプランに新しいコース「Viveport Infinity」を追加すると発表している。従来のサブスクリプションプランは毎月5本のタイトルを選び、1ヶ月間使い放題になるというもの。Viveport Infinityではタイトル数の制限を撤廃し、サブスクリプションに登録されている500以上のタイトルが全て使い放題になる。

 Viveport Infinityは今年の4月5日から開始するという。料金体系はまだ公開されていない。

 新しい製品やサービスではないが、VRゴーグルを装着した際に現れるホーム画面が公園のような空間になる「Vive Reality System」も発表している。これにより、VRを「アプリを起動するという感覚ではなく、世界の間を行き来するような感覚で使ってほしい」としている。まずVIVE Cosmosで利用可能になり、その後他の製品にも対応が広がる予定だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL