匂いや温度などでVRの没入感を高めるアダプター「Feelreal」が近く「Kickstarter」に登場予定

 米国のスタートアップ企業、Feelrealが同名のVRゴーグル用アダプターを開発している。匂いや温度などを再現し、没入感を高めるアダプターだ。2018年12月26日、近くクラウドファンディングサービスの「Kickstarter」でプロジェクトを開始すると発表した。海外ニュースサイトの「Road to VR」が報じた。

・Feelreal Wants to Add Smell & Haptics to Your VR Headset, Kickstarter Coming Soon
https://www.roadtovr.com/feelreal-wants-add-smells-haptics-vr-headset-kickstarter-coming-soon/

・FeelrealのWebサイト
https://feelreal.com

 FeelrealはVRゴーグルに取り付けて、視覚以外の感覚を再現するアダプター。アロマカプセルで匂い、ミスト噴出機能で濡れた感覚、ファンで風、小型ヒーターで暖かさ、振動機能で触覚を演出する。

 匂いを出す機構は、アロマカプセルを取り付けたカートリッジを使う。カプセルは交換可能で、直販のストアでは255種類の香りを販売するとしている。

 対応するVRゴーグルはFacebook Technologiesの「Oculus Rift」、「Oculus Go」、HTCの「VIVE」、Samsungの「Gear VR」、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation VR」。VRゴーグルとの接続はBluetoothを使う。内蔵したバッテリーで4時間動作する。設定用のソフトでは、動画のシーンに合わせてFeelrealを動作させるといった設定もできるようだ。

 Kickstarterのプロジェクトを開始する時期や支援プランなどは発表されていない。ただ、同社は「Facebook」の投稿で「大幅な早期割り引き」があるとしている。気になる人は、eメールでニュースを受け取れるよう同社のWebサイトに登録しておくとよいだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL