Qualcommが新SoC「Snapdragon 855」を発表、グラフィックス性能が20%アップ

 2018年12月5日、Qualcommはモバイル向けSoC(System on Chip)の新モデル「Snapdragon 855」を発表した。全体的な性能向上に加え、次世代の通信技術に対応した。

・Snapdragon 855: The premier mobile platform for a new decade of 5G, AI, and XR [video]
https://www.qualcomm.com/news/onq/2018/12/05/snapdragon-855-premier-mobile-platform-new-decade-5g-ai-and-xr

 Snapdragon 855は、CPUに「Kryo 485」、GPUに「Adreno 640」を採用。「Kryo 385」と「Adreno 630」を採用した前世代の「Snapdragon 845」からCPUは45%、GPUは20%性能が向上したという。また、AI用プロセッサーもSnapdragon 845の「Hexagon 685」から「Hexagon 690」に進化し、演算性能が3倍に引き上げられたとしている。

 通信機能では、次世代の携帯通信網である5Gに対応した。無線LANも「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に新しく対応。通信機能は無線LANルーターなど通信相手の対応も必要になるためすぐに利用できるわけではないが、オンラインゲームのラグ解消や高解像度な動画のスムーズなストリーミングなど、高速化はスマートフォンなどの携帯端末をより快適に使うために重要な要素だ。

 AR/VR(QualcommはXRと呼んでいる)を利用する際、モバイルSoCではまだ力不足で、PCと比べると何かしら妥協する必要がある。特に一体型VRゴーグルでハイレベルなVR体験をするには、SoCの性能はどれだけあっても良い状態だ。今回は5Gへの対応が大きなトピックとなっているが、CPU性能の45%アップはかなり大きい。AI用プロセッサーも、VR分野ではアイトラッキングやハンドトラッキングで利用できる。一体型VRゴーグルも次の世代に移行できるかもしれない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL