「VIVE Pro」にマクラーレン仕様が登場、専用コンテンツが付属して約20万円

 2018年11月23日、HTCは同社のVRゴーグル「VIVE Pro」の特別仕様モデルを販売開始した。5月に発表していた、カーレースチームのマクラーレンとのコラボ製品となる。価格は税込みで19万4000円。数量限定としているが、限定数は公表していない。

・コラボモデルの特設ページ
https://www.vive.com/jp/mclaren/

 特別モデルはVIVE Proがベースで、前面カメラ周辺の色をマクラーレンのレースカーで採用された「パパイヤオレンジ」に変更している。同梱される周辺機器は「SteamVR Tracking 2.0」に対応するベースステーションとコントローラーが2個ずつとなっており、通常のVIVE Proのフルセットと同じ構成だ。

 独自の特典として、マクラーレン仕様にカスタマイズしたStudio 397のレースゲーム「rFactor 2」と、VIVE Studioがマクラーレンと共同開発したレースのピット作業を体験できるゲーム「McLaren Garage VR」が付属する。そのほか、「Viveport」のサブスクリプションも6ヶ月間利用可能だ。

 通常のVIVE Proはコンシューマー向けにVRゴーグル単体で税込み10万1520円、法人向けにフルセットが税込み17万5910円で販売されている。専用コンテンツが付属するとは言え、単純にVIVE Proが欲しい場合は割高感がある。マクラーレンファン向けのファンアイテムと言えるだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL