マイクロディスプレイでVRゴーグルを軽量化、欧州の研究機関が発表

 2018年10月18日から19日にかけて、ドイツのミュンヘンでAR/VR分野のカンファレンス「Augmented World Expo(AWE) EU 2018」が開催された。同カンファレンスで、欧州の研究機関、Fraunhoferが小型VRゴーグルの試作品を展示した。海外ニュースサイトの「Road to VR」が現地メディア「VRODO」の記事を紹介した。

・Fraunhofer Shows Off Compact VR Headset Prototype Using 4 OLED Microdisplays
https://www.roadtovr.com/fraunhofer-shows-off-compact-vr-headset-prototype-using-4-oled-microdisplays/

 Fraunhoferはパートナー企業からの依頼などで研究開発を行う、応用研究機関。直接このVRゴーグルが製品として販売されるかは現時点では不明で、製品化のパートナーを探している状態のようだ。

 展示されたVRゴーグルは有機ELのマイクロディスプレイを4枚搭載し、独自のレンズを通して両目にそれぞれ2枚ずつ割り当てている。ディスプレイの解像度は1枚あたり1920×1200ドット(2300ppi)。これを縦長の向きで配置し、片目あたり2400×1920ドットで表示する。

 画素密度が非常に高いため個々のドットは見えず、中央を見ると映像は非常にクリア。ただレンズの調整はまだ十分ではなく、端に向かうと歪みが見えたという。リフレッシュレートは最大120Hzで動作するが、デモの環境では60Hzだったとしている。

 このVRゴーグルの特徴は、非常に軽いことだ。一般的なVRゴーグルの1/4程度の重さだという。HTCの「VIVE」やOculusの「Rift」は500g弱なので、100~120g程度と思われる。一方で、視野角は縦に75度、横に100度で、VIVEとRiftよりも若干狭い。

 VRゴーグルを現状より小型化するには、ディスプレイの小型化は必須だ。マイクロディスプレイはその可能性を秘めている。コンシューマー向けの製品が市場に登場するのはまだ先になりそうだが、このアプローチは各社にとってヒントになるのかもしれない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL