凸版印刷がライトフィールドを活用したVR用ディスプレイモジュール「TransRay」を発表、VR酔いを抑制

 2018年10月18日、凸版印刷はVR用ディスプレイモジュール「TransRay」を発表した。開発用のキットを2019年3月から出荷するという。

・凸版印刷、工場・医療現場での使用が期待できるHMD開発
https://www.toppan.co.jp/news/2018/10/newsrelease181017.html

 TransRayの特徴は、ライトフィールドの技術を使っている点だ。ライトフィールドは空間の光線を捉える技術で、これを利用して撮影後にピント調節ができるカメラなどが開発されている。

 現在のVRゴーグルのディスプレイは、両目にそれぞれ少しずれた映像を見せることで立体視を実現している。しかし、人の目は両目の視差だけでなくピント調節機能による奥行きの検知も行っており、組み合わせて空間を認識している。VRゴーグルは目とディスプレイの距離が一定のため、目のピント調節機能は働いていない。視差はあるのにピント調節が働かないというずれがVR酔いや疲労の原因となり、長時間の利用を妨げているという。

 TransRayはライトフィールドの技術を使うことで目が奥行きを感じられるようになり、ピント調節機能が働くようにしている。より自然な形で映像を見られるため、酔いや疲れが軽減できるとしている。長時間利用できれば、産業用途での利用拡大が期待できる。

 TransRayのターゲットは産業、特に機械の遠隔操作のため、今のところコンシューマー向けのVRゴーグルで採用される可能性は低いと思われる。しかし、視線とピント調節機能のずれはOculusもプロトタイプのVRゴーグル「Half Dome」で対策を研究していた問題点だ。コンシューマー向けとしては使われなくとも、新しいアプローチの一つとして注目されるのではないだろうか。

Reported by 宮川泰明(SPOOL