「Steam」の月間調査がVRゴーグルを追加、「VIVE Pro」も対象に

 ゲームのオンラインプラットフォーム「Steam」を運営するValveは、同意を得たユーザーのPCの環境情報を取得し、毎月統計データとして公開している。2018年9月分の調査ではVRゴーグルの項目で変化があった。

・Steam Hardware & Software Survey: September 2018(ページは毎月更新され、過去のページは閲覧できない)
https://store.steampowered.com/hwsurvey/Steam-Hardware-Software-Survey-Welcome-to-Steam

 9月分の調査結果から、VRゴーグルの項目で調査対象となる製品に「VIVE Pro」と「Huawei VR」が追加された。また、グラフに表示される期間の範囲が2018年4月から2018年9月の6ヶ月分となっている。8月の調査結果では、2017年3月から2018年8月の18ヶ月分だった。

 VIVE Proのシェアは9月時点で2.03%。発売となった4月は0.45%で、緩やかだが着実にシェアを伸ばしている。

 Huawei VRは、実際の製品は「Huawei VR2」と思われる。項目は追加されたものの、9月のシェアは0%、8月のシェアは0.02%となっており、全体への影響はほぼない。

 既存のVRゴーグルのシェアに大きな変化はない。「Rift」とWindows Mixed Reality対応VRゴーグルのシェアは微増し、「VIVE」は微減するという先月と同じ傾向だ。VIVEとVIVE Proのシェアを足しても、まだRiftの方が2.88ポイント上回っている。

 このデータはあくまでSteamで利用されたVRゴーグルのシェアで、Steamを利用していないユーザーは含まれていない。また、市場の販売データによるシェアではない点は注意が必要だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL