eスポーツFIELD

eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツフィールド】

Original

ゲームを作って人を楽しませる仕事はなくならない-神戸市立科学技術高等学校コンピュータ部~第1回全国高校eスポーツ選手権出場校インタビュー【その2】

■第1回全国高校eスポーツ選手権

 高校生対象に特化した初めてのeスポーツ大会『第1回全国高校eスポーツ選手権』が毎日新聞社主催、サードウェーブ共催で開催される。

 ゲームタイトルは5対5で行う対戦型PCゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL、ロル)」と、3対3で行う対戦アクション「ロケットリーグ」。LoLでは93チーム、ロケットリーグでは60チームが予選に出場する。

 予選の日程は2018年12月23日(日)~26日(水)、試合はインターネット上で開催される。本戦は2019年3月23日(土)~24日(日)、幕張メッセで開催される予定だ。

 優勝チームはメンバー全員が『2泊3日の韓国eスポーツ体験旅行』に招待され、「eスポーツ先進国」である韓国で、プロリーグの試合を観戦できる。

 PCショップ「ドスパラ」を展開し、ハイスペック ゲーミングPCブランド「GALLERIA(ガレリア)」をリリースしているサードウェーブが「全国高校eスポーツ選手権』」を毎日新聞社と立ち上げた理由は、全世界で巻き起こっている「eスポーツ」のムーブメントを日本にも広く浸透させ、新時代を象徴する「新しい文化」として育み、発展させていくため。

 サードウェーブでは大会開催に併せて「eスポーツ部発足支援プログラム」を展開した。各高校に「ガレリア」とBenQのディスプレイを最大5台までレンタルし、eスポーツを楽しむ高校生の裾野拡大を後押ししている。

 今回、同選手権にエントリーしたいくつかの学校を訪問し、プレイヤーである高校生たちと顧問の先生から現状について話をうかがった。

■神戸市立科学技術高等学校 コンピュータ部 eスポーツ班インタビュー

(目次)

■最初はシラーっとしていた
■プレイよりもクリエイター志向の強いチーム
■コンピュータ部では「ガレリア」を取り合い!?
■ゲームから始まるコミュニケーション、ゲームから得られる何か
■ゲームを作って人を楽しませる仕事はなくならない

■最初はシラーっとしていた

 神戸市立科学技術高等学校コンピュータ部は、日本ゲーム大賞U18部門、Unityインターハイ、パソコン甲子園、SuperConなどに出場し、非常にアクティブな活動を行なっている部活動だ。同校が開学した2004年当時からある部活で、今年で15期目。部員数はおよそ40人。

 全員が特定の課題に対してプログラムを組む「競技プログラミング」向けにC++の勉強をしているが、コンピュータ部のなかには、ゲーム制作を行なっているグループや競技プログラミングを専門にやってるグループのほか、3Dモデリングやグラフィックスを行なっているグループがある。そこに2018年に新たに加わったのが、ゲーム競技を行う「eスポーツ班」だ。

「本気でゲームをプレイすることがゲーム制作への良い経験につながることを期待している」と顧問の石原健伍先生は語る。


神戸市立科学技術高等学校 コンピュータ部顧問の石原健伍先生

 神戸市立科学技術高等学校から『第1回全国高校eスポーツ選手権』にはコンピュータ部に所属していないメンバーからなるチームもエントリーしているが、今回、取材を受けてくれたのはコンピュータ部から「League of Legends(LoL)」にエントリーしたチームの7人である。全員が1年生だ。

 活動時間は平日、月火木金の3時から6時くらいまで。水曜日は休みだ。特に理由があるわけではないが、コンピュータ部の活動自体が昔から「水曜日は休み」と決まっているのだそうだ。

 もちろん夜は夜で、家に帰ったあとに「みんなやっている」そうだが、それについては石原先生は「聞かないことにしている(笑)」とのこと。なお石原先生は人数が不足していた初期の頃はプレイに参加していたが、今は参加していない。

 全国高校eスポーツ選手権が開催されるという情報は、石原先生から部員たちに知らされた。

 だが石原先生によれば「最初は『こういう大会があるらしいぞ』と言っても、シラーっとしていて、『先生、何言うてんの』って感じだったんですよ」。

 そこで先生は「実際に『こんなゲームらしいで』とやってみせました。あとは『コンピュータもレンタルしてもらえるから出てくれ』って言ったんです。そしたら何人かが興味を持って食いついてくれたんです(笑)」と実際のところを教えてくれた。

 新しい高速なコンピュータが使えるなら出てみようか――と思うのは、いかにもコンピュータ好きが集まっているクラブのメンバーらしい。

■プレイよりもクリエイター志向の強いチーム

 eスポーツ班のリーダーは服部瑞生さん。eスポーツ班に参加した理由はと質問すると「うちの部活動はゲームのプログラミングをしているんですが、いまやってるゲームを体験したほうがゲーム作りに役立つと思ったからです」とのことだったので、うん、それも本当だろうけど、本当に本当の理由は? と重ねて聞くと「先生がゲームをやっている様子を見て『おもしろそうやなー』と思って」と、明るく人懐っこい笑顔で答えてくれた。

コンピュータ部 eスポーツ班 リーダーの服部瑞生さん

 もともと服部さんがコンピュータ部に入った理由は「情報、プログラムの勉強がしたいなと思ったから」。だがちょうど、普通のプログラミングの勉強には飽きはじめていたのだという。「飽きたというか、ちょっと違うことがしたいなあと思っていたんです。そこに『eスポーツ』という大きな行事があると聞いて、出ようかなと。軽いノリです」。

 神戸市立科学技術高等学校コンピュータ部のメンバーは基本的に、ゲームを作る、プログラミングするほうが主力で、eスポーツ、ゲーム経験自体はそんなに多くない。eスポーツ班が活動を始めたのは夏休みが終わった9月以降なので、実質的には「まだ2ヶ月経ってないくらい」という。

 そんななか、司令塔の役割をつとめるのが岸本涼さんだ。周囲のメンバーがいうには「めちゃめちゃうまい」プレイヤーで、みんなを指導している。実際にプレイを見せてもらったときにも他メンバーの動きや連携について注意を払っている様子だった。

コンピュータ部 eスポーツ班の岸本涼さん。LoLで司令塔の役割を務める

 今回の「高校eスポーツ選手権」での作戦も、服部さんがいうには「岸本の言うとおりにやるだけですね」とのこと。だが岸本さん自身も大会に出るのは初めてだという。eスポーツ班に入った理由は「たまたま別のところでやっていたオンラインゲームが終わったタイミングだったから」とのことだった。

 以前からパソコンが好きでプログラミングにも興味を持っていた岡本悠吾さんと、高校に入って初めてプログラミングを始めた宮崎章太さんは、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンによるゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ」の大会にも出場した、いわばゲームクリエイターの卵だ。

コンピュータ部 eスポーツ班の岡本悠吾さん

コンピュータ部 eスポーツ班の宮崎章太さん

 今大会に直接の関係はないが、せっかくの機会なので合わせてご紹介しておこう。エントリーしたゲームは「Asterian」というタイトル。プレイヤーは惑星上の宇宙飛行士となり、惑星のまわりに浮かぶ小さな星のかけらをとって集めて、周囲を回る衛星にぶつけるというゲームだ。

 小さな星のかけらを投げれば投げるほど、衛星がじょじょに形が整って丸いかたちになっていく。だが違う色のかけらを投げると壊れてしまうので、同じ色のかけらをうまく集める必要がある。

 Unity歴は3ヶ月、ゲーム製作は初めてだったが、2人を含む合計3人のチームでエントリーしたところ、みごと本選に進出できた。審査員からはグラフィックのセンスが評価された。

 岡本さんがeスポーツ班に入った理由は「ゲームがしたかったから」。宮崎さんのほうは「ゲームの経験自体があまりなく、高校に入ってから色々やってみたいと思ったから」とのこと。2人ともシューティング系が好みだという。

 松下晃陽さんや小林航さんがコンピュータ部に入った理由も同じく「ゲームを作りたいと思ったから」だという。

「小学校のころからゲームをやっていて、楽しいなとも思って。じゃあこの面白いゲームをつくった人は普段どんなことをしてるんだろうと思ったことがきっかけです。それからゲーム作りに興味がありました。」(松下さん)。プロゲームの世界、「eスポーツ」というものにも興味があったという。

コンピュータ部 eスポーツ班の松下晃陽さん

 小林さんは「YouTubeでプロゲーマーチームのプレイや配信はよく見ていたほうなので、eスポーツに以前から興味はありました」。ただし将来の夢は、やはりプレイヤーではなくむしろ「作る立場」、すなわちゲームクリエイター側だ。

コンピュータ部 eスポーツ班の小林航さん

 学級担任の先生にコンピュータ部への入部をすすめられたという小坂稜さんは、プログラミングはともかく、ゲーム自体には最初はあまり興味を持っていなかったという。だが入部後に小林さんや岡本さんらが楽しそうにプレイしているのを見て、eスポーツ班への参加とエントリーを決めたと真面目な口調で語ってくれた。

コンピュータ部 eスポーツ班の小坂稜さん

■コンピュータ部では「ガレリア」を取り合い!?

 15期目を迎えるコンピュータ部だけあって、機材はかなり豊富だ。取材を受けてもらった部屋のなかにもMacが21台あった。これでも部員数は40人なので不足しており、実はもう一部屋使っているのだという。なおMacなのは石原健伍先生の好みとのこと。

コンピュータ部の部室

 eスポーツ班が使っているPCはサードウェーブの「eスポーツ部発足支援プログラム」によって貸し出されている5台の「ガレリア」と、もともと使っていた3台の合計8台。貸し出し中のガレリアはデスクトップPCが3台、ノートPCが2台で、いずれもGeForce GTX1060を搭載したゲーミングPCだ。

 実はコンピュータ部では、部で製作しているVRアプリケーションを外出先で実行するため、「ガレリア」のノートPCを2018年度はじめに購入したばかりだった。そこに今回の支援プログラムによるレンタルの話が出て来たのである。「だから同じノートが3台あるんですよ」と石原先生は苦笑する。もちろんPCが多すぎて困ることはない。

 「ガレリア」の感想について質問すると、間髪入れず「めちゃくちゃ使いやすいんで、毎日取り合いですよ。本当に」と服部さんから返事が返って来た。「光ってるキーボードは初めて見ました」という声も。

 岡本さんはマウスの使いやすさを評価してくれた。「僕はちょっと手が大きいんですけど、ぴったりです」。

 高速で遅延のないBenQのゲーミングディスプレイも「モニターが一番いい感じですね」(小林さん)と高評価だった。

 ただ、部室にスピーカーがなく、みな音を出さないでプレイしている。LoLに限らずゲーム中に音で状況を判断するケースもあるので、できればヘッドセットも欲しいそうだ。

 ゲームのトレーニングはAI戦ではあまり練習にならないので「毎回ひたすら対人戦をやってます。反省会をやって、キャラの特性や技、どんな戦略でタワーを取っていくかなどお互い知り得た情報を共有しあって、コミュニケーションをとってます」(服部さん)という。

 細かいところまで連携ができているか、その息は「ばっちり合っている」とのことだが、プレイヤーのゲーム経験そのものにだいぶ差があるので、まだまだ練習を繰り返す必要はあるとみんなが感じているようだった。

■ゲームから始まるコミュニケーション、ゲームから得られる「何か」

 ゲーム、eスポーツを学校で集まって「部活」としてやることにはどんな意義があると思うかと聞いてみた。

 小林さんは「eスポーツ班ができる前は、まだ友達でなかった人とも、ゲームを通して友達になれたことが大きい」という。また「コンピュータ部なので、喋るのが苦手なメンバーもいるんです。だけど、その人ともコミュニケーションが取れるようになりました」。

 ゲームで仲良くなったわけだ。

 そのぶん、もちろん、喧嘩もある。ただ、それは基本的に悪い喧嘩ではないという。たとえばスタメンを決めるときには「だいぶもめた」そうだが、最終的にはもっともプレイがうまい岸本さんが、押し切って順番を決めたそうだ。

 顧問の石原先生から見るとどうだろうか。

 「そうですね。ゲーム作りに活かしてほしいというのが本当の気持ちです。ただ、それ以外でも、イベントに積極的に参加すること自体が、活動を盛り上げるきっかけになります。特に『ゲーム』というと『遊び』という印象が強いですが、それだけじゃない。ちゃんと頑張ったら、他の部活動と同じように得られるものがあるんじゃないかなと思っていますので、彼らも何かを得てほしいなと思ってます。それが何かはまだ見えてないですけど、どういう成果をこれから得られるかが楽しみです」。

 参加メンバーたちもみんな、今の段階では基本的に、他のeスポーツ関連大会への参加は考えていない。あくまで「全国高校eスポーツ選手権」への出場で得たものをベースにして、プログラミングやゲーム製作の大会に出たいと考えているという。

■ゲームを作って人を楽しませる仕事はなくならない

 最後に、そもそも、コンピュータ部のみんながプログラミングに興味を持った理由は何なのかも聞いてみた。

 もともと趣味の一つとしてゲームをしていた小林さんは、前述のとおり「ゲーム作りがしたい」と思ってコンピュータ部に所属している。ではなぜゲーム作りをしたいと思ったのかというと「人より先にゲームをしたかったから」なのだという。「ゲーム製作スタッフになれば、絶対に人より先にゲームができるじゃないですか。それで、そういうプログラムの道が視野に入ってきました」。

 もちろん、PCの中身がどうなっているのかという興味があったという意見もあった。

 服部さんは「これから先、AI化が進んで今ある仕事の何割かがなくなると聞きました。プログラムを学んでこれからの社会を生きていける力をつけたいなと思いました」と真面目に答えた。

 それを受けて岡本さんは、こう語ってくれた。「今後、AIに仕事が何割か取られるにしても、『ゲームを作って人を楽しませる仕事』はなくならないんじゃないかと思います。だからプログラミングを学びたいと思いました」。

 取材当日は実はテスト期間中。だが「じゃあ一回プレイを」とお願いしたら、みんなサッと立ち上がってPCに飛びついて真剣に取り組み始めた。ものすごくテキパキしており、ゲームプレイの時間を取材で頂戴していたのが申し訳ない気持ちになった。

 ゲームから何が得られるか――。彼ら自身にもまだ見えていないぶん、今後まだまだ伸び代が大きそうなチームメンバーの今後に期待している。

・神戸市立科学技術高等学校コンピュータ部
https://kagicomb.com/

Reported by 森山和道

eスポーツFIELD

2層構造のM.2 SSD用クーラー「Frostbit」が登場

2019-08-23 15:05

 2019年8月23日、リンクスインターナショナルはCRYORIGのM.2 SSD用クーラー「Frostbit」を発表した。発熱の大きいSSDを2本のヒートパイプで強力に冷やせる。発売は8月24日。予想価格は税込み5700円前後。

わずか47gのゲーミングマウスが登場

2019-08-22 14:58

 わずか47gという軽量なゲーミングマウス「Ultralight 2 - Cape Town」がFinalmouseから登場した。実勢価格は税込みで1万4000円前後。

マイルストーン、Arozziのゲーミングチェア「VERONA」シリーズを発表

2019-08-21 14:58

 2019年8月21日、マイルストーンはスウェーデンのゲーミングブランド「Arozzi」のゲーミングチェア「VERONA V2」と「VERONA JUNIOR」を発表した。発売は9月2日。いずれも価格はオープン。

MSI、6000円と安価なRGB LED搭載のゲーミングキーボード/マウスのセットを発表

2019-08-21 14:01

 2019年8月20日、エムエスアイコンピュータージャパンはエントリー向けのゲーミングキーボード/マウス「VIGOR GK30 COMBO JP」を発表した。発売は8月23日。

【STAGE:0】2日目「リーグ・オブ・レジェンド」決勝大会 レポート

2019-08-20 16:44

2019年8月15日【STAGE:0】最終日は「リーグ・オブ・レジェンド」エントリー総数49校 、 60チーム(334名)の頂点が決まります。

さあ、新しいゲーミングワールドへ。