eスポーツFIELD

eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツフィールド】

Original

ゲームへ恩返しがしたい、ゲームも個性-福岡第一高等学校 プロゲーマー同好会~第1回全国高校eスポーツ選手権出場校インタビュー【その1】

■第1回全国高校eスポーツ選手権

 高校生対象に特化した初めてのeスポーツ大会『第1回全国高校eスポーツ選手権』が毎日新聞社主催、サードウェーブ共催で開催される。

 ゲームタイトルは5対5で行う対戦型PCゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL、ロル)」と、3対3で行う対戦アクション「ロケットリーグ」。LoLでは93チーム、ロケットリーグでは60チームが予選に出場する。

 予選の日程は2018年12月23日(日)~26日(水)、試合はインターネット上で開催される。本戦は2019年3月23日(土)~24日(日)、幕張メッセで開催される予定だ。

 優勝チームはメンバー全員が『2泊3日の韓国eスポーツ体験旅行』に招待され、「eスポーツ先進国」である韓国で、プロリーグの試合を観戦できる。

 PCショップ「ドスパラ」を展開し、ハイスペック ゲーミングPCブランド「GALLERIA(ガレリア)」をリリースしているサードウェーブが「全国高校eスポーツ選手権』」を毎日新聞社と立ち上げた理由は、全世界で巻き起こっている「eスポーツ」のムーブメントを日本にも広く浸透させ、新時代を象徴する「新しい文化」として育み、発展させていくため。

 サードウェーブでは大会開催に併せて「eスポーツ部発足支援プログラム」を展開した。各高校に「ガレリア」とBenQのディスプレイを最大5台までレンタルし、eスポーツを楽しむ高校生の裾野拡大を後押ししている。

 今回、同選手権にエントリーしたいくつかの学校を訪問し、プレイヤーである高校生たちと顧問の先生から現状について話をうかがった。

■学校法人都築学園 福岡第一高等学校 プロゲーマー同好会インタビュー

(目次)

■きっかけはパラマ担当教頭先生
■ゲームに恩返しがしたい
■ガチなゲームプレイとは自分のプレイを客観視すること
■ゲームに適したPCがもっと欲しい
■すべての高校にゲーム部を

■きっかけはパラマ担当教頭先生

 学校法人都築学園 福岡第一高等学校と姉妹校である第一薬科大学付属高等学校の学生から構成される「プロゲーマー同好会」の部員数は8人。うち2人が2年生、残りが1年生だ。

 放課後、三々五々に集まってきた学生たちは理科室内に仮置きされたPCを立ち上げて、顧問の安藤大晃先生と一緒に、お互いに声をかけあいながら和気あいあいとプレイを行っていた。

 好きなゲームは人それぞれ。中学生のころから「LoL」をプレイして慣れているベテランと、ゲームは好きだけどガチでやったことはないメンバーもいて、互いに教えあいながらプレイを楽しんでいた。教え方も人それぞれだが、とにかく楽しそうにプレイしている。

 福岡第一高等学校には「パラマ塾」という活動がある。同校の「第一」という校名は、仏教哲学の「第一義諦Parama=artha (パラマ アルタ)」に由来し、これは人間ひとりひとりの長所や美点、即ち「個性」を意味している。福岡第一高等学校では個性を伸ばすことを建学の精神、教育方針としているのだ。

 個性を引き出し、伸ばし、育てるのが福岡第一高等学校の「パラマ塾」の目的だ。様々な「パラマ塾」があり、同好会活動は毎週土曜日に行われている。

 「プロゲーマー同好会」は、2017年4月にこのパラマ塾の一つとして誕生した。初年度は最初、50人くらい集まり、今年度は100人超が集まったという。パラマ塾の活動自体は10月の「パラマ祭(文化祭)」での発表を主な目標としており、その中でも今残っているメンバーが「ガチ勢」ということになる。

練習風景。とにかく全員が楽しそうなのが印象的だった

 そもそもなぜ「プロゲーマー同好会」が立ち上がったのか。実はパラマ担当教頭先生が主導したのだそうだ。

 顧問の安藤先生によれば、こうだ。「時代の流れ的に次はeスポーツがヒットする、だからやってと言われて。たぶん、自分が27歳と若いのもあると思うんですけど、『やって』『作るから任せたよ』みたいな感じです」。

プロゲーマー同好会顧問の安藤大晃先生

 安藤先生自身、もともとゲームは普通にプレイしていたそうだが、特段そんな話をしていたわけでもなかったので、とても驚いたという。

 学校の活動として行うのは前例がないことなので何もかも手探りで、ゲーム機は何を何台買うかというところから始めて、今に至っている。実際、初めての文化祭は大変だったそうだが、大スクリーンにNintendo Switchの人気ゲーム「スプラトゥーン」を投影してプレイ大会を開催し、大いに受けたという。そのほか「スプラトゥーン甲子園2018」などにも出場してきた。

 プレイ活動は水木金の放課後2時間程度を基本とし、そのほかLINE通話しながら夜間にオンラインで「スプラトゥーン」をプレイしていた。ちなみに「スプラトゥーン」で一番腕がいいのは安藤先生だそうだ。

 『第1回全国高校eスポーツ選手権』が開かれるという情報は、部長の田中琢翔さんがTwitterでたまたま発見した。「最初見たときは『うそやろ』と思いました。よく見たら『ほんとやん!』と思って、『やったーっ!』て先生に報告しに行った」という。

プロゲーマー同好会 部長の田中琢翔さん

 プロゲーマー同好会は前述のとおり2つの姉妹校による同好会だが、規約上、1チームは1校からしか出場できない。そこで諸事情を鑑みて、今回は福岡第一高等学校からの出場のみに絞った。

■ゲームに恩返しがしたい

 メンバーは全員、ゲーム好きなのは当然だが、なぜ「プロゲーマー同好会」に所属しているのだろうか。

 部長の田中さんは「成り行きですが、ゲームに恩返しがしたくて、この活動をしています」と語る。「以前はあまり友達が多い方ではなかったのですが、オンラインゲームをやり始めてから友達が増えました」。

 田中さんは「eスポーツが流行るならゲームに恩返しができるかなと思った」のだという。

「ゲームをする人って、あんまり良いイメージがないじゃないですか。引きこもりだとか、暗いとか。少しづつ変わってきているとは思うんですけど、そういうことを言われがちで、まだ良いイメージではないと思います。そのイメージを少しでも変えられたらと思っています。現実では体育とかができない人に、『こういう世界があるんだよ』ということも教えたいですし、eスポーツ同好会の活動は『最初の恩返し』だと思ってます」。

 最初の、ということは、まだまだ先があるということだろうか。

「できることであれば、そうですね。もっとビジネスとして盛り上げたいです。ゲームで話題に上がるのは有名なソフトとか、任天堂やソニーとか有名なメーカーだけじゃないですか。でも他も頑張ってるんですよね。モニターを作ってる会社さんとか、ヘッドホンを作ってるところだとか。おこがましい言い方ですが、そういうところにも敬意をはらってもらえるようになると良いなと思ってます」。

 ゲームを取り巻く全体のイメージを変えたいのだという。

 1年生の徳永侑豊さんが所属した理由も、部長の田中さんと似ている。「昔からゲームが好きで、ゲームのイメージ自体をよくしたい」という。

プロゲーマー同好会の徳永侑豊さん

 いっぽう、「1人で何か始めるって不安じゃないですか」と言いつつも「新しく何か始めるのがすごく好き」だという相川琴美さんは、「ふわふわとした状態で始まったんですけど、ここで残って、ゲームで大会とかに出たらかっけーじゃないですか」と笑って答えてくれた。ゲームを通じて新しい友達ができたことや協力プレイがとても楽しく、それで「いつの間にか今まで残っちゃった感じ」とのことだった。

 「LoL」ではリーダーを務める満武亜希斗さんがプロゲーマー同好会に入った答えは明快だ。「大会に出て優勝できるようなすごいゲーマーになりたいという憧れです」。eスポーツにはいくつかの種目・ジャンルがあるが、満武さんはいわゆるシューター(シューティング)、「FPS(First Person Shooting)」と「TPS(Third Person Shooting)」系、それぞれの大会に出てみたいという。そのため、部の活動を超えた個人活動も考えている。

プロゲーマー同好会の満武亜希斗さん

 なお福岡第一高等学校には、同好会に集っているメンバーだけではなく個人で活動をしている強いプレイヤーもいるし、同好会としても学校外のチームとの交流もある。

 そのほか、河底丈斗さんや、西翔悟さん、生野一志さんらもゲーム好きであること、仲間とプレイすることに魅力を感じて参加したとのことだった。

プロゲーマー同好会の河底丈斗さん

プロゲーマー同好会の西翔悟さん

プロゲーマー同好会の生野一志さん

■ガチなゲームプレイとは自分のプレイを客観視すること

 話を伺っていると、何度か「ガチ」でやっている、という言葉が出てきた。高校生の彼らの目から見て、「ガチ」でゲームをやっている人とそうでない人との差はどこにあるのだろう。

 もともとは「LoL」のようなチーム系プレイが好きだが得意なゲーム自体は格闘ゲームの「鉄拳」だという高山雅也さんは「姿勢ですかね。自分の負けた原因をしっかり研究できるかだと思います」と教えてくれた。

プロゲーマー同好会の高山雅也さん

「自分は、リプレイを見られるゲームはとことん見るようにして、自分の行動の何が悪かったのか、どうして負けた原因につながったのか、結果と理由を研究して繋げています。客観的にプレイを見るとまったく違うんです」

 リプレイを見ると、どうしてこんなプレイをしたのかと「時間を戻したくなる」そうだ。なお「LoL」では満武さんと一緒に、高山さんが「司令塔」をつとめる予定だ。

 ゲームタイトルでは格闘ゲーム「ストリートファイター」が得意だという河底丈斗さんは、技の発生や持続、硬直フレームの長さを調べて次に活かしている。

 相手に対して「こう攻めればこう仕掛けてくる」と先読みして技を誘うことで、見切って攻撃する。そうしないと勝てないという。「鉄拳」が得意な高山さんは、反射神経を鍛えるソフトウェアを使って練習している。反省や練習は、基本的に個々人で行っているそうだ。

■ゲームに適したPCがもっと欲しい

 「eスポーツ部発足支援プログラム」によって提供された「ガレリア」については「ぬるぬる動くし、不満の『ふ』の字もない」とのこと。また、以前から友人に「ガレリア」を推薦されていたので、今回使えて嬉しかった、これからも使い込んで慣れていきたいという声も。

 BenQのディスプレイについても、低遅延であることがすぐにわかったという。高精細である点も高評価だった。

 いっぽう、「他の機材が欲しいか」と質問すると、当然だが、「めちゃくちゃ欲しいです」と即答だった。

 PCやディスプレイのスペックを下げてもいいので、他のeスポーツ――具体的にはFPSゲームの「レインボーシックス」やアクションシューティング「オーバーウォッチ」など――に用いるために適したPCが欲しいとのこと。「性能は満足しているんですが、正直な話、GeForce GTX 780あたりがさらに5台あるだけでも相当ありがたい」という。

 貸与されたPCはグラフィックカードにGeForce GTX1060を搭載したゲーミングPCだが上記のゲームやLoLなどは比較的低スペックなPCでも動作するため性能を落として台数が増えれば同時にプレイできる部員も増え、練習の幅が広がるそうだ。 

■すべての高校にゲーム部を

 LoLはチームプレイが重要だが、福岡第一高等学校では、取材に訪れた11月末の時点では「全員で練習したことが1回もない」状態。どこで引くか、あるいは当たって砕けるか――。まだまだ作戦を練っている最中のようだった。

 高山さんは「自分が引っ張って、なんとか勝ちに持っていきたいです」、満武さんは「やるからには勝ちたいです!」と抱負を語ってくれた。今後、練習を重ねて息を合わせていく予定だ。

 安藤先生は、eスポーツを高校で行うことの意義について「ゲームがうまい、強いんだということをアピールできますよね。勉強ができない、運動ができない子でもアピールできる、活躍できる場になるんじゃないかなと思っています」と語る。

 プロゲーマー同好会は、次年度よりeスポーツ部として活動する予定だ。最後に、ゲーム部として、今後どんなふうに活動していきたいのか、何を実現していきたいのか、部長の田中さんに改めて伺った。すると、即座に返事が返ってきた。

「別の高校の皆さん、中学生の皆さんとオンライン大会、オフライン大会を開いて交流戦をしていきたいです。ゲームに偏見のある高校はまだ多いと思うんです。自分もTwitterで『うちの学校にも作りたいんだけど、否定的な意見がある。どうすればいいか』と質問を受けることがあります。そういうことがなくなって、本当に全ての学校にゲーム部があって、全国大会を開いていけるようにしていきたいと思っています」

 個性を大事にしている高校らしい、生徒の個性に「ゲーム」という枠があってもいいんじゃないかという考え方は、たしかに、ゲームからも学べることがあることを示しているようだ。


・福岡第一高等学校・第一薬科大学附属高等学校 ホームページ
http://f.f-parama.ed.jp/

・プロゲーマー同好会のTwitterアカウント
@D1GT_gameClub

Reported by 森山和道

eスポーツFIELD

【STAGE:0】2日目「リーグ・オブ・レジェンド」決勝大会 レポート

2019-08-20 16:44

2019年8月15日【STAGE:0】最終日は「リーグ・オブ・レジェンド」エントリー総数49校 、 60チーム(334名)の頂点が決まります。

Cooler Master、側面に有機ELパネルを搭載したゲーミングマウス「MM830」を発表

2019-08-20 14:59

 2019年8月19日、Cooler Master Technologyはゲーミングマウス「MM830」を発表した。発売は8月23日。

LGから27型の144Hzゲーミング液晶が登場、ゲーム用の機能が満載

2019-08-20 13:41

 2019年8月19日、LGエレクトロニクス・ジャパンは27型のゲーム向け液晶ディスプレイ「27GL650F-B」を発表した。発売は8月23日。

エルザ、1スロットで収まる「GeForce GTX 1650」搭載ボードを発表

2019-08-19 17:16

 2019年8月16日、エルザジャパンは1スロットのスペースで収められる薄型デザインのグラフィックボード「GeForce GTX 1650 SP」を発表した。発売は8月23日。

【STAGE:0】初日開幕!「FORTNITE(フォートナイト)」「CLASH ROYALE (クラッシュ・ロワイヤル)」レポート

2019-08-16 18:41

2019年8月14日・15日、国内最大級のeスポーツ大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS HIGH-School Championship 2019』決勝大会が舞浜アンフィシアターで開催されました。

さあ、新しいゲーミングワールドへ。