eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

「CGX」と「E36」が国際大会へ!PJS season5 Phase2結果と国際大会「PCS1 Asia」情報まとめ

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)の国内公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2020年6月13日(土)にseason5の全日程が終了しました。


激戦の末、season5のシーズン総合優勝を勝ち取ったのは「SunSister」。最終日に怒涛の追い上げを見せ、チームとしてはseason1ぶり2度目となるシーズン総合優勝を果たしました。


そして、後半戦Phase2のランキングによる国際大会への出場チームも決定。Phase2総合ランキングで1位に輝いた「Crest Gaming Xanadu」、そして2位を獲得した「ELEMENT.36」が、オンラインで開催される地域別国際大会「PUBG CONTINENTAL SERIES」(以下、PCS)への出場権を手にしました。


本記事では、season5 Phase2の振り返りと、6月26日(金)からスタートする国際大会「PCS1 Asia」の情報をお届けします!


【Day4】Crest Gaming Xanaduが3度のドン勝で好スタート


season5 Grade1 Phase2 Day4終了時点の総合ランキング


シーズン後半戦の初日となるDay4では、開始早々にCrest Gaming Xanaduが2連続ドン勝を獲得。この日合わせて3回のドン勝を獲得し、他のチームを引き離す好スタートを切りました。


また、2位に続いたのは、この日2度のドン勝を獲得したELEMENT.36。初日トップに立った2チームとも、Phase1のランキングではトップ争いに届かない順位(※)に位置していたチームで、前半戦とはまた違った展開を予感させるPhase初日となりました。


※season5 Phase1ランキングは、「ELEMENT.36」が総合7位、「Crest Gaming Xanadu」が総合10位。


PJSseason5 Phase2 Grade1 Day4配信アーカイブ

PJSseason5 Phase2 Grade1 Day4 - YouTube


【Day5】昇格チームの活躍、強豪チームの不調で波乱の展開


season5 Grade1 Phase2 Day5終了時点の総合ランキング


Day5では、PaRからGrade1までストレート昇格を果たした「いろはにぽぺと侍ゲーミング(ISG)」が2度のドン勝を獲得。これまでのシーズンでは、昇格チームがハイレベルなGrade1に苦戦する状況が続いていましたが、今シーズンPhase2では昇格チームの活躍が目立ちました。


その一方、Phase1のランキングでトップを獲得し、国際大会に出場した「SunSister」と「DetonatioN Gaming White」の2チームが、ランキングの後半に沈むという波乱の展開も。そして、依然として「Crest Gaming Xanadu」と「ELEMENT.36」がトップをキープしたまま、最終日Day6を迎えます。


PJSseason5 Phase2 Grade1 Day5配信アーカイブ

PJSseason5 Phase2 Grade1 Day5 - YouTube


【Day6】トップを守りきった2チームが国際大会の出場権獲得へ


最終日のDay6では、国際大会への出場権やシーズン総合優勝、そしてGrade1への残留をかけて、緊張感のある戦いが繰り広げられました。


国際大会の出場枠を狙う「Rascal Jester」や「Sengoku Gaming」、「All Rejection Gaming」がドン勝を獲得しますが、着実にポイントを重ねる上位2チームとの差を縮めることができず。最終的には、Day4から手堅くトップを守り抜いた「Crest Gaming Xanadu」と「ELEMENT.36」の2チームが、国際大会「PCS1 Asia」への出場権を手にしました。


「Crest Gaming Xanadu」eguto選手、Ruytv選手、Rio01選手、Aries選手

「ELEMENT.36」amonot選手、Pureboy選手、satou選手、Sylphia選手


「Crest Gaming Xanadu」の国際大会出場は、2019年1月に開催されたアジア大会「PUBG Asia Invitational Macao 2019」に出場して以来、およそ1年半ぶり。「ELEMENT.36」は、初の国際大会出場となります。


season5 Grade1 Phase2総合ランキング


また、Phase2ランキングで下位となった4チーム、「BLUE BEES」「JUPITER」「Quintette Reverie」「ShinoBee Gaming」の降格が決定。次のシーズンでは、season5 Phase2のGrade2で上位を獲得した「Ace1」「Detre.R」「3R gaming Lotus」「GrimNight REDCELL」の4チームが、Grade1へ昇格することが決まっています。


season5王者に輝いたのは「SunSister」、2度目の総合優勝


season5のシーズン総合優勝に輝いたのは「SunSister」。Day5の時点で「SunSister」は195ポイントで4位につけていましたが、前シーズンに続き最終日に怒涛の追い上げを見せました。


僅差のトップ争いが続いていた中、最終的には「Crest Gaming Xanadu」とわずか1ポイント差で決着。シーズン王者となった「SunSister」には、賞金100万円が贈られました。


season5 総合ランキング


「SunSister」は、season1でもシーズン総合優勝を獲得しており、チームとしては2度目の総合優勝。PJSが正式リーグとなったseason1以降、2度の総合優勝を果たしたのは「SunSister」が初めてとなります。


「SunSister」Fhy選手、kendesu選手、CrazySam選手、fiachan選手、gabha選手


PJSseason5 Phase2 Grade1 Day6配信アーカイブ

PJSseason5 Phase2 Grade1 Day6 - YouTube


6月26日(金)より、国際大会「PCS1 Asia」スタート


国際大会「PCS1」は、アジア(韓国・日本・中国・チャイニーズタイペイ)、アジアパシフィック(東南アジアおよびオセアニア)、ヨーロッパ、北米の4つの地域にて開催。賞金総額は各地域ごと20万ドルで、「PCS 1」のスキン販売収益の25%が追加されます。


引用:PUBG公式「PCS1 ASIA |出場チームおよび配信日程」


日本チームが出場するアジア地域の大会「PCS1 Asia」のスケジュールと出場チームは、下記の通りです。


「PCS1 Asia」スケジュール


Week 1: 6/26(金)、6/28(日) 19:00~

Week 2: 7/3(金)、7/5(日) 19:00~


「PCS1 Asia」出場チーム


・日本

Crest Gaming Xanadu、 ELEMENT.36


・中国

Four Angry Men、 Infantry、 Luminous Stars Gaming、 LYG Gaming、 RushB Gaming、 Tianba


・チャイニーズタイペイ

Global Esports Xsset、 Team Curson


・韓国

Element Mystic、 Gen.G、 Griffin、 OGN Entus、 Team Quadro、 VSG


5月に開催されたアジア地域の「PCS Charity Showdown」では、国際大会に初めて出場した中国の「Tianba Gaming」や、チャイニーズタイペイの「Team Curson」など、ダークホースチームが上位を席巻し、多くのファンを驚かせる番狂わせの展開となりました。


果たして、今回はどのような展開を迎えるのか。ぜひ日本チームの活躍を応援しながら、観戦を楽しみましょう!


PUBG JAPAN公式Twitter

PUBG DMM公式Twitter​​​​​​​

綾本ゆかり
綾本ゆかり

https://twitter.com/ayayuka99

    eスポーツFIELD 新着記事

    ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介