catch-img

東プレのゲーミングキーボード「REALFORCE RGB」に新モデルが登場

 2019年9月12日、東プレは同社のキーボード「REALFORCE」シリーズの新モデル「REALFORCE RGB / R2A-JP4G-BK」を発売した。

・「REALFORCE RGB / R2A-JP4G-BK」の製品ページ
http://www.realforce.co.jp/products/R2A-JP4G-BK/index.html

 同社のキーボードらしく、静電容量無接点方式のキースイッチを搭載。45g±15gと軽いタッチで入力できる。デザイン面では、キートップの文字が消えない2色成形のキーキャップや、キーの列ごとに段差を付けて入力しやすくする「ステップスカルプチャー」などを採用した。

 同シリーズのユニークな機能として「APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)」があげられる。アクチュエーションポイントは、入力を検知するまでの深さを表す。通常のキースイッチは接点が触れていればオン、触れていなければオフとなり、キーをどのくらい押し込むと反応するかはキースイッチの種類ごとに決まっている。

 一方、静電容量無接点方式はキースイッチ内の静電容量の変化を検知し、しきい値を超えると入力として扱われる。このしきい値を変更するのがAPCだ。アクチュエーションポイントは1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で設定可能。反応をよくしたければ浅く、入力ミスを減らしたければ深くするとよい。キーの下に敷くスペーサーが付属しており、アクチュエーションポイントに合わせてキーストロークも調整できるようになっている。

 ゲーミングキーボードとして必須のNキーロールオーバーにも対応している。全てのキーの同時押しが可能だ。各キーにRGB LEDを内蔵しており、ホットキーか専用ソフトで光り方を変更できる。

 本体サイズは幅455×奥行き142×高さ30mm。重量は1.4kg。キー配列は108キーの日本語配列で、マルチメディアキーを4個備えている。実勢価格は税込みで3万円前後だ。

宮川泰明(SPOOL)
宮川泰明(SPOOL)

・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

1

オリンピックで【eスポーツ】が正式種目になる可能性は?問題を分析

現在eスポーツがオリンピック種目に入るかどうか注目されています。アジアオリンピックのメダル種目に採用され、今までeスポーツに興味のなかった人の間でも認知度が上がりつつあります。今回はどのようなタイトルがオリンピックに取り入れられる可能性があるのかを紹介します。

2018-12-04 16:36

2

【eスポーツ施設】GALLERIA esports Loungeに行ってみた!

2018年12月7日にリニューアルオープンした【GALLERIA esports Lounge】今回はお店の中をじっくり見せてもらい、店長に魅力をお伺いしました。

2019-07-26 15:01

3

eスポーツプロライセンスとは?取得するにはどうすればいいの?

eスポーツは最近世界中で多くのプロやプロチームを排出していることで知られています。eスポーツプロライセンス制度とはどういったものなのでしょうか?

2018-12-21 18:17

4

OooDaの波乱万丈すぎるキャスター人生。 「地獄でピクニックできる人、待ってます」

OooDaさん。ゲームキャスターの岸大河さんとのインターネットラジオ「スタングレネード」の人として覚えている人もだろうか。その彼はどうやってキャスターになったのか。

2019-07-05 15:57

5

『リーグ・オブ・レジェンド』【初心者トライ】今から始めよう!

最近タイトルを知るようになったけれど、どんなゲームなのか、またどうやって遊ぶのかを興味ある方に向けた、『リーグ・オブ・レジェンド』のご紹介と基本的な知識のご紹介です。

2019-07-17 14:03

ここにCTAタイトルが入ります。

ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。ここにCTAテキストが入ります。

VRパラダイス 新着記事