eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

「PLEXTOR」ブランドを展開するLITEONのSSD事業を東芝メモリホールディングスが買収へ

 2019年8月30日、東芝メモリホールディングスは、LITE-ON TechnologyとSSD事業の買収に関する契約を締結したと発表した。買収額は1億6500万米ドル。2020年前半までに完了することを目指す。

 東芝メモリは2017年4月に東芝のメモリ事業を継承して独立した会社だ。2019年4月に親会社となる東芝メモリホールディングスを設立し、東芝メモリはその100%子会社となっている。東芝メモリホールディングスは2019年10月からキオクシアホールディングスに社名を変更する予定だ。

 LITE-ON Technologyは台湾の電子機器メーカーで、日本では光学ドライブや「PLEXTOR」ブランドのSSDで知られる。同社のSSD部門を買収することで、東芝メモリは事業の強化を図る。

 現時点では、買収後の製品展開は不明。東芝メモリは国内向けにコンシューマー用SSDを販売していない。完成品PCに搭載された形で製品を見ることはあるものの、店頭でパッケージを見かけることはない(メーカーが「東芝製SSD採用」とうたって販売していることはある)。一方、PLEXTORブランドのSSDはコンシューマー向けが主なターゲットだ。ブランド名と販路をそのまま生かすのか、それとも再編成するのか、気になる人は多いのではないだろうか。

宮川泰明(SPOOL)
宮川泰明(SPOOL)

・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

    eスポーツFIELD 新着記事

    ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介