eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

「PUBG」の公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」のシーズン4が開幕

 2019年8月30日、DMM GAMESが主催する「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」(PUBG Corporation)の公式プロリーグ「PUBG JAPAN SERIES」のシーズン4が開幕した。

・「PUBG JAPAN SERIES」の公式サイト
https://pubgleague.dmm.com

 PUBGはバトルロイヤルと呼ばれるジャンルのゲームで、エリア内にいる味方以外のプレーヤーを全員倒すこと、また倒されてしまう場合でもできるだけ長く生存することを目標とする。PUBG JAPAN SERIESはその公式リーグだ。

 PUBG JAPAN SERIESは一部リーグの「Grade1」と二部リーグの「Grade2」に分かれて実施される。それぞれ16チームが所属し、Grade1の上位2チームは国際大会への出場権を得られる。下位4チームは降格となり、Grade1の場合はGrade2の上位4チームと入れ替え、Grade2の場合は予選リーグの「Promotion and Relegation(PaR)」に参加する。

 シーズンは2フェーズに分かれており、フェーズごとに15ラウンド闘う。2フェーズの総合成績でシーズンの順位が決まるが、Grade1はフェーズ間に入れ替えが発生するため、上位に残るためにはフェーズ内の成績も重要になる。従来PaRもフェーズ間に実施していたが、今シーズンからシーズン間のみに変更されている。

 シーズン4のフェーズ1は8月30日から9月21日まで開催され、毎週金曜日にGrade2、土曜日にGrade1の試合を実施する。

 サードウェーブがスポンサーをしているプロチーム「Rascal Jester」もGrade1に参加している。

宮川泰明(SPOOL)
宮川泰明(SPOOL)

・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

    eスポーツFIELD 新着記事

    ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介