eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

ロジクールから薄型ゲーミングキーボード「G913」と「G813」が登場

 2019年8月16日、ロジクールは「ロジクールG」ブランドのゲーミングキーボード「ロジクールG913ワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード(G913)」と「ロジクールG813 RGBメカニカル ゲーミング キーボード(G813)」を発表した。発売は8月29日。本稿の執筆時点で製品ページはまだ公開されていない。

 両モデルは同じキーボードがベースで、G913はワイヤレス、G813は有線(USB)と接続方法の違いで分かれている。キースイッチはメカニカルタイプで、「タクタイル」「リニア」「クリッキー」の3種類。ラインアップは合計6モデルとなっている。

​​​​​​​

 特徴は全体を薄型にしたロープロファイルデザイン。キーストローク(キーを押し下げられる距離)を2.7mm、アクチュエーションポイント(入力を認識する押し下げ距離)を1.5mmと短くすることで、より高速な入力ができるになったという。

 独自ソフトの「Logicool G HUB」では左端にある5個の独自キーの機能割り当てやLEDライティング機能「LIGHTSYNC」の設定ができる。

 G913の無線機能はBluetooth 5.0と独自方式の「LIGHTSPEED」から選べる。バッテリーはLEDライティングを使いながら30時間の連続使用が可能だ。本体の寸法は幅475×奥行き150×高さ22mm。重量は1025g。予想価格は税抜きで3万250円。キースイッチによる価格差はない。

 G813はPC等とUSB 2.0で接続する。ケーブル長は1.8m。本体の寸法はG913と同じで、重量は1145g。予想価格は税抜きで2万3250円だ。

宮川泰明(SPOOL)
宮川泰明(SPOOL)

・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

    eスポーツFIELD 新着記事

    ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介