eスポーツFIELD

eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツフィールド】

「Dota 2」の世界大会が開催、賞金総額は約35億円に到達

 2019年8月15日から25日にかけて、「Dota 2」(Valve)の世界大会「The International」が開催されている。同大会は賞金が世界一高額なeスポーツ大会として知られている。

・「The International」の公式サイト
http://www.dota2.com/international/overview

 The Internationalは同タイトルで最も大きな大会で、「Dota Pro Circuit」の上位12チームと、地域予選に優勝した6チーム、合計18チームで争われる。Dota Pro Circuitの順位は直接の試合ではなく、他の大会へ参加することで得られるポイントの年間累計で決まる。

 大会はグループステージとメインイベントに分かれている。グループステージでは2グループに分かれてリーグ戦を行い、2チームが脱落、残りのチームがメインイベントの上位ブラケットと下位ブラケットに進出する。メインイベントでは各ブラケットがトーナメント方式で試合し、上位ブラケットで敗退したチームは下位ブラケットに編入されてもう一度チャンスを得られるという仕組みだ。

 賞金の仕組みに特徴があり、あらかじめ用意された金額にプレイヤーが購入した「バトルパス」というゲーム内アイテムの料金の25%が加算される。そのため開催時点では賞金の金額が確定していない。参加チームは優勝で45.5%、準優勝で13%、3位で9%など、順位に応じて定められた割合で賞金を得る。8月15日時点での賞金総額は約3300万米ドル(約35億円)で、優勝賞金は約1500万米ドル(約16億円)となっている。

 会場は中国、上海のメルセデス・ベンツアリーナだが、「Twitch」と「SteamTV」で配信も行っている。

・Twitchの配信ページ
https://www.twitch.tv/dota2ti

宮川泰明(SPOOL)

宮川泰明(SPOOL)

・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

eスポーツFIELD

東プレのゲーミングキーボード「REALFORCE RGB」に新モデルが登場

2019-09-13 16:22

 2019年9月12日、東プレは同社のキーボード「REALFORCE」シリーズの新モデル「REALFORCE RGB / R2A-JP4G-BK」を発売した。

Intel、2020年7月に賞金総額50万ドルのeスポーツ大会「Intel World Open」を開催

2019-09-12 15:07

 2019年9月11日、Intelは2020年の東京オリンピックに先がけて、東京でeスポーツ大会「Intel World Open」を開催すると発表した。

eスポーツ利用に特化したホテル、2020年4月に大阪日本橋にオープン予定

2019-09-12 13:47

 2019年9月11日、サンユー都市開発は「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトとしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」を2020年4月にオープンすると発表した。

Pixioから2560×1440ドット、165Hzで5万台円のゲーミング液晶が登場、1万円台前半で「FreeSync」対応の安価なモデルも

2019-09-11 14:50

 2019年9月10日、Pixio Japanはゲーミング液晶ディスプレイ2製品を発表した。27型で高解像度、高リフレッシュレートの「PX7 Prime」と、23.8型で安価ながらリフレッシュレート75HzとAMDの「FreeSync」に対応した「PX242」だ。いずれもフレーム部がほとんどない、ベゼルレスデザインを採用している。

32:9の超ワイド液晶「EI491CRPbmiiipx」が日本エイサーから登場、49型で3840×1080ドット

2019-09-10 15:07

 2019年9月10日、日本エイサーはアスペクト比が32:9と非常に横長な液晶ディスプレイ「EI491CRPbmiiipx」を発表した。発売日は9月12日。

さあ、新しいゲーミングワールドへ。