eスポーツFIELD

eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツフィールド】

ロジクール、eスポーツ向けヘッドセット「PRO ゲーミングヘッドセット」シリーズを発表

 2019年8月9日、ロジクールはゲーミングブランドの「ロジクールG」からeスポーツでの利用を想定したヘッドセット「PRO ゲーミング ヘッドセット」と「PRO X ゲーミング ヘッドセット」を発表した。8月29日に発売する。参考価格はそれぞれ税込みで1万4990円、1万8900円。

・「PRO ゲーミングヘッドセット」シリーズのリリース
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/press/press-releases/13338

 PRO ゲーミング ヘッドセットとPRO X ゲーミング ヘッドセットは、eスポーツのプロシーンで求められる機能を搭載した「PRO」シリーズの新製品。基本仕様は共通で、後者は機能が一部追加される。両者の機能の違いは以下の表の通り。


 ヘッドホン部は直径50mmの「Pro-Gオーディオドライバー」を採用。レザー調のイヤーパッドが耳全体を覆い、遮音性を高めている。

 特徴はマイクに関わる機能だ。PRO X ゲーミング ヘッドセットは「Blue VO!CE機能」機能を搭載している。昨年親会社のLogitech Internationalの傘下に入ったBlue Microphonesの技術を導入した機能で、マイクから取り込んだ音声をクリアにするなどの調整がリアルタイムで行える。同機能は専用ソフト「Logicool G HUB」から利用できる。

 他にも、PRO X ゲーミング ヘッドセットは仮想サラウンド機能の「DTS Headphone:X 2.0サラウンドサウンド」も利用可能だ。

 ブームマイクの仕様は共通で、単一指向性のため周囲のノイズをカットしてクリアな音声を取り込める。着脱可能なため、使わない時は外しておける。

​​​​​​​

本体サイズは幅94×長さ138×高さ195mm。重量はケーブルを除いて320g。音声ケーブルは2mで、PRO X ゲーミング ヘッドセットはモバイル用の1.5mのケーブルも付属している。

宮川泰明(SPOOL)

宮川泰明(SPOOL)

・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

eスポーツFIELD

東プレのゲーミングキーボード「REALFORCE RGB」に新モデルが登場

2019-09-13 16:22

 2019年9月12日、東プレは同社のキーボード「REALFORCE」シリーズの新モデル「REALFORCE RGB / R2A-JP4G-BK」を発売した。

Intel、2020年7月に賞金総額50万ドルのeスポーツ大会「Intel World Open」を開催

2019-09-12 15:07

 2019年9月11日、Intelは2020年の東京オリンピックに先がけて、東京でeスポーツ大会「Intel World Open」を開催すると発表した。

eスポーツ利用に特化したホテル、2020年4月に大阪日本橋にオープン予定

2019-09-12 13:47

 2019年9月11日、サンユー都市開発は「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトとしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」を2020年4月にオープンすると発表した。

Pixioから2560×1440ドット、165Hzで5万台円のゲーミング液晶が登場、1万円台前半で「FreeSync」対応の安価なモデルも

2019-09-11 14:50

 2019年9月10日、Pixio Japanはゲーミング液晶ディスプレイ2製品を発表した。27型で高解像度、高リフレッシュレートの「PX7 Prime」と、23.8型で安価ながらリフレッシュレート75HzとAMDの「FreeSync」に対応した「PX242」だ。いずれもフレーム部がほとんどない、ベゼルレスデザインを採用している。

32:9の超ワイド液晶「EI491CRPbmiiipx」が日本エイサーから登場、49型で3840×1080ドット

2019-09-10 15:07

 2019年9月10日、日本エイサーはアスペクト比が32:9と非常に横長な液晶ディスプレイ「EI491CRPbmiiipx」を発表した。発売日は9月12日。

さあ、新しいゲーミングワールドへ。