eスポーツFIELD

eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツフィールド】

eスポーツのプロプレイヤーになるには?プロになる方法と参加しやすいゲーム!

eスポーツの大会の動画を見るなどしていると、やはりプロのプレイヤーに注目が集まります。現在そうしたプロプレイヤーにはどんな人がいて、またどのようにすればそうしたプロプレイヤーになることができるのでしょうか?

目次[非表示]

  1. 1.プロのプレイヤーになるには?
    1. 1.1.ゲームの腕前を向上させる
    2. 1.2.専門学校でeスポーツを学ぶ
    3. 1.3.自分たちでチームを結成する
  2. 2.有名なeスポーツのプロプレイヤーとは?
    1. 2.1.League of LegendsのFaker選手
    2. 2.2.日本のウメハラ選手
    3. 2.3.OverwatchのSoOn選手
  3. 3.どんなゲームが新しく参加しやすい?
    1. 3.1.無料で始められるゲーム
    2. 3.2.1人で始められる格闘ゲーム
    3. 3.3.高スペックでなくとも動くゲーム
  4. 4.まとめ

プロのプレイヤーになるには?

プロプレイヤーになるには様々な方法がありますが、その一つとして、一般のスポーツと同様にまず成績・実績を出してスカウトされることが方法として挙げられます。

ゲームの腕前を向上させる

プロのプレイヤーになる最も確実な方法は、「強くなる」ことです。強くなるために技術を磨き、戦術を理解することがその主な道筋です。小説家やマンガ家を目指す際に表現力を鍛えるのと同様で、最も根本的な方法です。

具体的な方法としてはゲームタイトルによって変わりますが、共通した部分としてはプレイヤーが使用するキャラクターの挙動を理解することです。昔からある用語で「当たり判定」という言葉があり、ゲームの種類によってはヒットボックスとも呼ばれているものがあります。この判定をずらすように動き、かつ敵のヒットボックスを的確に狙う訓練が有用です。

またコントローラーやマウス・キーボードを使用する際、どのように使うかというスタイルも個々人によって違います。またそういう違いがあるにせよ、操作の細かな精度を上げる訓練をするのも有効な方法です。

専門学校でeスポーツを学ぶ

日本ではeスポーツを学べる専門学校がいくつかあります。ゲームのことのみならず幅広く知識を会得できる可能性があります。様々な知識・経験を得てプロチームに所属することが主な目的となります。

ゲームの腕前を向上させるだけだと強くなって有名になる必要がありますが、専門学校ではプロチームと連携をとっているところもあるので、コネクションがあると心強いことでしょう。

自分たちでチームを結成する

既存のプロチームに所属することを考えるのではなく、自分たちで最初からチームを作る方法もあります。この場合は各プレイヤーやチームが強いだけではなく、チームを管理し大会に出られるよう運営していく必要があるので、かなり険しい道になります。

いわば「バンドを組んでメジャーデビューを目指す」という感覚に近いので、その難しさがわかることでしょう。

有名なeスポーツのプロプレイヤーとは?

eスポーツは一国に留まらない世界的な大会を開催するゲームですので、各国がプロのチームを抱えています。そうしたプロチームに所属するプレイヤーにはどんな人がいるのでしょうか?

League of LegendsのFaker選手

Faker選手は5対5のチーム戦を繰り広げる「League of Legends」のプロプレイヤーで、韓国の選手です。eスポーツの多くのゲームでは韓国のプレイヤーがとても強いと広く認知されており、eスポーツのゲームとして有名な「League of Legends」の中でもとても人気が高くその強さも幅広く知られているのが、Faker選手です。

Faker選手は「SK Telecom T1」という韓国のプロチームに所属し、ときおりTwitchなどの配信サイトでゲームをプレイしている様子を生放送しています。

日本のウメハラ選手

日本のプロプレイヤーで最も有名なのはウメハラ選手でしょう。ストリートファイターシリーズなどの格闘ゲームにて最前線で活躍し続けており、2004年の試合で壮絶な逆転劇を見せたことから、海外でもその名は知られています。海外では「The Beast」の愛称で親しまれており、この動画が「最も視聴されたビデオゲームの試合」としてギネス記録に認定されています。他にも「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」や「ウルトラストリートファイター4での最高ランキング」としてもギネスに認定されています。

OverwatchのSoOn選手

eスポーツでは対戦型のゲームがほとんどなので、やはり攻撃が上手で強いプレイヤーが花形となりがちです。Overwatchは各プレイヤーが攻撃役・防衛役・サポート役と、別々の役割を担い協力するFPSゲームで、フランスのSoOn選手はこのOverwatchで攻撃がとても強い選手として人気があります。

プロプレイヤーの中には動画や配信をしている人が多いのですが、いろいろな国の人がいるので言葉がわからないのは少し厄介です。しかしゲームの内容を知っていれば言語の壁はあまり高くないので、こうしたものを楽しむことができるのもeスポーツの魅力のひとつです。

どんなゲームが新しく参加しやすい?

それではこれから新しくゲームを始めてeスポーツに参加したいという方にとって、どういったゲームが参加しやすいものなのでしょうか?

無料で始められるゲーム

ゲームは基本的に購入した後にプレイできるようになりますが、近年では基本プレイ無料(F2P)のゲームも増えてきています。このようなゲームは初期投資が不必要ですので、いくらか敷居が低くなっています。

またゲームタイトルによってはゲーム内通貨があり、「スキン」と呼ばれるキャラクターの外観を変える機能などでそのゲーム内通貨を使用できることがあります。しかしこのスキンによってキャラクターが強くなるということはあまりないため、いわゆる「課金」するかしないかでゲームの強さが変わらないタイトルもあります。

基本プレイは無料であっても、パソコンの性能がゲーム動作に及ばないときは、スペックを向上させるなどの費用が必要になることがあるので注意しましょう。

1人で始められる格闘ゲーム

格闘ゲームは1対1で戦うため、自分以外の他のチームメイトを必要としません。

またチーム戦と違い自分と敵との2人だけで戦うので、戦術やシステムを理解するのも比較的容易なゲームだと言えます。

高スペックでなくとも動くゲーム

近年のゲームはグラフィックが綺麗になっているため、それ相応にパソコンの性能を要求されてしまいます。そのため軽いゲームであれば、パソコンの性能を上げる必要性が少なくてすみます。

具体的なゲームタイトルとしては、「Dota 2」や「Counter-Strike: Global Offensive」などが挙げられます。

またスペックにもよりますが、ノートパソコンでもプレイできるタイトルがあるので、こうしたものも手軽なゲームだといえるでしょう。

まとめ

eスポーツの世界は一国に留まらない大きなスケールですので、馴染みのない方にはやや気後れするようなものに見えるかもしれません。しかし通常のスポーツと同様に、一般の方でも気軽に参加できるものです。もちろんプロになるにはしっかりとした訓練と知識が必要になりますが、どんなプロでも最初は初心者なのであまり気にしすぎる必要はないでしょう。


さあ、新しいゲーミングワールドへ。

GALLERIA GAMEMASTER


eスポーツするなら!

eスポーツするなら eスポーツ公式ゲーミングPC GALLERIA

eスポーツFIELD 編集部

eスポーツFIELD 編集部

eスポーツの情報や話題をわかりやすくお伝えします。

eスポーツFIELD

eスポーツのプロプレイヤーになるには?プロになる方法と参加しやすいゲーム!

2018-12-28 14:35

eスポーツのプロプレイヤーにはどんな人がいて、またどのようにすればそうしたプロプレイヤーになることができるのでしょうか?

eスポーツにスポンサー集結中!選ばれる理由と将来を考える

2018-12-28 12:49

実は今、名のある日本企業は次々とeスポーツのスポンサーとしての参入を決めています。どういった点に企業が可能性を感じているのか考えていきましょう。

eスポーツの市場規模はいくら?現在は700億円を超え、年々増加している

2018-12-28 12:28

eスポーツの市場規模は年々増加傾向にあります。今回は、eスポーツの市場規模について細かく解説していきます。

eスポーツが学校で学べる?どんなことを学ぶのか徹底解説!

2018-12-28 12:20

授業の一環として、またはeスポーツ学部がある学校もあります。学校で学べるeスポーツについて詳しく解説していきます。

eスポーツの人気タイトルはFPSが主流?どんなゲーム?賞金は?

2018-12-27 16:44

eスポーツの数あるジャンルの中でも、FPSは人気が高いジャンルです。今回は、eスポーツのFPSについて解説していきます。

さあ、新しいゲーミングワールドへ。