eスポーツFIELD

eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツフィールド】

eスポーツの人気タイトルはFPSが主流?どんなゲーム?賞金は?

eスポーツ FPS

日本が金メダルを獲得したアジア大会2018ジャカルタeスポーツ「ウイニングイレブン2018部門」。サッカーゲームだけではなく、カードゲームや戦略ゲーム、格闘ゲームなどもeスポーツの対象ジャンルとして人気です。数あるジャンルの中でも、FPSは最も人気が高いジャンルです。今回は、eスポーツのFPSについて解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.FPSとは?
    1. 1.1.FPSとはどんなゲーム?
    2. 1.2.eスポーツ人気タイトルにはどんなゲームが採用されている?
  2. 2.eスポーツ個人戦最高優勝賞金額はFPSタイトルが占めている
    1. 2.1.最高賞金額は1億円以上!
    2. 2.2.優勝賞金だけではなく賞金総額でみるとどちらが上?
  3. 3.FPSはPCやPS4だけじゃない!
    1. 3.1.あの人気スマホアプリも!
    2. 3.2.eスポーツ施設を利用することでハードが無くても参加できる
  4. 4.まとめ

FPSとは?

eスポーツ界でよく話題に上るのが「FPS」というジャンルです。ここではFPSについて簡単に説明していきます。

FPSとはどんなゲーム?

FPSとは、一人称視点のシューティングゲームの事で、「First Person shooter」の頭文字をとって「FPS」と呼ばれています。主人公(操作しているキャラクター)の目線になって移動することができ、ゲーム画面には、基本的に銃や道具を持った腕だけが表示されます。ゲームセンターのガンシューティングゲームが一般的ですね。

FPSと対称なのが、操作しているキャラクター(もしくは物※戦車など)が画面に表示されるTPSというジャンルです。Third Person shooterの頭文字をとってTPSと表記されています。代表的なゲームはバイオハザードシリーズ(4~6)、メタルギアソリッドシリーズ(プレイステーションタイトル)などが有ります。eスポーツ対象のタイトルでは「World of Tanks」や「Fortnite」、日本の任天堂から発売されている「スプラトゥーン」などがあります。

eスポーツ人気タイトルにはどんなゲームが採用されている?

eスポーツに採用されているFPSタイトルは海外製のゲームが多いです。代表的なものでは、「Call of Duty Black opsIII」や、「Counter-Strike: Global Offensive」が有名ですね。他にも、「H1Z1」や「オーバーウォッチ」といった日本にもファンの多いゲームが採用されています。

eスポーツ個人戦最高優勝賞金額はFPSタイトルが占めている

個人戦最高優勝賞金額はFPSタイトルが占めている

2018年9月に開催されたFPSゲーム「Counter-Strike: Global Offensive」の大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」​​​​​​​

eスポーツの大会において、個人で獲得できる最高賞金額を記録しているのがFPSタイトルの大会です。ここでは、最も高額な最高賞金額の大会と、賞金総額が高額な大会について説明していきます。

最高賞金額は1億円以上!

先ほど紹介した二つの人気FPSゲーム「Call of Duty Black opsIII」と、「Counter-Strike: Global Offensive」は、大会賞金額も桁違いです。

「Call of Duty Black opsIII」の国際大会であるCall of Duty XP Championship 2016では、優勝金額が100万ドル(日本円で約1億1000万円)。

「Counter-Strike: Global Offensive」の国際大会World Electronic Sports Games 2017 (Counter-Strike: Global Offensive Male)では優勝賞金80万ドル(日本円で約8800万円)となっています。

ゲームの大会でこれだけの高額なお金が手に入るのは、それだけeスポーツ熱が高まっている証拠でもありますね。

優勝賞金だけではなく賞金総額でみるとどちらが上?

先ほど紹介した二つの大会ですが、賞金総額でみると、【Call of Duty XP Championship 2016】の方が上です。賞金総額は何と200万ドル(日本円で約2億2000万円)となっています。優勝賞金も1億円以上ですが、2位以降にも賞金が発生するため、出場するだけでもかなりの収入になるということですね。

ちなみに、海外の方が日本のeスポーツ大会よりも賞金総額が上です。理由は大会賞金額を決めるスポンサー企業が多いためです。今後日本でもeスポーツの認知度が高まり、企業スポンサーが増えて来れば、海外と同程度の賞金が手に入る可能性もありますね。

FPSはPCやPS4だけじゃない!

FPSはPCやPS4だけじゃない!

FPSタイトルは、パソコンやPS4以外のハードでも行なわれているのはご存知でしょうか?ここでは、家庭用ゲーム機以外でFPSができる場合について解説していきます。

あの人気スマホアプリも!

スマホでプレイできるeスポーツタイトルもあります。YouTubeの広告でもたびたび見かける「荒野行動」や「PUBG MOBILE」などが有ります。ただし、スマホアプリでeスポーツを楽しむためには、それ相応のハイスペックスマホが必要になります。

また、ゲーム画面が小さいということもあるため、テレビゲームに慣れている人にとっては、少しストレスに感じてしまうかもしれませんね。

eスポーツ施設を利用することでハードが無くても参加できる

PS4や高スペックPC、高スペックスマホが無くても、eスポーツのFPSをしてみたいという方には、eスポーツ施設がおすすめです。最近では、池袋に開設された「LFS(ルフス) 池袋」がeスポーツ施設として有名です。

一人でも、友人同士でも気軽にeスポーツをすることが出来る上できます。設置しているPCのスペックも高いため、ゲーム画面もカクつくことが少なく、ストレスなしでゲームを楽しめるのも嬉しいポイントです。

こうしたeスポーツ専用施設を利用するのもおすすめです。

LFS 池袋 esports Arena OFFICIAL WEBSITE

まとめ

FPSは、eスポーツの中でも最も人気のジャンルです。ゲーム性や、ウォッチビリティ、カルチャーやコミュニティーといった、eスポーツの要素が詰まったジャンルです。カードゲームや格闘ゲーム、サッカーゲーム以外でも、練習さえすれば上達できるのもFPSの魅力です。先ほど紹介したLFS 池袋では、プロゲーマーによる指導も行なってくれるイベントなどもあります。興味がある方はぜひ利用してみてくださいね。


さあ、新しいゲーミングワールドへ。

GALLERIA GAMEMASTER


eスポーツするなら!

eスポーツするなら eスポーツ公式ゲーミングPC GALLERIA​​​​​​​

eスポーツFIELD

【STAGE:0】初日開幕レポート

2019-08-16 18:41

2019年8月14日・15日、国内最大級のeスポーツ大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS HIGH-School Championship 2019』決勝大会が舞浜アンフィシアターで開催されました。

ロジクールから薄型ゲーミングキーボード「G913」と「G813」が登場

2019-08-16 16:50

 2019年8月16日、ロジクールは「ロジクールG」ブランドのゲーミングキーボード「ロジクールG913ワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード(G913)」と「ロジクールG813 RGBメカニカル ゲーミング キーボード(G813)」を発表した。発売は8月29日。本稿の執筆時点で製品ページはまだ公開されていない。

PowerColorから「Radeon RX 5700 XT」搭載グラフィックボードが登場、RGB LED搭載マウスパッドが付属

2019-08-15 15:06

 2019年8月15日、CFD販売はTUL Corporation(PowerColor)のグラフィックボード「AXRX 5700XT 8GBD6-3DHEP/OC」を発表した。発売は8月下旬で、予想価格は税抜き5万5500円。

「Dota 2」の世界大会が開催、賞金総額は約35億円に到達

2019-08-15 14:36

 2019年8月15日から25日にかけて、「Dota 2」(Valve)の世界大会「The International」が開催されている。同大会は賞金が世界一高額なeスポーツ大会として知られている。

「STAGE:0」が「リーグ・オブ・レジェンド」の決勝・準決勝で12画面をマルチアングルで配信、選手の画面も見られるように

2019-08-14 13:23

 KDDIは、高校生のeスポーツ大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019」で、12画面のマルチアングル配信を実施すると発表した。

さあ、新しいゲーミングワールドへ。