eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

「東京ゲームショウ2020」幕張メッセでの開催を中止、オンライン開催を検討

2020年5月8日、「東京ゲームショウ2020」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、幕張メッセでの通常開催を中止し、オンラインでの開催を検討していることが発表された。


新型コロナウイルスの感染が世界規模で広がり、いまだ日本国内でも予断を許さない状況を受け、来場者、出展社、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、このような決定に至ったと公表された。


「東京ゲームショウ」は、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催によって開催されるゲームの総合展示会。


昨年の「東京ゲームショウ2019」には、40の国と地域から、655の企業と団体が出展。出展小間数は2417小間で過去最多を記録し、コンシューマーゲームやPC、スマートフォンなど、さまざまなプラットフォーム向けの幅広い新作タイトルが発表された。


歴代最多となった「東京ゲームショウ2018」の会期4日間の総来場者からは減少したものの、「東京ゲームショウ2019」の会期4日間の総来場者数は26万2076人を記録していた。


なお、「東京ゲームショウ2020」における変更の詳細などについては、5月下旬ごろから順次、公式サイトおよびプレスリリースにて発表されるとのこと。


■「東京ゲームショウ2020」


主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

共催:株式会社日経BP、株式会社電通

日時:2020年9月24日(木)〜27日(日)

公式サイト:TOKYO GAME SHOW 2020 - 東京ゲームショウ2020


eスポーツFIELD 編集部
eスポーツFIELD 編集部

eスポーツの情報や話題をわかりやすくお伝えします。

    eスポーツFIELD 新着記事

    ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介