eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

【チームファイト タクティクス(TFT)】ライアットゲームズが初の世界大会を発表

2020年4月14日、ライアットゲームズはPC・モバイル向けオートバトルゲーム『チームファイト タクティクス』(TeamFight Tactics、略称:TFT)の、初の国際大会「チームファイト タクティクス:ギャラクシー チャンピオンシップ」の開催を発表した。


本大会には、全世界から16名のプレイヤーが集い、賞金200,000ドルをかけた戦いを繰り広げる。「チームファイト タクティクス:ギャラクシー チャンピオンシップ」は、年内の開催が予定され、出場者は8つの地域予選(日本、北アメリカ、中国、ヨーロッパ、ブラジル、韓国、ラテンアメリカ、トルコ)から選出される。


『チームファイト タクティクス』は、各プレイヤーが『リーグ・オブ・レジェンド』のキャラクター(チャンピオン)たちとアイテムを組み合わせて様々なチームを構成し、他の7人の対戦相手を倒していく8人対戦のストラテジーゲーム。プレイヤーは格子状の盤面に手持ちのキャラクターを戦略的に配置し、自動化されたバトルで生き残りをかけて争う。


2019年のリリース以来、全世界で通算8,000万人ものプレイヤーを獲得。人気上昇中のオートバトルというゲームジャンルを牽引するタイトルとなっている。


・Whalen Rozelle(ライアットゲームズ eスポーツ グローバルディレクター)のコメント


「チームファイト タクティクス:ギャラクシー チャンピオンシップを通じて、TFTを極めるために時間を費やした全てのプレイヤーがその成果を発揮する機会、そしてランキングの頂点を目指す以上の目標となる機会を用意したいと考えています。そのために、公正なチャンピオンシップ参加方法を設けることにしました。この大会にはゲーム内のランキングとオンライントーナメントを通じて、世界中のプレイヤーが参加可能です」


出典:
ライアットゲームズ、PC・モバイル向けオートバトルゲーム「TFT」初の世界大会『チームファイト タクティクス:ギャラクシー チャンピオンシップ』開催|合同会社ライアットゲームズのプレスリリース

eスポーツFIELD 編集部
eスポーツFIELD 編集部

eスポーツの情報や話題をわかりやすくお伝えします。

    eスポーツFIELD 新着記事

    ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介