Thermaltakeからサイドパネルをカスタマイズ可能なミドルタワーケース「Divider 500 TG ARGB」が登場

公開日:2021/11/26


 2021年11月26日、アスクはThermaltake TechnologyのミドルタワーPCケース「Divider 500 TG ARGB」を発表した。発売日は12月3日。ブラックとホワイトのモデルがあり、予想価格はいずれも税込みで約2万円。


 Divider 500 TG ARGBはATXマザーボードに対応したミドルタワータイプのPCケース。サイドパネルとフロントパネルに強化ガラスを採用し、内部のパーツを見られるようにしている。サイドパネルは三角形のプレート2枚で構成しており、付属するパネルと交換することで見た目をカスタマイズできる。

 

 そのほか、拡張スロット部が着脱可能になっており、90度回転させることでグラフィックボードの縦置きに対応する。通常は下向きで隠れてしまうクーラーをサイドパネルに向け、デザインを楽しめるようになる。縦置き時にグラフィックボードを支えるブラケットが付属する。ライザーケーブルは別売だ。

 


 ドライブベイは2.5/3.5インチ×2、2.5インチ×5。搭載可能なファンは前面に120/140mm×3、上面に120/140mm×2、背面に120mm×1、側面に120mm×2。それぞれの場所に水冷用のラジエーターも搭載可能だ。標準では前面にアドレサブルRGB LED搭載120mmファンを3個、背面にLEDなし120mmファンを1個搭載している。

 外形寸法は幅230×奥行き466×高さ530mm。重量は10.6kg。

 

下記ホワイトモデル画像


 

製品概要

製品名

Divider 500 TG ARGB

Divider 500 TG Snow ARGB

ケースタイプ ミドルタワー
材質 SPCC、強化ガラス
対応マザーボード ATX、microATX、Mini-ITX
対応電源 ATX(HDDケージ搭載時:最大180mm、HDDケージ非搭載時:最大220mm)
対応グラフィックボード 前面ラジエーター搭載時:最大360mm
前面ラジエーター非搭載時:最大390mm
対応CPUクーラー 全高150mm
拡張スロット 7
ドライブベイ 内部3.5/2.5インチ共用×2
内部2.5インチ×5
搭載可能ラジエーター 上面:280/240mm
前面:360/280mm
右側面:240mm
背面:120mm
搭載可能ファン 上面:140/120mm×2
前面:140/120mm×3
右側面:120mm×2
背面:120mm×1
付属ファン 前面:120mm アドレサブルRGBファン×3(1000rpm, 27.2dBA)
背面:120mmファン×1(1000rpm, 16dBA)
I/Oポート USB 3.2 Gen 2 Type-C×1、USB 3.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法 230(W)×530(H)×466(D) mm
重量 約10.6kg
カラー ブラック ホワイト
型番 CA-1T4-00M1WN-01 CA-1T4-00M6WN-01
JANコード 4713227527880 4713227527897
アスクコード CS8237 CS8238
発売時期 2021年 12月3日 2021年 12月3日

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。



PCケース 人気ランキングはこちら!


ドスパラサイトでPCケースをチェック!

その他新着情報はこちら!