ZOTACから「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 AMP Holo」のLHR版が登場

公開日:2021/11/17

 2021年11月17日、アスクはZOTAC Internationalのグラフィックボード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 AMP Holo」のLHR版を発表した。発売日は11月19日。価格はオープン。

 ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 AMP HoloはNVIDIAの「GeForce RTX 3080」を搭載したグラフィックボード。同名のモデルを2020年11月に発売しており、本製品はマイニング用途では性能が制限される「LHR(Low Hash rate)」に対応したマイナーチェンジ版となる。製品名は同じだが、型番が「ZT-A30800F-10P」から「ZT-A30800F-10PLHR」に変わっており、末尾にLHRが追加されていることで判別できる。

 コアクロックはブーストクロックが最大1.77GHzとなっており、標準の1.71GHzからオーバークロックされている。メモリーはGDDR6Xを10GB搭載し、データレートは1.9Gbpsと標準仕様だ。

 特徴は製品名にもなっている「HoloBlackデザイン」。側面に見る角度によって色が変化するプレートを搭載している。アドレサブルRGB LEDも搭載しており、独自ソフトの「FireStorm」で発光パターンを調整可能だ。

 クーラーはファンを3個搭載した「IceStorm 2.0」。7本のヒートパイプと3個のフィンブロックで効率よく冷却できるという。

 PCとの接続はPCI Express 4.0 x16。背面ブラケットは2スロット分だが、クーラーを含めた厚さは2.5スロット相当だ。ボードの長さは317.8mm。映像出力端子はHDMI 2.1×1、DisplayPort 1.4a×3。補助電源端子は8ピン×2。6ピン端子を2個まとめて8ピンに変換するケーブルが2本付属する。

 

■製品概要

製品名 ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 AMP Holo LHR
GPU NVIDIA GeForce RTX 3080
CUDAコア 8,704ユニット
メモリ GDDR6X 10GB
メモリインターフェース 320ビット
ブーストクロック 1,770MHz
メモリクロック 19,000MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 4.0 x16
ディスプレイ出力端子 DisplayPort 1.4a×3、HDMI 2.1×1
補助電源 8ピン×2
消費電力 最大340W
外形寸法 約317.8×131.8×59.6mm
付属品 デュアル 6ピン to 8ピン電源ケーブル×2
ユーザーマニュアル
型番 ZTRTX3080AMPHOLO-10GB/ZT-A30800F-10PLHR
JANコード 4537694300124
アスクコード VD7782
発売時期

2021年 11月19日

 

Reported by 宮川泰明(SPOOL)


グラフィックボード人気ランキングはこちら

ドスパラサイトでグラフィックボードをチェック!


その他新着情報はこちら!