第12世代Coreシリーズが発売。新ソケット「LGA-1700」を採用

公開日:2021/11/5

 2021年11月4日、Intelは新CPU、第12世代Coreシリーズを発売した。同日に登場したのはCore i9、Core i7、Core i5の3モデルとそれぞれの内蔵グラフィック機能(GPU)非搭載版。合計6モデルだ。

 第12世代Coreシリーズは「Pコア」「Eコア」と呼ぶ2種類のCPUコアを搭載しているのが特徴。高性能なPコアがバックグラウンドの処理で足を引っ張られないようEコアが補助するという形で動作する。同時処理可能なスレッド数を倍増するHyper-Threading機能はPコアだけに搭載しているため、従来のようにスレッド数がコア数の2倍にはならなくなった。最大動作クロックもそれぞれで定められているため、CPUの仕様は非常に複雑になったと言える。

 発熱量や消費電力の目安として利用されていたTDPは新しく「PBP(Processor Base Power)」と「MTP(Maximum Turbo Power)」に置き替わった。PBPはベースクロック動作時のTDPに相当する。MTPは第10世代や第11世代で利用された「PL2」に相当し、Turbo Boost有効時に利用する瞬間的な最大電力となる。

 Core i9-12900KはPコアとEコアをそれぞれ8個ずつ搭載し、16コア/24スレッドとなる。Pコアのベースクロックは3.2GHz、Turbo Boost Max 3.0有効時の最大動作クロックは5.2GHzだ。内蔵GPUは「Intel UHD Graphics 770」。MTPは241W。実勢価格は税込み(以下同)で約8万円。内蔵GPUなしのCore i9-12900KFは約7万7000円だ。

 Core i7-12700KはPコアを8個、Eコアを4個搭載し、12コア/20スレッドという仕様。Pコアのベースクロックは3.6GHz、Turbo Boost Max 3.0有効時の最大動作クロックは5GHzだ。内蔵GPUはCore i9-12900Kと同じでIntel UHD Graphics 770。MTPは190W。実勢価格は約5万8000円。内蔵GPUなしのCore i7-12700KFは約5万3000円だ。

 Core i5-12600KはPコアを6個、Eコアを4個という構成で10コア/16スレッド。Pコアのベースクロックは3.7GHz、Turbo Boost有効時(Turbo Boost Max 3.0は非対応)の最大動作クロックは4.9GHzとなる。内蔵GPUはこちらもCore i9-12900Kと同じでIntel UHD Graphics 770。MTPは150W。実勢価格は約3万9000円。内蔵GPUなしのCore i5-12600KFは約3万7000円だ。

 ベースクロックやEコアの最大動作クロックなと、その他の仕様は以下の通り。

 

クリックすると拡大されます。

Reported by 宮川泰明(SPOOL)


ドスパラサイトで【第12世代 インテル® Core™プロセッサー】をチェック!

第12世代 インテル® Core™プロセッサー 特集

Intel Core i5 12600KF BOX / Intel Core i5 12600K BOX 詳細はこちら

インテル第12世代CPU紹介スペシャル【週刊ドスパラTV 第263回 11月4日放送】


その他新着情報はこちら!