東プレが「REALFORCE R3」シリーズのキーボード20機種を発表、有線/無線のハイブリッドモデルも

公開日:2021/10/27

 2021年10月26日、東プレはキーボードの新モデル「REALFORCE R3」シリーズを発表した。発売日は11月11日。仕様の違いで20機種あり、価格は税込みで約2万4000~3万5000円。

 REALFORCE R3シリーズは静電容量無接点方式のキースイッチが特徴の「REALFORCE」シリーズの最新モデル。ユーザーからの要望が多かったというワイヤレス接続に対応した。

 全機種でアクチュエーションポイント(キーが入力を検知する深さ)を変更する「APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)」機能を利用できるほか、専用ソフトで各キーの機能を入れ替えられる。またトップパネルが着脱可能になっており、別売の「パネルデザインキット」(税込み約3100~3300円)を利用することでデザインのカスタマイズが可能だ。

 ラインナップはブラックとホワイト、フルサイズとテンキーレス、USB接続のみとBluetooth/USB接続のハイブリッド、静音スイッチと通常スイッチ、キー荷重の違い(30g、45g、変荷重)の組み合わせで合計20機種。全ての組み合わせがあるわけではなく、例えば有線のUSB接続モデルは通常スイッチの荷重45gのみとなる。詳しい仕様は以下の通りだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

キーボード 人気ランキングはこちら!

ドスパラサイトでキーボードをチェック!


その他新着情報はこちら!