CrucialブランドからPCIe 4.0対応SSD「P5 Plus」が登場、読み込み最大6.6GB/sの高速モデル

公開日:2021/8/4

 2021年8月4日、アスクはMicron Technologyの高速SSD「Crucial P5 Plus」シリーズを発表した。発売日は8月6日。ラインナップは500GB、1TB、2TBの3種類で、予想価格は税込みでそれぞれ約1万4000円、2万4000円、4万8000円。

 Crucial P5 PlusシリーズはM.2 2280サイズのSSD。インターフェースはPCI Express 4.0 x4でプロトコルはNVMeに対応する。前モデルの「Crucial P5」シリーズはPCI Express 3.0 x4接続だったこともあり、読み書き速度が大幅に引き上げられているのが特徴だ。NANDフラッシュメモリーは同社製の3D NANDを採用。MLCやTLCなどの種類は公開されていない。コントローラーのメーカーや型番も非公開だ。

 データの最大読み込み速度は全モデル共通で6.6GB/sと高い。最大書き込み速度は500GBモデルが3.6GB/s、1TBモデルと2TBモデルが5GB/sだ。書き換え寿命の目安となるTBW(Total Bytes Written)は500GBモデルが300TB、1TBモデルが600TB、2TBモデルが1200TBとなっている。保証期間は共通で5年間。

 SSD管理用アプリの「Crucial Storage Executive」とシステム移行アプリの「Acronis True Image for Crucial」が利用できる。

 

■製品概要

製品名 Crucial P5 Plus 500GB Gen4 x4 NVMe M.2 SSD Crucial P5 Plus 1000GB Gen4 x4 NVMe M.2 SSD Crucial P5 Plus 2000GB Gen4 x4 NVMe M.2 SSD
容量 500GB 1TB 2TB
フォームファクター M.2 Type 2280
メモリの種類 Micron 3D NAND
インターフェース PCI Express 4.0 x4(NVMe)
読込速度 最大 6,600MB/s
書込速度 最大 3,600MB/s 最大 5,000MB/s
MTTF 200万時間
耐久性 総書込容量 300TBW 総書込容量 600TBW 総書込容量 1,200TBW
動作温度 0~70℃
準拠規格 UKCA、CE、FCC、VCCI、KC、RCM、ICES、Morocco、BSMI、Ukraine、UL、TUV、中国版RoHS、WEEE、Halogen Free
対応ソフトウェア Acronis True Image for Crucial
Crucial Storage Executive
付属品 インストールガイド
保証期間 5年(制限付保証)
型番 CT500P5PSSD8JP CT1000P5PSSD8JP CT2000P5PSSD8JP
JANコード 0649528907806 0649528907820 0649528907844
アスクコード HD3167 HD3168 HD3169
発売時期 2021年 8月下旬予定 2021年 8月下旬予定 2021年 8月下旬予定

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

SSD 人気ランキングはこちら!

ドスパラサイトでM.2 NVMe SSDをチェック!


その他新着情報はこちら!