ゲーミングPCのデスクトップ/ノートパソコン人気売れ筋ランキング (2020/1/9~2020/1/15)

Cooler Masterからペルチェ素子を使用した一体型水冷クーラー「MasterLiquid ML360 SUB-ZERO」が登場

公開日:2021/4/15

 2021年4月12日、アユートはCooler Master Technologyの一体型水冷CPUクーラー「MasterLiquid ML360 SUB-ZERO」を発表した。発売日は4月16日。予想価格は税込みで5万3680円。

 MasterLiquid ML360 SUB-ZEROは360mmクラスのラジエーターを搭載した一体型水冷CPUクーラー。ユニークな点は、ヘッド部からポンプを分離し、代わりにペルチェ素子による熱電変換ユニット(TEC)を内蔵したことだ。

 ペルチェ素子とは、2種類の金属を貼り合わせて電流を流すと片側が冷え、反対側が熱くなるというペルチェ効果を利用した素子のこと。通常のCPUクーラーがCPUとヘッドの温度差を利用して熱を移すのに対し、ペルチェ素子を使うとヘッドそのものの温度が下がってCPUを冷やせるようになる。この仕組みにより、気温よりも低い温度まで冷却できるのが強みだ。

 CPU温度を下げられるとオーバークロックの余地が大きくなる。Intelは周囲の気温よりも低い温度でのみ利用できるオーバークロック技術「Cryo Cooling」を提供しており、本製品はこれに対応するとしている。一方、冷やし過ぎると結露が発生し、他のパーツにダメージを与えるリスクがある。そのためヘッド部には結露を防ぐためにCPUソケット周辺を覆うカバーを備えている。

 消費電力が大きい点も特徴だ。ヘッド部には熱電変換ユニットのためにPCI Epxress用の8ピン端子を備えており、クーラー全体の消費電力は最大200Wとなっている。

 対応CPUソケットはIntelのLGA1200のみ。ラジエーターのサイズは幅394×奥行き119.6×高さ272mm。PWM制御で650~1900rpmで動作する120mmファンが3個付属する。ポンプが独立しているため、利用する際はこちらの取り付け場所も考慮する必要がある。消費電力も含め注意点は多いが、これまでになかった独特な製品と言えるだろう。

 

■主な仕様

製品名 MasterLiquid ML360 SUB-ZERO
製品型番 MLZ-D36M-A19PK-12
本体カラー ブラック
対応ソケット

Intel LGA 1200

ウォーターブロックサイズ 89 x 79 x 86.7 mm
ラジエーター 素材 アルミニウム
寸法 394 x 119.6 x 27.2 mm
ポンプ 寸法 57.3 x 57.3 x 92.2 mm
寿命(MTTF) 198,000 時間
騒音値

< 35 dBA

給電コネクタ 4-Pin
定格電圧 12 VDC
定格電流 1.0 A
消費電力 13.8W (最大)
ファン 寸法 120 x 120 x 25 mm
数量 3
LED なし
速度 650-1900 RPM ± 10%
風量 59 CFM (最大)
騒音値 8 - 26 dBA
風圧 2.0 mmH₂O (最大)
寿命 160,000 時間
電源コネクタ 4-Pin (PWM)
定格電圧 12VDC
対応ケースファン 総消費電力 200 W
メーカー保証 5年
EANコード 4719512110225

※製品の仕様・付属品は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

 

出典:

水冷クーラー「MasterLiquid ML360 SUB-ZERO」、ケースファン「MasterFan MF140 Halo」「SickleFlow 120 ARGB White Edition」が発売|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

MasterLiquid ML360 SUB-ZERO|Cooler Master|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

 

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

ドスパラサイトで水冷クーラーをチェック!


その他新着情報はこちら!