ゲーミングPCのデスクトップ/ノートパソコン人気売れ筋ランキング (2020/1/9~2020/1/15)

Razerがゲーミングチェアのコンセプトデザイン「Project Brooklyn」を発表、60型の有機ELディスプレイを搭載

公開日:2021/1/14

 Razerは電子機器見本市「CES 2021」で多機能ゲーミングチェアのコンセプトデザイン「Project Brooklyn」を発表した。コンセプトモデルのため、発売時期や価格などは未定。


CONCEPT GAMING CHAIR FOR NEXT GENERATION IMMERSION

Project Brooklyn | Concept Gaming Chair For Next Generation Immersion(YouTube)

 まず目に付くのは湾曲タイプの大型ディスプレイだ。これは60型の有機ELパネルで、普段は背面に収納しておき、ボタン一つで展開するというもの。有機ELパネルはバックライトが不要なため、使用する素材によっては曲げたり丸めたりできる特製を利用している。アスペクト比や解像度は非公開。

 左右のアームレストにはテーブルが収納されており、展開するとキーボードとマウスを置けるようになる。

 座面と背もたれには振動機能を備えており、「Razer HyperSense Technology」によりゲーム内の音声を体で感じられる。

 RGB LEDも内蔵している。「Razer Chroma RGB」に対応し、座面と台座をゲームに合わせて光らせられる。

 キャスターが付いていないことからも、椅子として利用するというよりもProject Brooklynを中心にゲーミング環境を作るというコンセプトと思われる。2019年にAcerが発売したコックピットタイプのゲーミングチェア「Predator Thronos」に似た方向性だ。大きな外装がない分、省スペースになっている。

 

出典:

Razer CES 2021 Concept - Project Brooklyn

 

Reported by 宮川泰明(SPOOL)
ドスパラサイトでゲーミングチェアをチェック!

その他新着情報はこちら!