Corsairが大型空冷CPUクーラー「A500」を発表、ファンの高さを無段階で調整可能

公開日:2020/3/30
Corsairが大型空冷CPUクーラー「A500」を発表、ファンの高さを無段階で調整可能

 2020年3月27日、Corsairは空冷CPUクーラー「A500」を発表した。TDP250Wまで対応する、高さ17cmクラスの大型クーラーだ。発売は4月4日で、予想価格は税抜きで1万5000円。

 A500はタワー型のサイドフロータイプのCPUクーラー。高さ約17cmのヒートシンクを12cmファン2個ではさんだ構造だ。銅製のヒートパイプを4本搭載し、ベースはヒートパイプが直接CPU表面に触れる方式を採用した。

Corsair 空冷CPUクーラー「A500」

Corsair 空冷CPUクーラー「A500」

 専用の固定具を使うことで、ファンはスライドするだけで着脱できる。スライドの途中で止めることも可能で、ファンの高さを無段階で調整できるのが特徴だ。背の高いメモリーとの干渉を防げる。付属ファンは同社の「ML120」。磁気浮上ベアリングを採用し、PWM方式の回転数制御に対応する。回転数は400~2400rpmだ。

Corsair 空冷CPUクーラー「A500」

Corsair 空冷CPUクーラー「A500」

 A500の外形寸法はファンを含め幅173×奥行き144×高さ169mm(高さはファンの調整で変動する)。重量はファンを含め1.482kgだ。対応するCPUソケットはLGA2066、LGA1150/1151/1155/1156、Socket AM4/AM3/AM3+/AM2/AM2+。CPU接触面にはあらかじめ同社のグリス「XTM50」が塗布済みで、さらに同グリスの1gチューブが付属する。付け直す際に同じグリスが使えるという点はユニークだ。


Reported by 宮川泰明(SPOOL)

ドスパラ通販サイトでCorsairの冷却パーツをチェック

その他新着情報はこちら!

『LED搭載ゲーミングモニターアーム MA-GS108』が株式会社ルーメンより登場!“紅”に光るブラックと“蒼”く光るホワイトの2モデルがラインナップ

株式会社ルーメンより、アーム部分にLEDライトを搭載したモニターアームが登場。『LED搭載ゲーミングモニターアーム MA-GS108』が全国の家電量販店や直販サイトにて発売中です。

ダイヤテックがステンレス筐体キーボード「Majestouch 2S Metal SUS」のテンキーレスモデルを発表

2021年12月1日、ダイヤテックはシャシーにステンレス鋼を採用したキーボード「Majestouch 2S Metal SUSテンキーレス」を発表した。同日より予約を受け付けており、12月8日から出荷を開始する。

マザーボード 人気ランキング 2021/12/2 更新【ドスパラ】

マザーボード おすすめ人気ランキング!今売れ筋のマザーボードベスト3を人気ランキングにいたしました!製品スペックを記載していますのでIntel用、AMD用などご自分に合ったマザーボードを探してみてください。ゲーミングPCや自作PCの制作やBTOパソコンの修理交換用どうぞ。

SSD 人気ランキング 2021/12/2 更新【ドスパラ】

SSD おすすめ人気ランキング!今売れ筋のSSDベスト3を人気ランキングにいたしました!製品スペックを記載していますのでM.2用から2.5インチ用、SATAからNVMeなどご自分に合ったSSDを探してみてください。ゲーミングPCや自作PCの制作やBTOパソコンのアップグレード用にどうぞ。

PCケース 人気ランキング 2021/12/2 更新【ドスパラ】

PCケース おすすめ人気ランキング!今売れ筋のPCケース ベスト3を人気ランキングにいたしました!製品スペックを記載していますのでゲーミング用からビジネス用、ご自宅用などご自分に合ったPCケースを探してみてください。PCケースは自作パソコンで一番見えるパーツですのでお気に入りの一台をみつけてください!