【レビュー】上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード(交換キーキャップ付き)DN-915975

公開日:2021/10/27

 テレワークの普及による在宅勤務の増加で、自宅でもキータッチが良く打ちやすい質の高いキーボードを使いたいという需要が高まっています。ただ住宅事情などの問題で広々としたデスクでのびのびと、とはいかないのが現実。そこでスペースを取るフルサイズキーボードではなく60キーを採用したコンパクトキーボードが選択肢となるのですが、すると今度はキータッチが良くなかったり、必要なキーを打つために必ずFn(ファンクションキー)と同時押しをしなければならなかったりします。

 今回はそんな悩みにぴったりな、コンパクトさと打ちやすさのバランスが良い73キーを採用したメカニカルキーボード、「上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード(交換キーキャップ付き) DN-915975 [省スペース・DIPスイッチ搭載・アンチゴースト・Gateron赤軸]」の魅力を詳しくお伝えします。

 

開封・同梱物チェック

 コンパクトですが手に持つとズッシリとした感覚があります。梱包は非常にしっかりとしており、爪が多くて逆に開けるのに苦労するほど。

 

 キーボード本体の他に、

  • 接続ケーブル
  • 交換用キーキャップ
  • キーリムーバー

が付属しています。

 

 接続ケーブルはキーボードなどの周辺機器でよく用いられるMini USB Type-Bのもの。

 

交換用キーキャップは

  • CapsLockキーとCtrlキー
  • Mac用のCommandとOptionキー
  • 無刻印キー

 の3種類と交換時に使用するキーリムーバーが付属しています。

 

コンパクトさと使いやすさを両立させたキーボード

 このキーボード最大の特徴は、なんといってもそのコンパクトな筐体と、それでいて使いやすいキー配列にあります。

 

73キーを採用

 本製品はキーの数が「73」個ある、日本語73キー配列を採用しています。一般的なキーボードのキー数としては、

  • 日本語113キー(フルサイズキーボード)
  • 日本語92キー(テンキーレスキーボード)

などがありますが、いわゆるコンパクトキーボードと呼ばれるものでは「60」キーなどが採用されるため、73キーは結構レア。他ではVarmilo(アミロ)くらいしか販売されていません。筆者は73キーを使用するのは初めてだったのですが、コンパクトながら自然なキーレイアウトで、ギリギリまでサイズを詰めながら必要なキーはちゃんとあるという絶妙なキーの数だと感じました。

 

コンパクトなキーボードのメリット

フルキーボードに対するコンパクトなキーボードのメリットは主に2つあります。

①ホームポジションから指が離れない

 コンパクトキーボードはフルキーボードとは違い、ホームポジションから指を離さずにほとんどのキーを触ることができます。ただフルキーボードにはないキーの機能を実現するために「Fn(ファンクション)」キーとの同時押しを多用するため、慣れないうちはそれが面倒くさいと感じてしまいます。しかしながら慣れてしまえばホームポジションから指を離すことなくほとんどのキーにアクセスすることができるようになり、非常に高速なタイピングができるようになります。

 

②マウスまでの距離が近い

 フルキーボードの場合は右側にテンキーがあるため、マウスを操作しようと思うと10〜15cmほど手を右側に移動させなければなりません。一方コンパクトキーボードの場合はエンターキーのすぐ右にマウスを置くことができるため、手の移動距離が少なくて済みます。たった10数cmのことですが、1日では数百回、1年では数万回にもなるため、これが馬鹿にならないのです。ホームポジションから指が離れないこととも相まって、非常に高速かつ快適な入力が可能になります。

 

すべてのキートップ面を中央方向に向けた「シリンドリカルステップスカルプチャ」

 これはキーボードを真横から見たものですが、キーが水平に配置されておらず、キートップ面が中央に向けて湾曲しているのがお分かりになると思います。 これは「シリンドリカルステップスカルプチャ」と呼ばれる形状で、ホームポジションのある中央に全てのキーを向けることにより「指付き」を良くする工夫です。コンパクトなことに加え、このシリンドリカルステップスカルプチャによって高速タイピングが可能になります。

 

HHKB(HAPPY HACKING KEYBOARD 60キー)との比較

 私は元々コンパクトキーボードが好きで、普段は60個しかキーのないHHKB(HAPPY HACKING KEYBOARD)というキーボードを愛用しています(写真上)。ただHHKBは極限というべきキーの少なさで、なんと「矢印キー」がありません。これにはさすがに不便さを感じているのですが、今回の日本語73キーボードはHHKBに比べわずかに横幅を足しただけで矢印キーやPGUP、PGDNキーなどを搭載しています。コンパクトでありながらストレスのない入力ができる点が非常に良いと感じました。

 

Gateronの赤軸スイッチを使用したメカニカルキーボード

 日本語73キーボードはキーボードスイッチとしてGateronの赤軸スイッチを使用したメカニカルキーボードです。

 「Gateron」とはキーボードスイッチの業界標準であるCherry MX互換のキースイッチ。Cherry MXのキータッチを忠実に再現していることに定評があります。また採用されている「赤軸」はクリック感が強くカチャカチャとした独特のタイピング音が強い青軸とは異なり、クリック感が少なくキータッチが軽いため疲れずに入力し続けることができます。静音性にも優れているので、ゲーム時のボイスチャットなどでタイピング音を拾いたくないケースなどにも最適です。

 

DIPスイッチで使いやすいようにカスタマイズが可能

 この日本語73キーボードは裏面にあるDIPスイッチでキー配置を使いやすいようにカスタマイズすることができます。

 

[1]CapsLockキーとCtrlキーの入れ替え

 DIPスイッチの[1]はCapsLockキーとCtrlキーの入れ替えです。

高速タイピングを実現するためにはCtrlキーを活用して、

  • Ctrl+T・・・半角英数へ変換
  • Ctrl+U・・・ひらがなへ変換
  • Ctrl+I・・・カタカナへ変換
  • Ctrl+O・・・半角へ変換
  • Ctrl+P・・・全角英数へ変換

といったショートカットキーを使いこなす必要があるのですが、通常のように左下にCtrlキーがあると遠くて小指がつりそうになります。そこでCapsLockキーとCtrlキーを入れ替え、Ctrlキーを「A」の隣にしてアクセスしやすくすことが可能です。

 

[2]Windowsキーと左ALTキーの入れ替え

  [2]のスイッチはWindowsキーと左ALTキーの入れ替えを行います。これはMacで使用する場合のCommandキーとOptionキーの入れ替えに対応するためのものです。

 

[3]WindowsキーとFnキーの入れ替え

 [3]のスイッチは右側にあるFnキーと左側にあるWindowsキーを入れ替え、左小指でFnキーを押しやすくするためのものです。

 

交換用キーキャップ付属が嬉しい

 日本語73キーボードには3種類の交換用キーキャップが付属しています。

1.CapsLockとCtrlの入れ替え用

DIPスイッチでCapsLockキーとCtrlキーを入れ替えた時に使用します。

 

2.Mac用のCommandとOptionキー

左側のALTキー/無変換キーをMac用のCommandとOptionキーに入れ替えます。

 

3.    無刻印キーで日本語表記をなくしスッキリと

日本語表記されている「変換」「無変換」キーを無刻印キーに替えることができます。

 

LEDは5段階に調整できる

 LEDは「Fnキーと矢印キー」を同時押しすることで5段階に調整することができます。

 

(↑↓で明るさの調整、←→でLEDのスピード調整)

 

左が一番明るい状態、右が一番暗い状態です。

 

Nキーロールオーバー&アンチゴーストを同時搭載

 日本語73キーボードはFPS(主人公の視点で進む3Dシューティングゲーム)やMMO(大規模多人数型オンラインゲーム)といったゲームには欠かせないNキーロールオーバーとアンチゴースト機能を同時に搭載しています。

 この2つの機能を同時搭載することで、ゲームをプレイする時はもちろん、高速タイピング時にもキー操作を正確に反映することができるのです。

Nキーロールオーバーとは?

 Nキーロールオーバーとは、複数のキーが同時に押された場合、押された順序に従って、全てのキーが順番に認識されるという機能です。

 

アンチゴーストとは?

 アンチゴーストとは、複数のキーが同時に押された場合、入力したキー以外のキーを入力したと誤認してしまう現象を防ぐ機能です。Nキーロールオーバーがキーを押したのに入力されない現象を防ぐのに対し、アンチゴーストは意図しない誤入力を防止します。 

 

製品スペック

接続方法

USB

配列 日本語73キー(かな刻印なし)
スイッチ Gateron赤軸(リニア)
キーピッチ 19mm
対応OS Windows7/8/10
 ※Windows用の配列ですが、Macでの使用も可能です。
製品サイズ

縦104×横337×厚み37(mm)

重さ 約535g
付属品 USBケーブル(USB A to miniB 約150cm)
交換用キーキャップ、
キーキャップ外し

 

総評

「上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード(交換キーキャップ付き) DN-915975 [省スペース・DIPスイッチ搭載・アンチゴースト・Gateron赤軸]」は省スペース性とタイピング性能を犠牲にしない快適性を両立させ、高速タイピングはもちろん、ゲーム用途にも適しているキーボードでした。また同じ73キーであるVarmiloやコンパクトキーボードのHHKBの数分の一の価格で購入できるコスパの高さも魅力です。

 しっかりとしたメカニカルスイッチを使用したコンパクトキーボードの購入を考えている方に是非ともおすすめしたいキーボードです。

 



今回レビューした商品はこちら!

ドスパラサイトでキーボードをチェック!

その他新着情報はこちら!