操縦桿の様な形状で手に取っても置いても使用可能!マクロ機能も搭載のジョイスティック型3Dマウス『Nextick』がクラウドファンディング実施中

公開日:2021/10/18

 AIDUSより、ジョイスティックタイプで様々な機能を兼ね備えている3Dマウス『Nextick』が登場。クラウドファンディングサービスのMakuakeにて支援価格12,500円(税込)からプロジェクトがスタートしています。

 

紹介動画が公開中

『Nextick』

 本製品は3Dマウスとキーボード機能を合わせたジョイスティックタイプの3Dマウス。Bluetoothで接続できオフィスワークやネットサーフィンに使えるほか、マウスポインターのようにプレゼンテーションなどにも活用できます。

 

2Dでも3Dでも使えるマウス

 『Nextick』は既存のマウスとは異なり、最新フュージョンプロセスと3軸のジャイロスコープセンサーと3軸の加速度センサー、3軸の磁力センサーを搭載。3次元空間でも既存のマウスと同一な方法で作動します。

 既存のマウスのような2D機器は机やテーブル、マウスパッドなどから離れてしまうとカーソルを動かせませんが、本製品は地面につかない空中でもカーソルを自由自在に動かすことができ、クリック、ダブルクリック、右クリック、そしてスクロールなど、様々な機能が使えるマウスとなっています。

 

直感的な操作が可能

 まるで操縦桿(そうじゅうかん)の様なデザインの本製品。親指で操作できるスティックでスクロールができ、トリガーのように付いている上下のボタンがそれぞれ右クリック、左クリックに対応。

 マウスの定番の形からは離れているものの、直感的な操作ができる形状とボタン配置になっています。

 

マクロ機能も搭載

 よく使う語句や文章、単語を設定して使用できるマクロキーボードを搭載。親指のボタン操作で簡単に設定した言葉を入力できます。

 

ゲームコントローラーとしても使用可能

 4つのマクロボタンやトリガーのように使用できるボタンによって、ゲームをやる際のコントローラーとしても活用できます。特にFPSやTPSなどのシューティングゲームではその形状も相まって臨場感を得ることができるでしょう。

 

 さらにSDK機能を活用することでスクロール用のスティックで方向転換も可能。Bluetooth接続での振動機能も使うことができ、タイトルが対応していればリコイルの感覚すら味わうことができます。

 今回のプロジェクトのリターンでは、機能を実際に楽しむことができる『ゾンビハロウィンゲーム』のデモ版も無料ダウンロード可能。未来感覚のゲームプレイを体感できます。

 

『ゾンビハロウィンゲーム』プレイ動画

商品情報

商品名:Nextick

▼パッケージ内容一例(12,500円プラン)

・『Nextick』×1

・Bluetooth USBドングル×1

・USB-Cタイプ充電ケーブル×1

 

■仕様

製品名 Nextick(ネックスティック)
モデル名 NT8163
サイズ 11.7×9.0×13.2cm/237g
ポート USB-Cタイプ
充電方法 USB-Cポート / ワイヤレス充電
ワイヤレスコミュニケーション Bluetooth 4.0
OS Windows 10
バッテリー容量 1230mAh

 

Reported by 嵐山松尾(SPB15)

マウス 人気ランキングはこちら!

ドスパラサイトでマウスをチェック!


その他新着情報はこちら!