CreativeStageシリーズサウンドバーがDolbyAtmosに対応!2系統のHDMI入力を備えた2.1chサウンドバーがクリエイティブメディア株式会社より新登場

公開日:2021/9/2

 クリエイティブメディア株式会社より、CreativeStageシリーズサウンドバーの最新モデルが発売決定。2系統のHDMI入力やARC対応HDMI出力ポートを備えた2.1chサウンドバー『CreativeStage360』が発売中です。

 

『CreativeStage360』

 HDMI搭載プレーヤーや動画配信サービスのセットトップボックス、ゲーム機やテレビ等と接続して手軽にホームエンターテイメントが楽しめる2.1chサウンドバーです。

 

 スピーカー出力も総合120WRMS/ピーク出力240Wにパワーアップ、光デジタル入力やBluetoothも備え様々なオーディオ機器との接続も可能。サウンドバーからのリスニング距離に応じたオーディオ最適化や再生コンテンツ等に合わせて選べるサウンドモードオプションも装備しています。

 

HDMI搭載で様々なAV機器と接続可能

 2系統のHDMI2.0入力ポート※1を備え、HDMI出力を備えたBlu-rayレコーダー/プレーヤーや家庭用ゲーム機などのAV機器と接続してパワフルなサウンドを楽しめます。

 また、ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応したHDMI出力にも対応。ARCの対応テレビと接続できるほか、テレビのHDMI入力に接続されているセットトップボックス等の動画配信サービスを大迫力サウンドで堪能できます。

※1:別途、規格に対応するHDMIケーブルが必要になります。すべてのHDMI機器での動作やコントロールを保証するものではありません。

 

DolbyAtmosの包み込まれるようなサラウンドサウンド

 『CreativeStage360』はDolbyAtmos®に対応。HDMI入力やHDMIARC※2からのDolbyAtmosコンテンツを、包み込まれるようなサラウンドサウンドで楽しめます。

また、光デジタル入力も備えており、光デジタル出力を備えたテレビやゲーム機と接続して、高品位ステレオサウンドやDolbyDigitalサウンドの再生も可能です。

※2:HDMIARCのDolbyAtmosはDolbyDigitalPlus方式のDolbyAtmosに対応しています。

 

総合120WRMS/ピーク出力240Wにパワーアップ

 サウンドバー本体には、再設計によってカスタムチューニングを施した楕円状ドライバーを採用。スリムなサブウーファーには、様々なコンテンツで深みと没入感のある低音を再生するために新開発されたハイエクスカーションドライバーが使われています。

 総合120WRMS/ピーク240Wのスピーカー出力によって、パワフルで重厚なオーディオとなっています。

 

離れた場所でも楽しめる

 本製品は、ワイヤレスリモコン※3や、ワイヤレスオーディオが楽しめるBluetooth接続※4にも対応。テレビから離れた場所でサウンドバーを操作したり、デスクトップでスマートフォンなどのサウンドを楽しんだりすることも可能です。

※3:別途単4乾電池x2本が必要です。

※4:A2DPに対応するBluetoothデバイスでのオーディオ再生に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでの動作を保証するものではありません。SCMS-Tには対応していません。AVRCPに対応するBluetoothデバイス/アプリの一部再生操作(再生開始や一時停止、トラックの移動等)に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでのコントロールを保証するものではありません。HFPによる音声通話や通話操作には対応していません。

 

オーディオを最適化

 リビングルームの様な広めの空間や、デスクトップ/寝室などのコンパクトなスペースなど、サウンドバーの設置場所やリスニング位置までの距離に応じたオーディオ再生オプションを搭載。利用シーンに合わせてオーディオを最適化することができます。

 また、ムービーやミュージックなどの再生コンテンツに適したサウンドモードによってオーディオを再生することも可能です。

 

商品情報

商品名:CreativeStage360

型番:SP-STGE360

クリエイティブストア価格:27,800円(税込)

 

■製品の仕様

スピーカー構成 2.1チャンネル スピーカー
外形寸法 サウンドバー:約566 x 75 x 88mm
サブウーファー:約115 x 422 x 250mm
重量 サウンドバー:約1.7kg
サブウーファー:約3.4kg
スピーカー出力 総合120W (30W x 2 + 60W x1)/ピーク出力240W
周波数特性 55Hz~20kHz
SN比 75dB
再生モード HDMI(入力1/入力2/TVARV) / Bluetooth / 光デジタル
入力端子 HDMI入力1/2(HDMI 2.0、HDCP 2.2)※1、HDMI出力※1(HDMI 2.0、HDCP 2.2、ARC※2)、光デジタル入力(角型)※3、専用サブウーファー出力、AC入力、USB-A(サービス端子)
対応オーディオ フォーマット HDMI入力:Dolby Atmos(TrueHD/Digital Plus)、Dolby Digital、Liner PCM
HDMI出力(ARC):Dolby Atmos(Digital Plus)、Dolby Digital、Liner PCM
光デジタル入力:Dolby Digital、Liner PCM
Bluetooth バージョン:Bluetooth 5.0
プロファイル:A2DP(ワイヤレスステレオBluetooth)※4、AVRCP(Bluetoothリモートコントロール)※4
コーデック:SBC
通信距離:約10m(見通し距離)
電源 AC100~240V / 50-60Hz 2.3A
コントローラ/インジケータ類 サウンドバー本体:LEDディスプレイ/インジケータ、電源/Bluetoothボタン、ボリューム調節ボタン、ソース ボタン
リモコン: 電源ボタン、ミュート ボタン、情報ボタン、ディスプレイ ボタン、ボリューム調節ボタン、再生操作ボタン、ソース選択ボタン、Bluetoothボタン、ファーフィールド/ニアフィールド ボタン、サウンドモード ボタン、バス調節ボタン

※1:別途、規格に対応するHDMIケーブルが必要になります。すべてのHDMI機器での動作やコントロールを保証するものではありません。

※2:HDMI ARCのDolby AtmosはDolby Digital Plus方式のDolby Atmosに対応しています。

※3:Dolby Digitalと最大24bit/96kHzまでのステレオ リニアPCMに対応しています。

※4:A2DPに対応するBluetoothデバイスでのオーディオ再生に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでの動作を保証するものではありません。SCMS-Tには対応していません。AVRCPに対応するBluetoothデバイス/アプリの一部再生操作(再生開始や一時停止、トラックの移動等)に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでのコントロールを保証するものではありません。HFPによる音声通話や通話操作には対応していません。

 

Reported by 嵐山松尾(SPB15)

スピーカー・ヘッドホン 人気ランキングはこちら!

ドスパラサイトでスピーカー・ヘッドホンをチェック!


その他新着情報はこちら!