ゲーミングPCのデスクトップ/ノートパソコン人気売れ筋ランキング (2020/1/9~2020/1/15)

米国N95規格にも対応したライティング機能付きゲーミングマスク『Project Hazel』がRazerより年内発売予定

公開日:2021/6/21

 ゲーミングデバイスメーカーのRazerより、ゲーマー向けのスマートマスク『Project Hazel』が発売決定。2021年第四四半期に発売予定です。

 

紹介動画も公開中!

ゲーミングマスク『Project Hazel』

外科用N95に対応

 アメリカ合衆国労働安全衛生研究所の定めた基準であるN95規格※1に対応。高いバクテリアろ過効率に加えて、マスクは大きな液滴や飛沫から保護する高い耐流体性も備えています。

 スマートマスク本体には取り外し可能なベンチレーター(換気装置)を搭載。気流を調整し、浮遊粒子の95%をろ過することができます。

 さらに冷気を取り入れ、吐き出すことから発生する熱を放出。マスク内のCO2の蓄積を防ぎ、めまいや頭痛といった危険性を減少させます。

 

※1:耐油性が無く(有機溶剤などへの防護性能を持たない)、直径0.3マイクロメートルの微粒子を95%以上除去できる性能。

 

交換可能なフィルター&充電式ベンチレーター

 マスクのBFE定格は、新しいフィルターを人工呼吸器に交換することで簡単に維持可能。

終日稼働できる容量のバッテリーも搭載されているので安心して利用できます。

 

UV滅菌器付きワイヤレス充電ケース

 マスクの充電時に使用できるケースが付属。UVライトが搭載されており、充電中にはバクテリアやウイルスを殺菌できます。

また、バッテリーレベルも可視化されており、赤から緑に変化する光で確認可能です。

 

クリアなデザインで会話をスムーズに

 マスクをつけていると、お互いの発生のタイミングがつかめず声が被ってしまったり、表情が読めないので意図を掴み兼ねたり、といった事態が起きがちです。

 本製品のデザインは一部がクリア素材になっており、マスクにより顔が隠れてしまうという状況を改善。会話をする際のスムーズなコミュニケーションに一役買ってくれます。

 

ローライトモード搭載

 スマートマスクの内部は、ローライトモードによって暗くなると自動的に点灯。周囲の照明の状態に関係なく表情を確認して会話ができます。

VOICEAMPテクノロジー

 マスクをしていると起こりがちなのが、声や音がこもってしまって相手に聞こえないというトラブル。本製品にはマイクとアンプが内蔵されており、スピーチがこもることはありません。

 

目立たない気密シール

 シリコンガードは、空気が漏れるのを防ぐために顔の周りにぴったりと収まり、マスク自体が口に触れたり、口に載ったりしないようにして、自然に話すことができます。

 

調整可能なイヤーループとカスタムサイズ

 厚いイヤーループは耳にかかる圧力が少なく、より確実にフィットするように調整されています。さらに、マスクは顔の形に合わせてカスタムメイド可能となっています。

 

ライティング機能も搭載

 ベンチレーター部分には、RazerChroma™RGBを搭載した2つのカスタマイズ可能な照明ゾーンを搭載。1,680万色のカラーから調整可能です。

 

ARフィルターで試着イメージを確認

 InstagramではプロジェクトヘイゼルARフィルターを使用可能。AR技術を活用してマスクを装着したイメージを試すことができます。

 

装着イメージ

Reported by 嵐山松尾(SPB15)

その他新着情報はこちら!