性能に妥協なしのコンパクト化!こだわりのPCケース | ドスパラスタッフpresents-こだわりの自作PC

こだわりの自作パソコン!これだけは譲れない!というポイントは人それぞれ。そんな思い入れが詰まった【自作PC】をドスパラスタッフがご紹介します。今回は「こだわりのコンパクトケース」です。

今回ご紹介のケース

Abee AS Enclosure RS01 オリーブグリーン

その他のスペック
CPU Intel Core i7 6700K BOX(1151/4.00GHz/8M/C4/T8)
メモリ 16GB
グラフィック GeForece GTX 1070 8GB(OCモデル)
ストレージ

メイン SSD 256GB(M.2 PCIe Gen3 x4)

サブ 1. HDD 3TB(7200rpm)

サブ 2. SSD 180GB(SATA3)

光学ドライブ なし
マザーボード ASRock Z170 Gaming-ITX/ac(Z170 1151 mITX DDR4)
電源 SILVERSTONE SST-SX600-G(SFX 600W 80+G P)

 (制作時期:2017年2月頃)


これを作ろうと思ったきっかけ

以前はJMAX JX-FX500Bというケースでした。これもMini-ITXサイズのキューブ型です。このケースはキューブ型なのに、SATAのホットスワップベイを2基内蔵していて、更にハイエンドVGAも搭載可能という常識外れなケースだったんです。

これに2TBのHDDを2つ入れてRAID1を組み、更にシステムドライブはSSD、トドメにGTX970搭載という構成でした。

部屋の模様替えをしたときに、緑色のソファーを買ったんですが、そのノリで無骨だったPCケースもオシャレな見た目にしたいと思ってたところ、たまたま新発売のケースを見つけてしまい気が付いたら買ってました。

 Abee AS Enclosure RS01 オリーブグリーン


一番のこだわりポイントは?

ズバリ、性能は妥協せずに、できる限り小型化です!仕事柄、私は転勤で引っ越すことが多かったんですね。

遥か昔はAntecのP180みたいな大きいミドルタワーケースを使っていたのですが、これを引越しの度に運ぶのがツライ。必然的にPCケースは小型志向になっていきました。

でも、オンライン3Dゲームをやっていたので、大型のグラボは搭載必須。Mini-ITXケースで、GTX1070搭載となるとかなり条件が厳しい。そこを上手にやりくりするのが自作の醍醐味だったりします。

今のケースで組んだ際は、見た目もこだわりたかったので、アルミケースで、色も大好きなグリーンという条件をプラスしてました。でもこんなケースなかなか無いんですよね。

自分の好みにマッチしたグリーンのPCケース


長年の「自分流こだわり」

データ用のドライブは必ずRAID1で組むというのが、私のポリシーです。RAIDというとストライピングに注目されがちですが、大容量ファイルの読み書き以外では、体感速度の改善効果があまり出ないと私は思っています。

「RAIDの神髄はミラーリングによるデータの冗長化だ!」という超個人的な信念と、大量の大事なデータをHDDクラッシュから守りたいという単純な動機から10年以上守っている自分ルールです。

今回、流石に「ホットスワップベイを内蔵して、アルミでグリーンでMini-ITXで・・・」といった理想のケースは見つからず、泣く泣くUSB3.0の外付けRAIDボックスを使うことで妥協しました。

使用中のRAIDボックス

工夫としては、このRAIDボックスを部屋の隅にあるルーター付近に設置することで、ケース周りの見た目はスッキリさせ、何とか自分を納得させました・・・。

PCケース内部、写真の向かって左側のHDDが1次保存用のドライブで、この裏にはCPUクーラーが配置されています。更に右側は起動ドライブだったSSDで、この裏には電源ユニットが配置されています。

コンパクトに収まりました。

そして、ケース下部にはグラフィックカードを収める空間があり、ここに大きなGTX1070カードがスッポリ入っています。静穏性の為にケースFANは1個も付けていませんが、ケース自体の通気性が良いので、排熱に問題はありません。

自慢はやはり「見せるPCケース」

自慢したい点は、「PCもインテリアの一部」を意識したこの「見た目」です。こだわりのケースはもちろん、配線周りもスッキリするように、ケーブルを出来るだけ減らしたりまとめたりしました。

更に『ディアウォール』というDIYキットで賃貸マンションの壁面に棚を作って、そこにディスプレイしてます。

ディスプレイラックで「見せるPCケース」に!

次チャレンジするなら水冷ですかね?コンピュータにとって大敵なはずの液体を、敢えて使ってまで実現する冷却性能や静穏性って、やはりとてもロマンがありますよね!中身はもちろんMini-ITXで!

今回の「自作PC」紹介者

ドスパラ中古PC担当:N

ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介