古きよき憧憬のCPU編【パーツ回顧録】 懐かしのレトロPC座談会

古きよき憧憬のCPU編【パーツ回顧録】 懐かしのレトロPC座談会

前回に引き続き、懐かしのCPUを前にして当時の思い出話が止まりません!あの頃は頑張ってお金を貯めて手に入れていたんですね。そんなかつての憧れのCPUを思い返してみましょう!φ(-ω-。`)ホ゜ッ

 

前回:あの頃の未開封CPU編【パーツ回顧録】 懐かしのレトロPC座談会


ドスパラ中古担当者紹介

フジヤン

友人に自作の道に引っ張り込まれたクチ。
言われるがままにパーツを買って、見よう見まねで組み立てていたのが、どこをどう間違ってこうなったやら…
アラフォー。ストレージの速さにこだわる派。

すーさん

安くて速いパソコンを手に入れたいという動機でドスパラに入社。
動画やFPSやMMORPGが好きですねー。こだわりパーツは愛用のPCケースです!

クマさん

こんにちはマイコン世代です。レトロガジェット好きでM5,MSX,88,Macと動態保存中。
むしろ最先端のドスパラに居ることが我ながら謎。

まっちゃん

初めてのPCは友人が作った自作パソコンでしたね。PSOがやりたくて買いました。
今でこそ色々いじれますけど、そのパソコンが壊れるまで自分でいじったのは友人に言われるまま買ったVGAとメモリだけでした。アラサー世代。


前回に引き続き、懐かしCPU

フジヤン:

じゃ、次はこっちですか。K6ですね。

 

AMD K6

 

天の声: 

鉛筆で速くなるやつ?

 

クマさん:

そう。クロックでいうとこの266ですね。

 

フジヤン:

K62?

 

クマさん:

2じゃない。1。K6の無印。

 

まっちゃん:

これピンだよね。

 

 

ピンが付いています。

 

クマさん:

ピンです。この辺りのピンなんか、ちょっとやそっとで折れないから。

 

すーさん: 

Super7世代だよね。

 

まっちゃん:

何?Super7って。

 

すーさん:

ソケット。ソケ7ですね。

 

Socket 7 - Wikipedia

 

まっちゃん:

FSBが変わるとSuperが付く?笑

 

すーさん:

その前の、古いCyrixとかのほうでもソケ7だったんだけどね。なつかしいな、これ。僕K6-2一番最初作った自作PCですわ。

 

クマさん:

この辺りで、いきなりパソコンでいろいろできるようになったよね。

 

すーさん:

そう。3D-Nowですよ。MMXと。

 

フジヤン:

K6-200、そうですね。そこにあるやつの266版ですね、ここにいるのは。

 

すーさん: 

そうね。これ新しいほうですね。この印刷じゃなくなってるやつですね。

 

まっちゃん:

印刷じゃなくなってる?

 

フジヤン:

刻印になったんですよ。

 

天の声: 

これは年代でいうと? 

 

すーさん:

かなり前。これ1990年代じゃない?

 

まっちゃん:

1997って書いてある。すげえな、細かい。これWindowsのマーク描いてあんだけど。

 

Windows 95 のマーク付いてます

 クマさん:

Windowsが動くよっていうところがポイントだった。

 

まっちゃん:

Windowsが動かないCPUなんてあんの?

 

クマさん:

いっぱいあるよ。

 

すーさん: 

それこそLinuxサーバー用とか、ワークステーションとか、あとネクストとか。

 

まっちゃん:

自作界隈で売ってたの?

 

すーさん:

ううん、売ってない。だって動かないもん。

 

フジヤン:

ここ今、さらに違うの描いてる。こっちはWindowsマーク、やっぱり付いてるよね。

 


Windowsで動かないって何事?

すーさん:

当時は、だってバーサスMacですから。CyrixのところにはCyrixのマーク付いてない。

 

まっちゃん:

これWindowsで動かない?

 

フジヤン:

動かないかもしれない。

 

まっちゃん:

どういうこと?

 

フジヤン:

よくある、互換しますけど保証はしませんっていうパターンね。

 

まっちゃん:

じゃ、こっちはちゃんとMicrosoftかなんかに。

 

フジヤン:

そう。動きますっていうやつ。

 

まっちゃん:

へえ。だってWindowsで動かないパソコンなんて、想像つかないじゃん。MacだってIntel入ってる時代ですよ。

 

すーさん:

当時のMacは、もう完全にモトローラですよ。

 

フジヤン:

私も確か、初自作がK6-2だった。ただし、それは確かに人から譲ってもらったパターンですので、自分で作ったんじゃないんですよ。だから、あんまり中身をのぞいたことはない。

 

すーさん:

新品で買ったわけではないということ?

 

フジヤン:

うん。自分で組んだわけではないので正直、中身、その時代は、そんなにのぞいたこともなかったかな。せいぜい光学ドライブ、ちょこちょこと換装してたぐらい。

 

まっちゃん:

なんでスタート全く一緒なのに、全然違うんだろう。友達からもらってたやつが、確かK6-2って書いてあって。

 

すーさん:

いつもらったの?それ。

 

まっちゃん:

もう相当型落ちだったのかな。俺が中学ぐらいのときかな。20年ぐらい前。

 

すーさん:

20年ぐらい前だったら、確かに。ということは、みんな触ってるのは大体、似たような時期からだね。

 

フジヤン:

その後、年齢とかによる財力の差により、その自作道を突っ走ったか、それとも時間を置いて再度、火がついたかの違いみたいな。

 

まっちゃん:

本当にお年玉で友達から買ったんですよね。同じ友達から数年後にもらったのは、Pentium IIIだった気がする。

俺の友達はK6-2から自作始めてる。多分、その後の、Pentium IIIも自作だったから、そいつがこの業界入ってたら、みんなと話合ったかもね。

 

クマさん:

パソコン自作やってると、機械が増えてくるんだよね。で、古いのが要らなくなるから、どんどん細胞分裂のごとく増えていくやつは、周りのやつに売り始める。

 

フジヤン:

そう。進化のスピードは早かったからね。次から次へと新しく出てくるものを、組み立てたいっていう欲望が。

 

すーさん:

しかも互換性のあるパーツが多かったから、取っといたら使えるっていうのがあるので。どうしようかな、取っとこうかな、取っとこうみたいな。

 

フジヤン:

でも分からんでもない。今の時代でも多分うち、ひっくり返すと相当パーツ出てくる。いまさらSD-RAMだとか、どうすんだっていう話。

 

すーさん:

SDは今でも見るからね。CPUは持っててもしょうがないし。

 

まっちゃん:

いや、パソコンで。パソコンであったんだけど捨てちゃった。


プリンターにSIMM?

フジヤン:

RIMMどころじゃない、SIMMも多分家にある

 

まっちゃん:

え? シム?携帯で使うやつ?この座談会、始まって初めて聞いた気がするんだけど。

 

フジヤン:

RIMMの前SIMM

 

すーさん:

でもSIMM、あったんじゃなかったっけ。この前、持ってきた?

 

クマさん:

これな。

 

RIMMの前のSIMM

 

まっちゃん:

よく中古屋さんに転がってるやつ。

 

クマさん:

これ2枚ずつ差さないと駄目なんだよ。

 

まっちゃん:

これ、なんで消えたの

 

クマさん:

これ重量単価、金より高かったからじゃないか。

 

フジヤン:

そこは関係ない。消えたっちゅうか、単純にスピードがね。CPUの進化に追いつけなくて、次、新しい規格でメモリつくらなきゃねって話になってただけ

 

すーさん:

ただこれも進化しててこのでっかいチップがSIMMの特徴なんだけど。

で、それは1枚でも2枚分があるっていう、168ピンのSIMMも出たし。それがエプソンのプリンターに入ってたのは俺、よく覚えてる。

 

まっちゃん:

プリンターに?

 

フジヤン:

そうか、当時はね。

 

すーさん:

エプソンのプリンター。しかもそれ後付けなんだよ。後付けでお客さんから、「このプリンター遅いからSIMM換えないの?」って言って調べて、「調べますね」って言ったときに、それが出てきたんだ。168ピンのSIMMって、あるんかい。すげえって。で、ガッて差したらちゃんと動いて。

 

まっちゃん:

それ速くなったの?

 

すーさん:

分かんない。笑 正直、分かんなかった。多分、使ってる人にとっては、そのうち効果が見えてきたんじゃないかな…。

なつかしいワードなんですよ。本当に。で、EDOとFAST PAGEってあって、いまだに見分けができない。

 

まっちゃん:

エド?

 

すーさん:

EDOとFAST PAGE。方式で二つ違いがあったんだよね。で、どっちがどっちだっけって。見きわめられないみたいな。当時聞いたんだけど覚えてない。確かチップがどうのこうのって言ってたことと覚えてる。形、変わらない。

 

まっちゃん:

そういえばこれの話は聞いてない。

 

Cyrix 6x86

 

すーさん:

これはねぇ…金ぴかで格好よかった。

 

まっちゃん:

今で例えると?

 

すーさん:

今で例えたら・・・なんだろうね?

 

まっちゃん:

別にCPUじゃなくてもいい。取りあえず、どんなものかも全然分かんない。

 

すーさん:

完全Pentium互換。

 

まっちゃん:

これで何ができる?

 

すーさん:

だからPentium IIと同じこと

 

まっちゃん:

同じことできる?

 

すーさん: 

同じことができるんだけど、中に載せてるキャッシュの量だったり、キャッシュの速度だったりとか、高い安いで、なんか違う。

 

まっちゃん:

安定性は?

 

クマさん:

基本、変わらないね、この時期って。

 

すーさん:

ただしK6なんかいい例だけど、K6は整数演算は速いんだけど、浮動小数点演算が遅い。で、浮動小数点演算ってなんで使うかっていったら、ゲームで使うんだよね。だからゲームが遅いのがK6。それを覆そうとして出してきたのがK6-2。ただし高くなっちゃって、あんまり売れなかったっていうので、それで、あれになった。だからK6-2は非常に優秀でしたよ。微妙に金額では勝ってたけどね。

 

まっちゃん:

AMDが安かったってこと?

 

フジヤン:

そう。安かった。金額とか、そこは強みでしたからね。だから自作でもAMD派がかなり多かったわけです。

 

すーさん:

そう。コストパフォーマンスがいいね。

 

まっちゃん:

今のRyzenにつながる話題きたこれ。

 

すーさん:

そのコスパ。コスパですよ。AMDのコスパ。

 

まっちゃん:

コスパが最強であれば、それでいい。・・・性能最強は?

 

すーさん:

そういうのがAMD。すさまじいよ。

 

フジヤン:

そりゃ、この時代で自作つったら取りあえず、IntelよりAMD。

 

すーさん:

そう。Intelさんって高くて、高くて。

 

まっちゃん:

冷静に考えてみると、みんな若かったわけだしね

 

すーさん:

いや、絶対値としても高かった。だってPentium IIIの1ギガとか一番本当によく覚えてるけど出た当時の価格が10万超えてたからね。

 

まっちゃん:

誰が買えるんだよ。今でもポンとは買えないよ。

 

クマさん:

Pentium無印の200メガヘルツ、MMXとか付いてないやつをCPUだけで8万円で買ったよ

 

すーさん:

そう。だから8万、9万、10万というラインナップがあったわけですよ。すごくね。

 

まっちゃん:

8万、9万、10万、他パーツ含めたとしても、だって20万とかいくわけでしょう。

 

すーさん:

全部組んだら、20万じゃ収まるかもしんないけど。

 

クマさん:

むしろ大人になったらThreadripperが買えなくなりました。

 

一同:

ハハハハハハ

 

クマさん:

多分、購入難易度としては同じぐらいなんだと思うけど、どうしてもね 笑。

 

まっちゃん: 

今のThreadripperっていう感覚で、当時はあったわけだね

 

クマさん:

そう。それをよく買ったな、当時の俺。

 

まっちゃん:

景気が良かったんじゃないですか。笑

 

クマさん:

いや、すげえバイトしたもん。

 

まっちゃん: 

情熱があったわけだ、その当時。

 

クマさん:

そう。みんなPentiumの133とか166とか買ってる中で、一番上だなって。「200、いくら?」「8万円です」「1カ月待ってください」。

 

すーさん:

確かにPentium III-200は憧れでした。みんな200、200言ってた。「200超えたい」「200を」って。

 

クマさん:

そう、その話、カスタマイズの8万円のCPUを載せたパソコンを、デスクトップで買ったんだけれども、それの保証書が出てきたんだよね、この間。そしたらDOS/Vパラダイスって書いてあった。

 

すーさん:

すごい古いユーザーだね。

 

クマさん:

ドスパラで買い物したの、一番最初はそれじゃないかな、多分。

 

すーさん:

そんな前からあったんだ。でも私もドスパラ知ったのは浜松ですよ。移転前、浜松駅前にあったんです。

で、そこで行って、そこに初めて行った。その当時、K6-2を買った後かな。後1年か、そこらぐらいに行って、ドスパラ入って、一番印象にあるのは、このトレイ。このトレイがショーケースの中にどんどんって置いてあって、すごいCPUがいっぱいあるっていう。あれからものすごい、ここテンション上がるところだった。テンション上がるわ、これ、みたいな。


昔のパソコンは富裕層の娯楽品?

まっちゃん:

当時ボックスないの?

 

すーさん:

ありましたよ。あったけどメインはこっちだった。

 

まっちゃん:

トレイのほうが安かった?

 

すーさん:

うん、そう。

 

フジヤン:

クーラー替えたかったしね。リテール・クーラー、いまいち冷えないとか何かしら。今も、その傾向ってあるんじゃないですか。

 

まっちゃん:

どちらかというとハイエンドはオーバークロックやる人ばっかりだから、クーラー要らないでしょうぐらいのノリなんだろうけど。当時はどうなんだろう。付けることが、まずなかったの?

 

すーさん:

いや、付ける。

 

まっちゃん:

付けることがっていうより。リテールのクーラーを付けるメリットがなかったっていうか。それとも組み込み用の部材としてが基本で、パッケージ、ボックス化をあんまり考えてなかったか。

 

すーさん:

Pentium IIIのクーラーこの頃は標準で付いてたりしたけど

 

まっちゃん:

クーラーって形、想像つかないんだけど。

 

フジヤン:

どっち?って言われたら多分、別で買ったほうが高かったんですよ、組み合わせとしては。だから別にパッケージ買ったほうが多分、安かったし、それも需要としてはあった。だけどクーラーの性能があまりよろしくなくて、音がうるさい、冷えない。だから結局どうせ自作やるんだ、別クーラー買うのが通常でしょ、常考みたいな。そういう理由から、バルクと別でクーラーを買うっていうのが主流だったかなという感じ。

 

まっちゃん:

そっちも安かったからってわけじゃない?

 

フジヤン:

ではない。

 

クマさん:

当時、お店でCPU買うときなんか、スポンジにプシッと刺して、ビニールくるっと入れられて「はい、8万円です」ってビニール袋を差し出されるって思い出がある。

 

まっちゃん:

専用の箱ぐらい用意しておいてほしいよね。

 

すーさん:

これ、精密機器でしょう?洋服で10万とかで買ったら、多分ものすごい、いい紙袋に入れてくれて店長一緒に付いてきて「外までお持ちします」「ありがとうございました」みたいな感じでやってくれるのに、CPUだと簡単に包んで、ガサガサ「はい、どうもありがとう」ってね。

 

まっちゃん:

そんなお金ある人の遊びだったの?パソコンって。そんなこともないよね?

 

フジヤン:

でも、どうだろうね。でも、それはそうかもしれないよ。

 

すーさん:

その前のパソコンが1桁違ったから。

 

まっちゃん:

一般ユーザーが、もう手出せないじゃん。

 

すーさん:

だって100万円は手出せない。個人で持とうとも思わない。

 

フジヤン:

本当に携帯電話とかの進化に近いかもしれない。

昔、抱える携帯電話とかあったけど、あれも最初は高かったでしょう?今だと安いものは1万で買えるじゃないですか。そういう意味で昔は限られた人しか買えなかった。

 

すーさん:

昔は、それしかなかったですね。上のラインナップしかなかった。それがどんどん広がってって、一般化していって、今に至ると。

 

フジヤン:

ちょうどその間、ちょうど真ん中層ぐらいまで下りてきて、ようやく普通の人が手出し始められるかなっていう頃が、この自作全盛になり始めた、さっき出てたK6-2とか、その辺りの時代って感じですかね。

 

まっちゃん:

そろそろまとめないと。全くまとまらないけど、どうしようかな。

 

クマさん:

そうですね。ストレージ系がまだ残ってるんで、次回はそこですかね。

 

すーさん:

ストレージ系いいですね。SCSI集めたいですね。

 

フジヤン:

難しいことおっしゃるね。

 

すーさん:

IDEとSCSIを集めたりしたい。

 

まっちゃん:

前も言ったけど、SSDとかしか話題ついていけないからね。

 

クマさん:

ということで懐かしのCPUの回でした。

 

まっちゃん:

まとまってないよ。無理やり締めただけじゃん。笑


当時は数万もするCPUを簡単な包装で販売してたんですね。。そうそう、そうだった!なんて思い出した方もいるかもしれませんね。まだまだ話し足りない座談会メンバー、次回も乞うご期待!!ワク(灬ºωº灬)テカ


そんな、ドスパラ中古PC担当者が本日も

元気ハツラツ!!!で営業中!ご来店を心よりお待ちしております!!


ドスパラ中古WEB通販サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓


【レトロPC座談会】シリーズはこちら!

青春の自作PC!フロッピーは偉大だった!?

パソコン人生に革命!?MP3&インターネット 懐かしのレトロPC

思い出のオンラインゲームは、ビデオカードと共に!

≪レトロPC座談会 SORD M5 シリーズ

懐かしのレトロPC 座談会 SORD M5【起動】編

SORD M5 追憶のプログラム編 懐かしのレトロPC 座談会

SORD M5 自作ゲーム創生期編 懐かしのレトロPC 座談会

SORD M5 FINAL -ファイナル- マイコンよ永遠なれ!編 懐かしのレトロPC 座談会

 

≪レトロPC反省会

レトロPC反省会 前編

レトロPC反省会 後編

 

≪Pentium III シリーズ≫

Pentium III ついに火を噴く!?起動!!編 懐かしのレトロPC 座談会

Pentium III 華やかなりしフロッピー黄金時代!編 懐かしのレトロPC 座談会

Pentium III Windows 98をインストール編 懐かしのレトロPC 座談会

Pentium III Windows 98をインストール【完結編】 懐かしのレトロPC 座談会

Pentium III インターネットにつないでみよう!編 懐かしのレトロPC座談会

Pentium III《final》昔のページを見てみよう!編 懐かしのレトロPC座談会

 

≪ASCII × レトロPC座談会 シリーズ≫

【緊急企画】ASCII × レトロPC座談会 夢のコラボが実現!!≪前編≫

【緊急企画】ASCII × レトロPC座談会 夢のコラボが実現!!≪後編≫


≪パーツ回顧録 シリーズ≫

思い出の1ギガ【パーツ回顧録】編 懐かしのレトロPC座談会

懐旧のCRTモニター編【パーツ回顧録】 懐かしのレトロPC座談会

あの頃の未開封CPU編【パーツ回顧録】 懐かしのレトロPC座談会

古きよき憧憬のCPU編【パーツ回顧録】 懐かしのレトロPC座談会

 


最新の ドスパラの○○ 関連記事

全57件中 1〜 5件を表示

ドスパラの○○

ドスパラ パソコン辞典


PCゲームがいつでもすぐに購入できるショッピングサイト

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介