IC IC IC Card

PASMOでリテラシーゼロな私がキャッシュレスを始めてみた



きっかけ

こんにちは。
巷ではQRコード決済が話題ですが、スマホ決済をいまひとつ理解できていないドスパラ エクスプレス部員のAです。
キャッシュレス化の波に乗り切れていない私ですが、キャッシュレス決済でポイント還元がされることを考えると、そろそろ始めてみようと思い始めました。
しかし、いきなりQR決済を使うのはハードルが高いので、今回はカードタイプの電子マネーを使ってみることにしました。

◆PASMOってどうやって入手するの?

私自身東京メトロを中心に使っていたこともあり、交通系のICカードを使うのであれば「PASMO」がぴったりなのかな?と考えていました。
しかし、「PASMOってどうやって発行すればいいの?」と最初の段階でつまずいてしまったので、まずはネットで調べてみることにしました。

◇公式サイトへ

ネットで「PASMO」と検索すると公式サイトがヒットします。
そこで「PASMOを購入する」というページを開くと、PASMOの種類と発行方法が解説されています。とりあえず私は通常版の「記名・PASMO」を選択し、発行方法を確認してみました。
どうやらPASMOを発行するにはPASMO取扱事業者各駅の「券売機」もしくは「窓口」に行く必要があるようです。

◇PASMOを発行するために駅の券売機へ

最寄りのPASMO取扱事業者駅に行き、早速PASMOを発行してみることにしました。

まず、券売機の「PASMO」に触れます。「PASMO新規購入」を選択し、「記名PASMOを購入」を選びます。

その後、券売機の案内に従い必要事項などを入力していきます。
この際にデポジットとして500円を支払います。

簡単な操作でPASMOをゲットすることができました!「これでキャッシュレス化の波に取り残されないぞ」と一安心したところで実際に使ってみました。

◆PASMOを使ってみた

PASMOを使うには、まず「チャージ」が必要です。チャージは駅やバス、コンビニなどで手続きが行えます。

私は券売機を利用しました、PASMOと現金を入れて、ボタンを押すだけで簡単にチャージできました。駅にはチャージ専用の端末もあるみたいなので、そちらを利用してもいいようです。

◇タッチするだけで電車に乗れる!買い物もできる

PASMOの使い方はいたってシンプル。電車やバスに乗るときも、電子マネーとしてお買い物をするときも、行うのはICカードをタッチするだけです。

最近話題のQRコード決済を見ていて、カメラでいちいち読み取るのは面倒だよな…と感じていた私にとって、これほどスムーズで簡単な使い方ができるPASMOは、ある意味「衝撃的」でした。

「キャッシュレスってこういうことなのだな」と10年以上前から存在するPASMOにあらためて未来感を抱いてしまいました。

また、PASMOは交通系ICカードの一種として、SuicaやICOCAなどに対応しているエリアでも相互利用が可能になっているようです。なので、PASMOを使ってJRにも乗れるし、全国※各地の電車にも対応しているので、買い物から移動まで全てこれ一枚で済んでしまいます。
※全国とは、国内すべての鉄道・バス路線を指すものではありません。

◆どうやらポイント還元もあるらしい

キャッシュレス決済ということで「ポイント還元」についても意識してみました。

消費税率が引き上げられたこともあり、少しでもポイント還元でカバーできればと思っていたのですが、大規模な還元キャンペーンを実施しているQRコード決済と比較して、PASMOやSuicaといった交通系ICカードはポイント還元のイメージが薄いように感じていました。

確かに便利な電子マネーだとは思うのですが、少しぐらいポイント還元のメリットはないかと探していたところ、どうやらPASMOを使うことで得られるポイントがあるみたいです。

◇メトポにPASMOを登録して乗車ポイントをゲット

「メトポ」とは東京メトロが運営しているポイントプログラムのことで、メトポにPASMOを登録して、東京メトロに乗車するとポイントがもらえます。もらえるポイントは運賃に応じて還元率が変わるというのではなく、乗るだけで一定のポイントが付与される仕組みになっています。

ポイントの種類は下記の通りです。

  • デイリーポイント:平日に乗車すると3ポイント
  • ホリデーポイント:土日祝日に乗車すると4ポイント
  • ボーナスポイント:1ヶ月間に10回乗車する度に10ポイント

電車に乗るだけでポイントがもらえるというのはお得ですし、東京メトロユーザーの私にぴったりな仕組みです!

このメトポは定期券区間内での乗車は対象外のため、私がもらっているのは休日に乗車する「ホリデーポイント」分のみとなります。平日に比べて、もらえるポイントが多いのが嬉しいところ、週末はどこかに出かけよう!という気分になりますね。

貯まったポイントはPASMOにチャージして使うことができるので、ポイントが無駄になることもありません。PASMOを使って東京メトロを利用される方は、ぜひ「メトポ」を知っておきましょう。

メトポ-メトロに乗って、ポイントを貯めよう。Metro Point Club


◆モバイル版のPASMOはまだないらしいが…

ちょっと交通系ICカードについて調べてみたのですが、どうやらSuicaには「モバイルSuica」というサービスがあって、スマホをSuica代わりに使うことができるようです。

私はキャッシュレス決済に疎いので、まだ早いかなと思っていますが、PASMOにもそういったサービスがあるなら今後導入を検討しようかと思っています。

しかし、現状としてPASMOにはモバイル版のサービスがありません。ただ、2017年9月13日「モバイルPASMO」が商標出願されたというニュースもあり、今後機会があればサービスが導入される可能性はあります。

cashless

◆まとめ

キャッシュレス決済に対して「少しゴリ押しが過ぎるのではないか?」と疑いを持っていた私ですが、いざ使ってみるととてもスマートです!ポイントも貯まるし良いことづくめであることがわかりました。

そんなことならもっと早く始めておけばよかったと後悔すらしたのですが、とにかくキャッシュレスに疎い人でも交通系ICカードは馴染みがあると思います。日常生活で利用する人も多いので、まずはPASMOからキャッシュレスライフを始めてみるといいのではないでしょうか。

◆ドスパラはPASMO OK!

全国のドスパラ店舗でPASMO決済に対応しています。
CASHLESS 5%還元 RPay amazonPay MasterCard Visa