今買えば増税前に出荷!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ドスパラのパソコンは100%国内生産・国内サポート

電源は電源ユニットとよばれPCを動作させるために必須のパーツです。電源ユニットは家庭用のコンセントからの交流(AC)電源をPC用の直流(DC)電源に変換する役割を持っています。サイズによってATXやSFXなどの規格が有るほか、電源容量「W(ワット)」や電源の変換効率を表す「80+(80プラス)」認証のグレードによって価格が変わってきます。

電源 売れ筋ランキング

「D.F.R」ファン搭載 ドスパラオリジナル電源ユニットを速攻レビュー

電源容量計算 システム構成選択代表的なパーツの組み合わせで最適な電源を見つける事が出来ます。

PC構成を選択してください
パーツ ベンダー
種類
商品名 個数 使用電力目安 :W(ワット)
CPU
0W
メモリ
デスク用メモリ
0W
HDD 各社
SATA HDD
0W
SSD 各社
SATA SSD
0W
ビデオカード
0W
DVD/BD 各社
SATA DVD/BD
0W
FAN 各社
6~12cmFAN
0W
合計使用電力目安:0W(ワット)
お勧め電源容量:0W(ワット)

※合計使用電力目安は各パーツの目安電力にマザーボードなどの基本電力使用目安(W)を加えた合計値になります。

※お勧め電源容量は使用電力目安の(理由は上記記事参照)で計算しています。

検索結果
3件ヒット
   キーワードで絞り込む

                     並べ替え

一度は試してみたいメーカー:

表示件数
20件
50件
100件
表示方法
リスト形式
画像形式
41,980円(+税)
24時間以内に出荷
Code:0000458506-157298
15,000円(+税)
24時間以内に出荷
 (1)
Code:0000458504-157296
9,769円(+税)
24時間以内に出荷
 (18)
Code:0000447392-149451
 
関連カテゴリ : マザーボードIntel CPUビデオカードHDD (ハードディスク)

電源ユニット80PLUS注目度集計期間:2019年6月

これでもう迷わない! 電源ユニットの選び方

旧来のパソコンはさほど電力を消費するものではなかったため、電源ユニットはあまり重要視されていませんでした。しかし昨今のCPU性能の飛躍的な向上や、ビデオカードの進化から消費電力が増大し、電源ユニットもパソコンの性能の一部として見直されるようになりました。選ぶ際、まず目につくのはW(ワット)数ですが、他にはどこを見て選べば良いのでしょうか。今回はそんな電源ユニットの選び方について紹介します。

電源ユニットはW(ワット)数と信頼性で選ぶ

電源ユニットを選ぶ際大切なのがW(ワット)数と信頼性の2点です。まずW(ワット)について。これは大きければ大きいほど良いのですが、その分高価になり得策とは言えません。一般的に、搭載しているCPUやビデオカードなどにどの程度の電力が必要なのか知り、その総消費電力より少し余裕のあるW数の電源ユニットが良いとされています。CPUとビデオカードの総消費電力が300Wならば、500Wほどが理想です。電源ユニットの信頼性というと分かりづらいかもしれませんが、簡単に言えば故障しやすいか、故障しにくいかということです。信頼性の高い電源ユニットには、「日本メーカー製の105℃コンデンサ」が使用されているので覚えておきましょう。

電源ユニットの規格

電源ユニットには用途やサイズによって大まかに3つの規格があります。こちらも電源ユニットを購入する際の重要な指針です。
1.ATX 12V/ATX
現行のメイン規格です。サイズは150×86×140~180(幅、高さ、奥行き)。主にミドル~フルタワーのパソコンで使用される電源ユニットです。

2.EPS 12V/EPS
業務用のワークステーションやサーバー用の電源ユニットです。サイズは上記の「ATX 12V/ATX」と同様で150×86×140~180(幅、高さ、奥行き)。一般用に比べて総出力が大きいのが特徴です。

3.SFX 12V/SFX
スリムタイプやミニタワーパソコン用の電源ユニットです。サイズは100×50×125(幅、高さ奥行き)と、「ATX 12V/ATX」よりも一回り小さいのが特徴です。

80PLUS認証付きの電源ユニットで電気代の節約

電源ユニットは、コンセントから得た電力をパソコンが使用できる電力に変換して各パーツに供給します。変換効率が高いほど無駄なく電力が使えるわけですが、この変換効率が80%以上の電源ユニットの証明が「80PLUS認証」です。「80PLUS認証」は全6種類あります。下から無印・ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・チタニウムとなっており、一番上であるチタニウムの変換効率は最大94%となります。また、変換効率が高いほど電源ユニットの放熱が抑えられるので、静音性で電源ユニットを選ぶ際にも「80PLUS認証」は重要な要素です。

パソコンのスペックと言えば、CPU・ビデオカード・メモリーなどに目が行きがちですが、電源ユニットも非常に重要なパーツなのです。他のパーツと同様に、よく吟味してから選ぶ必要があります。お勧めは「80PLUS認証」のゴールド以上の電源ユニットで最適なワット数のものです。購入の際は今回紹介した要素を踏まえて最適な電源ユニットを選んでください。

 

ENERMAXでの検索結果一覧です。ENERMAXを含むATX規格電源のPC総合通販サイトです。5,000円以上のお買い上げで【送料無料】(一部商品を除く)。パソコンショップも全国展開中です。

 

「衝撃に弱い」精密機器だからこそ大切にお届けします。

価格絞込み

価格絞込み解除×

円以上
円以下

通販のお問い合わせ先

ドスパラ通販センター
TEL:03-4332-9656
FAX:0467-79-8231
電話受付時間
平日:9:00-21:00
土日祝:10:00-18:00
ドスパラのパソコン保険

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。