ドスパラは365日毎日出荷!

※テスト確認用のページです。本番公開しないでください。
画像切り替えテンプレートは1つずつ確認してください。


[法人] 法人サーバー新製品 商品特長ページ

<!--[include file="5shopping/include/detail_prime/templates/include/server_biz_n4110-g2.tpl"]-->

製品写真

※製品写真の背面パネルや内部構成は実際の製品と異なります。また製品仕様は事前の予告なく変更になる場合があります。

第2世代 AMD EPYC 7002シリーズ搭載 1Uラックマウントサーバー

画像 第2世代 AMD EPYC7002シリーズ

驚異の64コア128スレッド対応。シングルソケットでデュアルソケット相当の性能を実現。スケールアウトコンピューティング、幅広いワークロードに最適な高性能を提供します。

ストレージベイ サイズ、冗長電源の有無で3モデルを提供。用途に合わせた柔軟な構成が可能です。

- N4110-G2-PS4 3.5インチ x4 ホットスワップベイ SATA/SAS 通常電源
- N4110-G2-RS4 3.5インチ x4 ホットスワップベイ SATA/SAS 冗長電源
- N4110-G2-RS12-U 2.5インチ x12 ホットスワップベイ SATA/SAS/NVMe

第二世代 AMD EPYC 7002シリーズ

第2世代 AMD EPYC7002シリーズ

第2世代 EPYC 7002シリーズは、第1世代 EPYC7001と比較して最大2倍のパフォーマンスと4倍の浮動小数点演算機能を提供します。8個のZEN2 CPUコアを搭載したダイを最大8個搭載し、新たにPCI Express Gen4のコントローラ、8チャネルのメモリコントローラを一つに集約したI/Oダイを接続。8コア×8ダイで最大64個のCPUコアを単一のCPUパッケージに搭載。

7nmプロセスZEN2アーキテクチャで製造され、分岐予測改良、FPユニット強化、L3キャッシュ増加によりシングルスレッド及びマルチコア性能が向上。CPUダイ、ソケット間を接続する「Infinity Fabric」の速度が改良されており、第1世代 EPYCの10.76GT/sから、第2世代 EPYCでは18GT/sに向上しました。

【主な特徴】
・7nmプロセス「ZEN2」アーキテクチャ
・CPUパッケージ上に8つのプロセッサダイと単一のIOD(I/O Die)を集約
・最大64コア128スレッド対応
・CPUダイ、ソケット間を接続する「Infinity Fabric」速度が10.7GT/秒から18GT/秒へ向上
・DDR4-3200メモリ対応 CPUあたり最大4TB
・PCI Express 4.0対応
・セキュアチップ搭載

3.5インチ x4 ホットスワップ ベイモデル N4110-G2-PS4

N4110-G2-PS4

最大4台の3.5インチまたは2.5インチのホットスワップSATAおよびSASドライブと1つのM.2 22110 SSDを備えた柔軟なストレージ設計

2.5インチ x12 ホットワップベイ モデル N4110-G2-RS12-U

N4110-G2-RS12-U

最大12台の2.5インチのホットスワップSATA、SASおよびNVMeドライブと1つのM.2 22110 SSDを備えた柔軟なストレージ設計

Platinum PSUのサポート

80 Plus platinum

通常電源モデルと冗長電源モデルの2種類から選択可能。
92%以上の効率の650W 80 Plus Platinumの電源は、運用コストと設備投資を削減します。

- N4110-G2-PS4 通常電源
- N4110-G2-RS4 冗長電源モデル
- N4110-G2-RS12-U 冗長電源モデル

PCI-Express 4.0対応

AMD 第2世代 EPYC™はサーバープロセッサーとして初めてPCIe 4.0をサポートしました。PCIe 4.0は、PCIe 3.0の2倍の16GT/sを提供し、PCIeレーン数は128レーンがサポートされます。GPUアクセラレーター、NVMeドライブに高速で接続できます。

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら