365日、毎日出荷!!最短翌日出荷のパソコン通販 ドスパラ

iPhoneのバックアップ方法を「iTunes(Finder)」や「iCloud」など使用する方法別にご紹介

iPhoneのバックアップ方法は「iTunes(Finder)」や「iCloud」を使う方法があります。どちらにもメリットデメリットがあります。
この記事では、iPhoneのバックアップ方法について、iTunesを使用する場合とiCloudを使用する場合をそれぞれの方法別にご紹介します。

iPhoneのバックアップの必要性

iPhoneのバックアップの必要性

故障などで修理に出す際、また買い替えで機種変更をする際などに事前にiPhoneのバックアップをしておいた方が安心です。
トラブルが発生した後での復旧は大変困難なものとなりますので、定期的iPhoneのバックアップはしておく方が良いでしょう。

iPhoneでバックアップができるデータの種類や、具体的な方法を知ることで、バックアップがすぐにできるように、具体的な方法紹介をしていきます。

iPhoneでバックアップができる主なデータ

iPhoneのバックアップは、iPhone上にあるデータのほとんどが対象となります。
バックアップできるデータは以下のようなものが例としてあります。

  • 写真や動画
  • iPhoneアプリのデータ
  • iPhoneの設定情報
  • ホーム画面・アプリの配置
  • メモやメッセージ
  • Apple Watchのバックアップデータ

次の章から、iPhoneでバックアップできるデータをそれぞれ具体的に解説していきます。

写真や動画

iPhoneで撮った写真・スクリーンショット・動画は、バックアップの対象となります。
こまめにバックアップをしておくことで、故障やデータの破損時に復元ができます。
iPhoneはカメラの画質もよく、デジタルカメラ代わりに使っている方も多いでしょう。
この記事で紹介するバックアップ方法を参考に、バックアップすることをおすすめします。

iPhoneアプリのデータ

普段使用しているアプリについても、バックアップが可能です。
ほとんどの場合、アプリとアプリ内で使用しているデータは、バックアップが可能です。
純正メモアプリはもちろんのこと、PDFの閲覧アプリに保存したPDFデータなども対象です。

iPhoneの設定情報

iPhone自体の設定もバックアップが可能です。
ダークモードの設定や着信音・通知の設定など、こまかなところまで保存されます。
万が一iPhoneが壊れてしまったとしても、バックアップから同じ設定を引き継ぎ使用することができます。

Apple Watchのバックアップデータ

Apple Watchのデータは、自動的にiPhoneにバックアップされています。
そのバックアップデータも、iTunesやiCloudにバックアップすることが可能です。
そのため、Apple Watchの設定も引き継ぎが簡単にできるようになっているといえます。

iTunesやFinderを使ったコンピュータでのiPhoneのバックアップ

iPhoneのバックアップにコンピュータを用いる場合、iTunesやmacOSの新しいバージョンの場合Finderというソフトを使ってiPhoneをバックアップをします。
特にiTunesは音楽再生ソフトとして有名ですが、iPhoneのバックアップだけではなく、その他のApple製品のバックアップにも利用できます。

iTunesは無料でダウンロードし利用できるため、Windows 10またはMac(macOSのバージョンによってはFinder)があればiPhoneのバックアップができます。

Macの場合、「macOS Catalina 10.15」以降は「Finder」を使ってバックアップをします。
「macOS Catalina 10.15」以降ではiTunesというアプリはなくなっています。
(※iTunesの機能にあたるアプリは「ミュージック」と言う音楽に特化したアプリや、その他のアプリに分散されています)。
Finderの機能でiPhoneのバックアップを行う仕様に変更されている状態となります。
基本的な操作感はiTunesの場合と変更されていませんので、iTunesのバックアップ方法を理解しておけば問題無いでしょう。

iTunesやFinderを使うiPhoneのバックアップのメリット

iTunesやFinderを使うメリットは、Wi-Fi環境がなくてもバックアップができることにあります。
コンピュータとケーブルが接続されていれば、それだけで、バックアップが可能となります。
他にiCloudを使ったバックアップ方法もあります。
回線の速度にもよりますが、ケーブルが接続されている事でiTunesでのiPhoneのバックアップのスピードの方が速いです。

iTunesを使うデメリット

iTunesを使うデメリットは、PCの容量を圧迫してしまう可能性がある点です。
SSD搭載のコンピュータの場合、容量自体が少ない機種も多く存在します。
iPhone自体は大容量化している傾向もあり、バックアップを行うことで、PCの中身がiPhoneのバックアップデータで埋まってしまう可能性もあります。
定期的にコンピュータの容量自体の管理も行いながら利用する必要があります。

iTunesを使ったコンピュータでのiPhoneのバックアップの手順

コンピュータを用いたiPhoneのバックアップ方法を紹介します。
ここではWindows 10の画面の例でiTunesを使ったバックアップ方法を紹介していきます。

※Mac版のiTunesでも基本は同じです。
※macOS Catalina 10.15以降を利用している場合には、Finderでバックアップすることになります。
使うアプリは異なりますが、操作の方法は共通です。
本記事の手順を参考にすることで、バックアップが可能です。

iTunesのダウンロード(iTunesの導入をしていない場合)

まずは、iTunesのダウンロードが必要です。


Windows 10の場合

Microsoft Storeで無料ダウンロードができます。
Microsoft Storeはこちら


macOSの場合(※macOS Catalina 10.15以降はFinderなので不要)

アップル・サポートのページより「 iTunes for Mac」がダウンロードできます。
アップル・サポートページはこちら


ここではWindows 10でのダウンロード「Microsoft Store」でのダウンロードの例を紹介していきます。
Microsoft Storeの右上にある検索窓に「iTunes」と入力します。
候補の一番上にあるiTunesをクリックしてください。

Microsoft Storeの右上にある検索窓に「iTunes」と入力します。

Microsoft Storeの右上にある検索窓に「iTunes」と入力します。(拡大)


iTunesのページに移動したら、赤印の部分をクリックします。
インストールが完了すると、「起動」の文字に変わります。
実際に起動してみましょう。

インストールが完了すると、「起動」の文字に変わります。


インストールが完了すると、「起動」の文字に変わります。(拡大)

iTunesの起動とiPhoneとの接続

iPhoneとコンピュータを接続しiTunesを起動すると、PC・iPhoneどちらにも接続した端末への許可が必要になります。
コンピュータ側は、一度「続ける」をクリックすれば設定完了です。

コンピュータ側は、一度「続ける」をクリックすれば設定完了です。


iPhone側は、合計2回接続のために操作する必要があります。
以下のように「写真やビデオ」へのアクセス許可を求める画面がでますので、「許可」をタップしましょう。

以下のように「写真やビデオ」へのアクセス許可を求める画面がでますので、「許可」をタップしましょう。


その後、コンピュータの信頼をタップします。
「信頼」にしないと、コンピュータからiPhoneへのアクセスができず、バックアップが完了しません。

「信頼」にしないと、コンピュータからiPhoneへのアクセスができず、バックアップが完了しません。

iTunesの「iPhoneマーク」アイコンからバックアップ設定画面へ

コンピュータ側のiTunesの画面が「ようこそ画面」に戻ったら、左上にあるiPhoneマークをクリックします。

コンピュータ側のiTunesの画面が「ようこそ画面」に戻ったら、左上にあるiPhoneマークをクリックします。

設定画面からバックアップを行う

設定画面では、バックアップの方法やその他オプションを選択できます。

設定画面では、バックアップの方法やその他オプションを選択できます。

「今すぐバックアップを作成」で手動でバックアップを行う

手動で即バックアップをしたい場合は、手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが即開始されます。

手動で即バックアップをしたい場合は、手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが即開始されます。

定期的なバックアップの自動作成

自動的にコンピュータにバックアップをする場合には、「このコンピュータ」にチェックを入れてください。

はじめはiCloudでバックアップする設定になっています。
これでコンピュータにバックアップ作成が可能となります。

自動的にコンピュータにバックアップをする場合には、「このコンピュータ」にチェックを入れてください。

iCloudを使ったiPhoneのバックアップ

iPhoneを使っていると、「iCloud」という名前をよく見かけると思います。
iCloudは、Appleがユーザーに提供しているクラウドストレージです。
クラウドストレージとはインターネット上の安全なデータの保管場所と考えてください。

iCloudには、無料プランで5GBまでの容量が保存できます。
iPhoneをバックアップをする際、Wi-Fiなどのインターネットを利用していれば、iCloudにバックアップが可能です。
iCloudに保存されたiPhoneのバックアップデータは、常に暗号化でセキュリティーを高めた上で保存されます。

iCloudを使うメリット

iCloudを使うメリットは、気軽にバックアップができる点です。
Wi-Fi環境さえあれば、毎日自動でバックアップすることもできます。
そのため、自動でiPhoneをバックアップしたい場合、iCloudのメリットが最大限に活かせるでしょう。

iCloudを使うデメリット

iCloudを使うデメリットは、無料で利用する場合にはiPhoneのバックアップ容量が小さいことです。
多くの動画や画像をiPhoneに保存している場合、5GBでは足りなくなってしまうことがあります。
その場合、iCloudの容量を上げるため、有料プランに加入しないとバックアップが完了しなくなってしまいます。

現在販売中のiPhoneの容量を考えると、無料でのiCloudの5GBの状態では心もとない可能性が高いです。
必要に応じて、iCloudの有料プランの検討もしてみましょう。

iCloudを使ったiPhoneのバックアップ方法の手順

ここからは、実際にiCloudを使ってiPhoneをバックアップする方法を解説します。
以下の手順に従ってバックアップをしてみましょう。

ホーム画面を開き「設定」アプリをタップ

ホーム画面を開き「設定」アプリをタップ

ホーム画面に「設定」アプリがない場合には、以下の手順で「設定」アプリを開いてください。
ホーム画面で左にスワイプします。
スワイプすると、アプリの一覧・検索画面が出てきます(※iOS 14以上)。
検索窓に「設定」と入力すると、「設定」アプリがありますので、タップしてください。

検索窓に「設定」と入力すると、「設定」アプリがありますので、タップしてください。

一番上の自分の名前(ニックネーム)をタップ

設定画面では、名前とアイコンが並んでいる部分をタップします。
ここに出ている名前は、iPhoneを購入したときに設定した「Apple ID」の名前です。
本名の場合もあれば、ニックネームなどを設定して方もいるかもしれません。

設定画面では、名前とアイコンが並んでいる部分をタップします。

Apple IDの画面で「iCloud」をタップ

Apple IDの画面に移ったら、雲のアイコンの「iCloud」をタップします。

Apple IDの画面に移ったら、雲のアイコンの「iCloud」をタップします。

バックアップしたい項目が「オン」になっているか確認

iCloudの画面では、「iCloudを使用しているApp」より、バックアップするデータを選ぶことが可能です。
画面ではSafariのみオンになっています。
必要に応じて、バックアップしたいデータをオンにしてください。

必要に応じて、バックアップしたいデータをオンにしてください。

iCloudバックアップに進む

バックアップの項目が確認できたら、「iCloudバックアップ」をタップします。

バックアップの項目が確認できたら、「iCloudバックアップ」をタップします。

「今すぐバックアップを作成」で手動でバックアップを行う

そのまま手動バックアップを開始したい場合は
「今すぐバックアップを作成」をタップすればバックアップが作成されます。
「今すぐバックアップを作成」の下には、バックアップがされた最後の日時が表示されます。

「今すぐバックアップを作成」をタップすればバックアップが作成されます。

定期的なバックアップの自動作成

自動で今後バックアップを行いたい場合は「iCloudバックアップ」をオンにします。
以下の条件の際に自動でバックアップが実施されるようになります。

  • 電源に接続
  • iPhoneの設定情報
  • ロック中
  • Wi-Fiに接続

自動で今後バックアップを行いたい場合は「iCloudバックアップ」をオンにします。

以上の設定でバックアップが作成されます。
この後は、定期的にバックアップされるため、基本的には手動でバックアップする必要はありません。

まとめ

iPhoneのバックアップ方法について、iTunesやiCloudを使ったバックアップなどのタイプ別に紹介をしてきました。
iCloudでのバックアップの方がケーブルなども不要で、手間は少ないのですが、iCloudのストレージ容量の面では有料化を検討する必要があるなど、どちらもメリットデメリットがあります。
バックアップは正常に使用する際に、定期的に取っておいて、故障などの際に役立てるように準備をするようにしましょう。

投稿日:

タワーパソコン人気ランキング

ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら