ドスパラは365日最短翌日出荷!

オンラインストレージ「OneDrive」とは?

マイクロソフトのオンラインストレージ「OneDrive」はネットワーク上にファイルを保存し、どこからでもアクセスできるようになる便利なサービスです。ここでは「OneDrive」とはどのようなサービスなのか解説していきます。

OneDriveってなんだろう?

大事な仕事のデータや大切な家族との思い出の写真。こうしたデータはどこに保存していますか? これまでは手元のパソコンや外付けのHDDなどに保存していた人が多いのではないでしょうか。
しかしそうした方法ではパソコンやHDDが故障してしまうとデータが失われてしまう可能性があります。
そこで今注目されているのが「オンラインストレージ」と呼ばれるもので、マイクロソフトの「OneDrive」はそうしたサービスの一つです。
「オンラインストレージ」とはネット上にデータを保存できるサービスの事を指します。

OneDriveネット上にデータを保存するサービス

OneDriveでは手元のパソコンだけでなくインターネット上にあるマイクロソフトが用意したサーバー上にもデータを保存できます。
このため万が一パソコンが壊れて手元のデータが読み込めなくなってもOneDrive上に保存しておいたデータはそのまま使うことができます。
特にOneDriveはWindows OS環境において自動でデータが保存・更新され、非常に使い勝手が良いことが特徴です。
Windows 10ではOneDriveアプリが標準でインストールされているため、手間なく使い始められるのも嬉しい点です。

OneDriveの使い方は簡単です。普段パソコンを使うのと同じ要領でOneDriveフォルダを使えば良いだけです。
OneDriveフォルダに保存したデータは自動的にOneDriveサーバーにも送られ、常に最新のデータをパソコン上とOneDrive上に置いておくことができます。
このためわざわざ自分でバックアップを取る必要がありません。

OneDriveは他の人とデータを共有するのも簡単

OneDriveのメリットはバックアップだけではありません。
データがネットワーク上にあるので、インターネットで繋がってさえいれば別々のパソコンで常に同じデータを使って作業することもできます。
わざわざUSBメモリなどでデータを持ち歩く必要はありません。
OneDriveはパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどにも対応しておりスマートフォンで撮影した写真や動画のファイルも自動的に保存できます。
紛失や落下による破損などのリスクがパソコンより高いスマートフォンにも安心なサービスともいえます。
また、データを他人と共有することも簡単です。OneDrive上で共有用のリンクを作成することで友人や他の人にOneDrive上のデータを公開することができます。

OneDriveが使えるOSはWindowsのみ?

OneDriveはMicrosoftが提供しているオンラインストレージです。
このように聞くと「OneDriveはmacOSでは使えないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そこでOneDriveに対応している端末を調べましたので、以下に記載いたします。

・Windows 7/8.1/10搭載のパソコン
・Windows Server 2008 R2~2019
・macOS 10.12以降搭載のMac
・iOS11.3以降搭載のiPhone/iPad/iPod touch
・Android OS 6.0以降搭載のスマートフォン/タブレット

OneDriveはmac OSも含め、スマートフォンでも利用できます。
そのため、Windowsパソコンで作業したファイルをOneDriveに保存し、iMacで画像を編集したり、外出先からスマートフォンで確認するといった利用方法が可能となります。

OneDriveは無料で使える?

非常に使い勝手の良いオンラインストレージであるOneDriveですが、料金はどのようになっているのでしょうか?
OneDriveは無料でも利用できますが無料で利用できる容量は最大5GBです。
有料のプランを利用することで保存可能な最大容量を増やすことができます。
100GBに増やすと1ヶ月あたり224円ですが、「Microsoft 365 Personal」の利用契約をすると1ヶ月あたり1,284円で1TB(1000GB)に増えます。
ちょっとしたファイルの共有なら5GBでも十分ですが本格的にファイルをバックアップしたいのならOfficeアプリも使えるようになる1TBのコースも検討してみるといいかもしれません。

以下に料金プランをご紹介します。

・5GB:無料
・100GB:224円/月
・1TB:\1,284 /月Microsoft 365 Personal (旧称 Office 365 Solo)

※2020年6月3日現在の価格です。


このようにOneDriveは個人としてバックアップや外出先でのデータ利用が便利になるだけでなくビジネスに活用すれば効率的にファイルの共有をすることもできます。ただし、商用利用する場合は「OneDrive for Business」もしくは「Office 365 Business」などの契約が別途必要となります。個人用は無料でも使えますのでまずは体験しその使い勝手を試してみてください。

更新日:
投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    Radeonグラフィックス内臓!動画編集も快適
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    i7-8700搭載でマルチに使えるスリムPC
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

新定番RTX2070Super搭載。人気No.1ゲーミングPC


(+税)~

8コアCPU&GTX1660Super搭載で処理速度に優れたモデル


(+税)~

3Dゲームから動画閲覧まで、幅広くパソコンを楽しみたい方におすすめ


(+税)~

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら