365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

パソコンでゲームを楽しむ人は必見! 「フレームレート」と「液晶ディスプレイ」の関係

パソコンでゲームを楽しみたいのなら「フレームレート」について知っていて損はありません。フレームレートは一般的にゲームが快適に動作するかどうかの指標になります。またフレームレートと液晶ディスプレイも密接な関係性があります。ここではこれらの2つの要素について説明していきます。

フレームレートが高いほど表示が滑らかに

パソコンでゲームを楽しむ場合、押さえておきたい知識の一つが「フレームレート」です。

パソコンが表示する画面の原理はアニメーションと似ています。少しずつ変化している静止画を高速で連続表示することで映像が動いているように見せているのです。パソコンでもアニメーションと同じように1枚1枚静止画を描画しています。

この1枚ごとの静止画を「フレーム」と呼び、それを1秒間にどのくらい連続表示するかということを「フレームレート」と呼びます。単位はfps(frame per second)です。この数値が高ければ高いほどフレームの数が増えるので表示される映像はより滑らかに表示されます。

たとえば30fpsでは1秒間に30回、60fpsでは1秒間に60回画面を書き換えています。同じ動きを表示する場合でも30fpsと60fpsでは60fpsのほうが2倍のフレームを表示しているためより動きが滑らかに見えるのです。

ゲームでフレームレートが重要な理由は?

フレームレートが特に影響するのはパソコンゲームで主流となっているポリゴンを使った3Dグラフィックスのゲームです。そしてフレームレートはゲームごと、パソコンの性能ごとに異なります。

処理が重たいゲームでは高性能パソコンを使っても60fpsが限界な場合もあれば処理が軽いゲームでは性能の低いパソコンでも60fpsを出すことも可能です。

しかも同じゲーム中のシーンによってもフレームレートは頻繁に変わります。3Dグラフィックスゲームではゲーム中に登場するオブジェクト、たとえば建物や木、人間などを同時に描写する数が増えれば増えるほど複雑な描写が増えるためパソコンの処理が重くなっていきます。

ですので敵のキャラが少ないうちは軽いけれど、敵が同時にたくさん出現しあちこちで爆発が激しくおこり味方の援軍まで押し寄せてきた、などという場合には描写するオブジェクトが膨大になり30fpsどころか20fps、10fpsへと落ちることも珍しくありません。

フレームレートが低くなるほどゲームの画面はコマ送りの映像になって行きます。この数字が低ければ低いほどゲームの操作は困難になりプレイに支障が出てきます。逆にこの数字が高く安定しているほど映像は滑らかでゲームのプレイも快適になると言って差し支えありません。

フレームレートを上げるには? フレームレートの理想値は?

フレームレートはパソコンの性能を上げることで上昇させることができます。主にグラフィックカードやCPUの性能、メインメモリの容量などが大きく関わってきますが特に重要なのがグラフィックカードの性能です。

最近ではCPUにグラフィック機能が内蔵されている安価なパソコンが多いですが3Dゲームをメインに遊ぶなら高性能なグラフィックカードを搭載したパソコンが必要です。性能に余裕ができれば20fps、10fpsという極端にフレームレートが下がることを防ぐことにもなります。

パソコンの性能を上げなくてもフレームレートを上げる工夫もできます。フレームレートを上げるためにはパソコンへの負荷を下げれば良いので、画面の解像度を下げたり、ゲーム内で同時表示される物体の数を減らしたりテクスチャレベルを下げたりするなどゲーム内の設定で描写関連の設定を低く設定すれば良いのです。簡単に言うとゲームの描写の美しさとトレードオフでフレームレートを上げることができるということになります。

人間が認識できるフレームレートは60fpsまでとも言われています。といってもこれには諸説あり個人差も大きいです。ただ一般的には平均して60fps程度を維持できる状態であればゲームのプレイに支障は出ないでしょう。

フレームレートと密接な関係にある液晶ディスプレイの性能

液晶ディスプレイの性能もフレームレートと密接な関係があります。現在の一般的な液晶ディスプレイでは60fpsまでの表示が限界であることが多いのです。実は液晶ディスプレイに表示できるフレームレートには限界があります。

液晶ディスプレイ側の限界を表す言葉は「リフレッシュレート」と呼びます。こちらは液晶ディスプレイが1秒間の間に何回画面を更新できるかを示す数値で「Hz(ヘルツ)」で示されます。

ややこしいのですが、パソコンで表示可能なフレームレートの数値と液晶ディスプレイで表示可能な限界数は別なのです。現在の液晶ディスプレイでは60Hzのものが一般的です。

パソコンのフレームレートがゲーム内の状況によって高くなったり低くなったりするのは先ほど説明しましたが、液晶ディスプレイ側のリフレッシュレートは常に一定です。ですから60Hzの液晶ディスプレイは常に1秒に60回画面を書き換えていることになります。

リフレッシュレートが60Hzの液晶ディスプレイを使った場合、パソコンが120fpsを表示できる性能を持っていたとしても液晶ディスプレイでは60fpsまでしか表示できません。つまり人間の目には60fpsまでしか見えません。

ただし、だから無意味という訳ではなく上記でも述べたようにパソコンの性能の余力があるほうが60fpsよりフレームレートが下がるリスクを下げることができます。ですから液晶ディスプレイの性能とは関係なく、パソコンの性能は高いほうが有利なのが原則です。

より高いリフレッシュレートを可能にしたゲーマー向け液晶ディスプレイも

最近では「ゲーマー向け」の液晶ディスプレイというものも販売されており、そうした製品では144Hz、120Hzという一桁上のリフレッシュレートを実現しています。これなら60fps以上の表示能力を持ったパソコンでもきちんと性能に見合った表示ができます。本格的なゲーミングパソコンを導入する際には検討してみても良いかもしれません。

おすすめ液晶モニター一覧おすすめ液晶モニター一覧


このようにフレームレートはゲームの快適さと直結する重要な要素です。「ゲームが重い気がする」と思った時にはフレームレートがどの程度でているのかチェックしてみると良いかもしれません。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    Radeonグラフィックス内臓!動画編集も快適
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    i7-8700搭載でマルチに使えるスリムPC
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

5位以降を見る

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。