ドスパラは365日最短翌日出荷!

Intel Core i7は本当に必要?

「インテル、入ってる?」のイメージでおなじみのIntel Core iシリーズ。
その中でも高性能・高機能で評判のIntel Core i7シリーズはオンライン3Dゲームをされる方やAdobeシリーズのソフトウェアを駆使して、クリエイティブなお仕事をされている方にとっては喉から手が出るほど欲しい優れものです。
今回はIntel Core i7シリーズについて、ご紹介いたします。Core i3/i5/i7の違い

Intel Core i7とは??

近年、オンライン3Dゲームにおいて、グラフィック技術が向上しているため、高い負荷を伴うゲームが大半です。
そんな、超高速とピーク性能を網羅しているのが、Intel Core i7シリーズです。

Intel社のハイパースレッディング・テクノロジーが生み出したCore2プロセッサーのマルチタスク機能を強化されたため、
高解像度の3D画像や高機能ビデオ・写真の編集がたやすくなります。
主にクリエイターやゲーマーに愛されるシリーズといえます。

最近では2つ以上のモニターを使用して、ゲームを楽しむ、クリエイティブ作業をされる方も少なくありません。
そのため、2つ以上のモニターを使用する場合はCore i7シリーズを使用したほうが良いでしょう。

現在、パソコン用のCPUは、インテルとAMDで世界シェアを2分しています。 インテルのCPUのうちメインストリームを構成しているのがCoreシリーズで、処理能力によって以下のように分かれています。

  • Core i9(最上位)*上位版のCore i9 Extremeシリーズもある
  • Core i7(ハイエンド)
  • Core i5(ミドルレンジ)
  • Core i3(エントリー)

他に、廉価版のCeleronやエンタープライズ向けのXeonなどもあります。

この中で、Core i7はハイエンドに位置付けられるもので、画像や動画の編集処理やゲームなど高速な処理に向いています。

おすすめIntel Core i7一覧おすすめIntel Core i7一覧

Core i7にはどんな種類がある?

単にCore i7と言っても、いくつかの種類があります。

CPUには世代があり最新世代の方が速く、また規格が変わることもあります。現行のCore i7は第10世代(Ice Lake/Comet Lake-S)で、それに至るまでのラインナップは以下の通りです。

CPU名称 Core i7-10700Ki7-9700Ki7-8700Ki7-7700i7-4770i7-4790i7-4790i7-3770i7-2600
世代 第10世代第9世代第8世代第7世代第4世代第4世代第4世代第3世代第2世代
キャッシュ 16MB8MB8MB8MB8MB8MB8MB8MB8MB
コア数 886444444
スレッド数 16812888888
最大クロック*
ターボブースト
利用時のクロック
5.10GHz4.90GHz4.70GHz4.20GHz3.90GHz4.00GHz4.00GHz3.90GHz4.20GHz

その他のモデルとは何が違う?

Intel Core i7シリーズは、その他のモデルと「コア数」「周波数」「スレッド数」などで差があります。
そのため他のシリーズではスムーズな処理が難しい3Dゲームやマルチメディアを得意としています。
Adobe社のPhotoshop、illustrator、Premiereなどの画像及び動画編集用ソフトを複数お持ちの方、同時に立ち上げ、作業を行う方にはおすすめです。

価格は高額!!

そんなIntel Core i7シリーズは高性能・高機能だけあって高額です。
価格は4万円台から10万円台からが多いです。
価格と機能性のバランスを重視したIntel Core i3シリーズであれば、2万円以内で購入できるため、その金額に見合った作業をしないのであれば、宝の持ち腐れとなってしまいます。

Intel Core i7シリーズは必要?

とはいえ、お仕事で動画や写真などの編集をされている方もいらっしゃいますが、必ずしもIntel Core i7シリーズでなければいけないかというとそうではありません。
動画編集やエンコード、オンラインゲームでもIntel Core i5シリーズであれば、問題ありません。

またIntel Core i7シリーズではなく、Intel Core i5を購入することで費用を浮かせ、SSDを購入することでIntel Core i7シリーズに負けない処理を生み出すこともできます。
コストパフォーマンスの観点でいえば、Intel Core i7とHDDよりもIntel Core i5+SDDの方が良い可能性があります。
予算と必要としているタスクをきちんと整理すれば、Intel Core i7シリーズでなくても十分なパフォーマンスを発揮することができます。


Intel Core i7シリーズは次世代デスクトップ、ノートパソコンを意識した最新モデルですが、その分、高額になりがちです。
工夫次第ではIntel Core i5シリーズとSSDを組み合わせることで処理能力は向上できます。
実現したいタスクと必要予算をきちんと整理して、余分なお金を使わないようにしましょう。

第10世代 インテル® Core™プロセッサー (Comet Lake-S) 特集はこちら
第10世代 インテル® Core™プロセッサー (Comet Lake-S) 特集はこちら

更新日:
投稿日:

Intel CPU 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら