365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

SATAカード増設でコネクタ不足を解消!

IntelからB2ステッピングなのでSATA2部分を外したという潔いマザーボード、 「DH67VR」が発売されました。 

SATAが全部で2ってのは少ないかも。そういえばこのマザーボードに限らない話だけど、SATA不足を補うために増設カード付けた場合、速度はどうなるの?

それなら、増設カードをちょっと見てみましょうか。

製品2種類

という訳で、お手軽なSATAカードを2種類用意しました。
玄人志向:SATA3I2-PCIe(SATA3.0)
BUFFALO:IFC-PCI2SA(SATA1)

どちらも2ポートを増設可能です。 

PCI接続のって使う?

MicroATXマザーボードはPCI-E x1が1つしか無い製品が多いです。
もしTVチューナー等を増設していると、空いているスロットはPCIだけですから。 実際こういった製品はまだまだ需要があります。

なるほど。

玄人ドライバCD

なお、SATA3I2-PCIeのドライバCDには、インストールメニューがありません。
「SATA6G_M9128」フォルダ内のセットアップファイルを実行してください。

BUFFALOドライバCD

IFC-PCI2SAは、メニュー画面で「IFC-PCI2SAのセットアップ」を開始して、あとは指示通りに進めるだけね。

使用PCは、せっかくなのでSATA3.0が無いH61環境を用意しました。
ここにカードを足すとちゃんと高速環境が作れるかに注目。 
マザーボード:H61 MicroATX
CPU:Core i5 2300
Memory:PC3-10600 2GB×2
OS用ハードディスク:WD1002FAEX
OS:Windows 7 Ultimate

チェック用ドライブは、 
HITACHI HDS723020BLA642
Intel 510 120GB

です。なお、今回のチェックは、
・CrystalDiskMark 3.01a
・ATTO Benchmark 2.46

のみとなります。 

HITACHI HDS723020BLA642

オンボードSATA2

オンボードSATA2_HDD

SATA3I2-PCIe(SATA3.0)

玄人SATA3_HDD

IFC-PCI2SA(SATA1)

BUFFALO_SATA_HDD

Intel 510 120GB

オンボードSATA2

オンボードSATA2

SATA3I2-PCIe(SATA3.0)

SATA3I2-PCIe(SATA3.0)

IFC-PCI2SA(SATA1)

BUFFALO_SATA_SSD

SATA3.0カードだと、SSDで350MB/s出るわね。

Intel 510の紹介時でも計測していますが、Marvell等のPCI-E x1接続のSATA3.0チップは、 約350MB/sが上限ですので十分な結果かと。

※Intel 510の紹介記事はこちら!

オンボードSATA3.0の様に400MB/s以上は出ないの?

PCI-E x1では、Gen2接続でも帯域が500MB/sです。SATA3.0本来の600MB/sには及ばないため少し遅くなる模様。

ただし、WriteはSATA2やオンボードでMarvellチップを搭載しているマザーボードより遅いですね。

ハードディスク・SSD両方で同じ傾向ですので、少しでもReadが速い方が良いドライブはSATA3.0カード、Write重視ならSATA2にどうぞ。

なお、本製品に限らず、PCI-E x1用のSATA3.0カードをGen1のスロットに取り付けると速度は大幅に落ちます。

※USB3.0増設カードも同様です。

これはC300紹介の時と同じ理由ね? 

※C300採用SSDの紹介記事はこちら!

X58(PCI-E x1 Gen1)接続時

HITACHI HDS723020BLA642

玄人SATA3_HDD_Gen1

Intel 510 120GB

玄人SATA3_SSD_Gen1

です。PCI-E x1 Gen1は帯域が250MB/sしか無いので、オンボードSATA2よりも遅くなると。

ハードディスクはWriteが40MB/s低下で、高速なはずのIntel 510は……。

ご覧の通りですので、増設時はPCI-E x1の仕様を予めご確認下さい。

※PCI-E x4スロットがある製品なら、そちらに取り付ければほぼ大丈夫です。
ただし、SLI・CF用のPCI-E x8・x16に取り付けると、製品によってビデオカードの帯域がx8に減る事があります。

PCIのSATA1カードについては、これくらいで問題ないよね?

SATA1は理論上150MB/sでも、PCIスロットは133MB/sですからね。

ただ、カードとして問題なくても実際100MB/sまで落ちるし、使い道はどうするかな。

テレビ録画データの保存用ドライブとかはどうです?
Read・Write共に35MB/s前後の外付けUSB2.0接続ハードディスクでも問題ないですから、Read:100MB/s、Write:70MB/sなら余裕です。

基本的に起動用ドライブはオンボード、データ専用ドライブはPCIカード側という事で。

※さらに古いマザーボード(チップセット)では、速度が落ちる可能性があります。

あと、カード側に取り付けたドライブをOS起動用にしたい場合は……。

ジャンパ

IFC-PCI2SAの場合、カード上のジャンパピン変更が必要ですぞ。

※写真はデフォルト状態(起動不可)です。起動用への変更は、ピン1-2に繋げてください。

SATA3I2-PCIeは、H61は可能でしたがX58で起動用不可でした。

今回見たX58はオンボードMarvell SATA3.0も搭載するので、そちらだけ認識しているのかも。
とにかく起動用に出来ないマザーボードもある点をご注意下さい。

という訳でチェック完了。

SATA3.0カードはReadが速いですね。PCIは速度相応ですが、データ用なら十分、というところでしょうか。

オンボードと増設のどちらにつなげるかは、使用ドライブ(の速度)や用途でお選び下さい。

そういえば家のP67はまだ交換してないですわ。GWに交換予定ですが、外すのきつい……。
SATA2に繋げている分は今回の増設カード買って対応するかな……。

なるべく交換をお願いしたいけれど、どうしようもなく外せないならやむを得ないかと。

いやいや、そのままSATA2を使って症状チェックをどうぞ。結果はご報告お願いします。

……。

私も手伝いたいですが、2枚とも交換済みでチェックできないのが残念です^^

あんたは鬼か><

今回ご紹介した製品

玄人志向:SATA3I2-PCIe
BUFFALO:IFC-PCI2SA

更新日:
投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。