9/25午前10時までパソコン全品 送料無料!ドスパラは3連休も最短当日出荷!

※この記事は価格.comで掲載されたレビュー記事を転載しています。

550Wから750Wまで3種類の
電源容量をラインアップ

自作PCを組み立てる際、重視するパーツといえば何を思い浮かべるだろうか? PCの頭脳となるCPU? グラフィックを滑らかに描画するためのグラフィックボード? もちろん、それらのパーツが重要であることに間違いはないが、このほかにもおろそかにしてはいけない大切なパーツがある。それが電源ユニットだ。電源ユニットは各パーツに電力を供給する重要な役割を担っており、人間の体にたとえれば、血液を循環させる“心臓”のようなもの。だからこそ、安定して電力を供給できる信頼性の高いモデルを選ぶ必要がある。

そんな電源ユニットとして注目したいのが、PCショップ「ドスパラ」から発売されたオリジナル電源ユニットだ。本モデルは、自作パーツなどを多数取り扱っている「ドスパラ」と、電源ユニットメーカーとして定評のあるパーツメーカー、ENERMAXが共同開発したもの。「80PLUS Gold」認証を取得した電源ユニットとして評価の高いENERMAX「Revolution-X't II」をベースに、ブレードに付着したホコリを逆回転で吹き飛ばす冷却ファン技術「Dust Free Rotation (D.F.R)」を搭載することで、長期間の安定した冷却を実現した製品だ。

  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 「ドスパラ」とENERMAXが共同開発し、PCショップ「ドスパラ」だけで販売されるドスパラオリジナル電源ユニット。電源容量別に550W/650W/750Wの3モデルがラインアップされる。写真は550Wモデルの「ERX550AWT-DP」で、「80PLUS Gold」認証取得モデルの「ENERMAX GOLD」シリーズであることを誇示するかのように、筐体の側面にGOLDマークが施されている。その見た目はベースモデル「Revolution-X't II」と異なっている
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • ドスパラオリジナル電源ユニットの最大の特徴は、ENERMAXが特許を持つ、起動時に逆回転してホコリを吹き飛ばす冷却ファン技術「D.F.R」を搭載したこと。このファン技術は、ENERMAXの電源ユニットの中でもハイエンドモデルにしか採用されていないものだ
ドスパラオリジナル電源ユニット 主なスペック
型番 ERX550AWT-DP ERX650AWT-DP ERX750AWT-DP
本体サイズ 150(幅)×160(奥行)×86(高さ)mm
出力表
電源容量 550W 650W 750W
ピーク電力容量 605W 715W 825W
+3.3V 20A 110W 20A 110W 22A 120W
+5V 20A 20A 22A
+12V 45A 540W 53A 636W 62A 744W
-12V 0.3A 3.6W 0.3A 3.6W 0.3A 3.6W
+5Vsb 2.5A 12.5W 2.5A 12.5W 2.5A 12.5W
直付けケーブル
ATX24ピン 1本 1本 1本
EPS12V(4+4ピン) 1本 1本 1本
プラグインケーブル
PCI Express 6+2ピン
(2コネクター)
1本 計2
コネクター
2本 計4
コネクター
2本 計4
コネクター
Serial ATA
(4コネクター)
2本 計8
コネクター
2本 計8
コネクター
2本 計8
コネクター
ペリフェラル
(3コネクター)+FDD
1本 計3
コネクター
1本 計3
コネクター
1本 計3
コネクター

ラインアップは、上の表にまとめたとおり、550Wモデルの「ERX550AWT-DP」、650Wモデルの「ERX650AWT-DP」、750Wモデルの「ERX750AWT-DP」の3つ。CPU内蔵のGPU機能を使う場合やエントリークラスのグラフィックボードを利用する場合は550Wモデルを、ミドルクラスのグラフィックボードを利用する場合は650Wモデルを、「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」や「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」などを搭載したハイエンドグラフィックボードを利用する場合は750Wモデルを、と構築するシステムに合わせて選べる複数モデルがラインアップされている。

電源ユニットを購入する際に注意してほしいのは、組み込むパーツの最大消費電力の2倍を目安に電源容量を選ぶことだ。「なぜ2倍なのか?」と言うと、その理由は、電源ユニット内で行われるAC(交流)-DC(直流)の変換効率は負荷率50%あたりで最も効率が高まり、製品が長持ちするため。さらに、後にPCパーツを追加したり交換したりすることを見越して余裕を持たせておいたほうが、トータルコストが低く済むメリットもある。なお、電源ユニットにかかる負担は消費電力が増えれば増えるほど大きくなるので、システムの最大消費電力は電源容量の75%程度に収めるようにしたい。

  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • マザーボード用ATX24ピンとCPU用EPS12V(4+4ピン)のケーブルは筐体直付け。このほかは、必要なケーブル(「ERX550AWT-DP」の場合は、ペリフェラル+FDDケーブル1本、Serial ATAケーブル2本、PCI Express 6+2ピンケーブル1本が付属)だけを接続する「セミプラグイン方式」なので、すべてが直付けされたモデルに比べてケーブルマネジメントが楽だ。なお、ケーブルはフラットタイプのため、取り回しもいい
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 付属のワイヤーで電源ケーブルを固定する、ENERMAX電源ユニット定番の「コードガード」機能も搭載。不注意で足を引っかけ、PC使用中に電源ケーブルを抜いてしまった、といった事故を防げる

起動時に逆回転! ホコリを吹き飛ばす
冷却ファン技術「D.F.R」を搭載

ここからは、550Wモデル「ERX550AWT-DP」を用いて、ドスパラオリジナル電源ユニットの特徴を詳しくレビューしていこう。まず注目したいのは何と言っても、ENERMAXの冷却ファン技術「D.F.R」が備わった139mmの大型ファンだ。

「D.F.R」搭載ファンのメリットは、ホコリ対策にある。冷却用の空気とともに吸い込まれるホコリは、PCのような精密機器には実にやっかいで、ファンの軸に侵入すればファン故障の原因になるし、ファンブレードに付着するだけでも冷却不足を招き、電源ユニット全体の故障につながってしまう。そこでENERMAXが考え出したのは、起動時にファンを10秒間逆回転させ、ブレードに付着したホコリを吹き飛ばすという冷却ファン技術「D.F.R」。起動のたびにホコリを吹き飛ばすことで、ブレードへの付着を防ぎ、ファンの冷却性能を長期間しっかりとキープ。結果として、電源ユニットを長く使えるようにしてくれるのである。

  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 139mmの大型ファンは上部カバーに取り付けられており、電源ユニット全体に風を送ることで、しっかりと冷却を行う。また、ユニット内部の温度を測定し、ファンの回転数を自動制御する機能も備えている ※電源ユニットの分解は、製品保証が受けられなくなるうえ、感電の可能性もある行為です。絶対に行わないでください
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 冷却ファン技術「D.F.R」は、電源投入後の10秒間、ファンを逆回転させホコリを吹き飛ばし、その後は通常回転に戻し、電源ユニット内部を冷却する。なお、右写真は、6か月間ファンを動作させた後のブレードの写真だが、「D.F.R」が搭載されたファンのほうが明らかにホコリの付着が少ないのがわかる

また、耐久性や信頼性の面では、「Revolution-X't II」ゆずりの高性能パーツが力を発揮する。「ERX550AWT-DP」の回路は、垂直式の増設基板を採用することで、多くの部品が整然と配置されているうえ、電力を取り入れる1次側およびメイントランス部分にヒートシンクを装備することで、冷却性能が高められている。また、ユニット内部の主要部品であるコンデンサーをチェックしてみると、1次側と2次側の両回路に、この分野で最も品質が高いとされる日本メーカー製の耐熱105℃電解コンデンサーが採用されていた。これなら、すぐれた耐久性も期待できるだろう。

  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 「ERX550AWT-DP」の内部は、ファンで取り込んだ風がきちんと外部へ排出されるよう、ヒートシンクの向きが統一されるなど、エアフローもしっかりと確保されている
  • 1次側の電解コンデンサードスパラのオリジナル電源ユニット
  • 2次側の電解コンデンサードスパラのオリジナル電源ユニット
  • 電力を取り入れる1次側と、最終段階で平滑化を行う2次側の回路に、電解コンデンサーが用いられている。1次側に採用されていたのは、日本メーカー製の耐熱105℃電解コンデンサー。2次側には、同じく日本メーカー製の耐熱105℃電解コンデンサーが採用されており、こちらは平滑回路向けの電解コンデンサーとして定番のものだ
  • 2次側の固体コンデンサードスパラのオリジナル電源ユニット
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 2次側の固体コンデンサーには、台湾製のものが確認できた。固体コンデンサーは電解コンデンサーと異なり液漏れが生じるものではないので、ある程度、信頼性が担保された製品が用いられていれば十分だろう
  • メイントランスドスパラのオリジナル電源ユニット
  • PC内部で利用される+12V、+5V、+3.3Vという3つの電圧を生成するメイントランスは、大小3つのユニットで構成されている。周辺スペースにゆとりを持たせ、写真手前側にアルミニウム製ヒートシンクを備えた、冷却対策万全のレイアウトだ

検証してわかった確かな安定性と静粛性

続いては、価格.comスタッフの自作PCに「ERX550AWT-DP」を組み込み、その性能を検証していこう。とはいえ、電源ユニットの信頼性は長期にわたって使用することでわかるものなので、ここで行ったテストはあくまで簡易なものであることをお断りしておく。なお今回のテスト環境には、CPUに「インテル Core i7-7700Kプロセッサー」、グラフィックにハイエンドGPU「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」搭載ボードを組み合わせたデスクトップPCを用いている。最大消費電力は、550Wモデルの「ERX550AWT-DP」に対して60~70%程度の負荷となる350~400Wを想定した構成だ。

テストに用いたデスクトップPCの構成
電源ユニット ERX550AWT-DP
CPU インテル Core i7-7700Kプロセッサー(4.20GHz-最大4.50GHz)
メモリー DDR4-2400、8GB×2
マザーボード(チップセット) ATX(インテル Z270チップセット)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
ストレージ SSD 750GB(Serial ATA 3.0)
OS Windows 10 Pro 64bit

安定性をチェック!

まずは、電力の安定性を確かめるため、定番ストレステストプログラム「OCCT 4.5.0」と、グラフィック性能を測るためのベンチマークプログラム「3DMark」を用いて、システムに負荷をかけた際の+12V出力の電圧変動をチェックしてみた。計測した値は、マザーボードに入力された後の電圧となるため、厳密には電源ユニット単体の安定性ではなく、マザーボードを含めたシステムとしての安定性となるが、「ERX550AWT-DP」の性能を知るための参考にはなるだろう。

「OCCT 4.5.0」~「CPU:LINPACK」テスト実行時の電圧変動
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 「OCCT 4.5.0」の「CPU:LINPACK」テストは、CPUに大きな処理負荷をかけるテスト。このテストは、100%までCPU負荷(緑のライン)をかけるが、GPUなどへの負荷は小さいため、消費電力は100W程度のはずだ。「ERX550AWT-DP」にとってこの程度は低負荷であり、+12V電圧(赤のライン)は12Vをわずかに下回るラインで安定していた。瞬間的に12.1V近くに昇圧するところも見られるが、この程度はなんら問題ない
「OCCT 4.5.0」~「POWER SUPPLY」テスト実行時の電圧変動
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • CPUやグラフィックボードをはじめ、システム全体に高い処理負荷を連続してかける「POWER SUPPLY」テストではどうだろう。テスト環境は最大消費電力360W前後のシステムのため、このグラフは電源容量550Wの約65%の負荷をかけた程度となる。このように負荷が高い状態では、一般に電圧降下が起こりやすく、それを補正するための昇圧が繰り返される。そんな場合でも、「ERX550AWT-DP」の+12Vラインは11.9V付近でねばっている。最も電圧が降下した瞬間でも11.8Vにとどまっているので、ATX電源の供給電圧が定めるプラスマイナス5%の範囲に余裕で収まっている
「3DMark」~「Fire Strike Ultra」テスト実行時の電圧
  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 続いて、テスト中の処理負荷が変動するベンチマークプログラム「3DMark」の高負荷テスト「Fire Strike Ultra」を実行してみた。ここでは、ステータス監視ツール「AIDA64」のログ機能を使用して電圧を測定した。画面の上グラフ(水色のライン)は電圧の変動を示したもの、下グラフ(黄色のライン)は処理負荷の変動を示したものとなる。水色のラインは約11.9Vで安定しており、負荷を示す下の黄色いラインの影響をほとんど受けていない。ゲームグラフィックのように突発的に大きな負荷がかかる処理でも安定して利用できることがわかる

電圧の安定性がわかったところで、静音性についても確認しておこう。ここでは、(1)負荷の少ないアイドル時に加え、(2)ベンチマークプログラム「CINEBENCH R15」でCPUに負荷をかけた場合、(3)「3DMark」の「Fire Strike」テストでCPUとグラフィックボードの双方に負荷をかけた場合の3パターンで測定を行った。なお、本テストでは、グラフィックボードの動作音を排除するため、グラフィックボードを取り外し、CPU内蔵のGPU機能を用いてベンチマークプログラムを実行。騒音計は電源ユニットから約20cm離れた場所に設置している。

  • ドスパラのオリジナル電源ユニット
  • 動作音の測定結果は上記のようになった。「ERX550AWT-DP」は、ファンの回転数を自動制御する機能を備えているが、アイドル時から「3DMark」の「Fire Strike」テスト実行時まで、負荷に大きな変化があっても、動作音にはほとんど影響がなく、すべてのテストが31dB台で推移した。深夜でも耳を澄ましてようやく聞こえる程度で、一般的なCPUクーラーやグラフィックボードに比べてよほど静かだ

「ドスパラ」のケースとの相性も抜群!

電源ユニットを選ぶ際は、信頼性や安定性以外にも注目してほしいポイントがある。それは「ケースへの組み込みやすさ」だ。ドスパラオリジナル電源ユニットは、この点にも抜かりがない。3モデルともに、奥行きが160mmとコンパクトなため、PCケースのフロントベイやストレージベイと干渉する恐れが少ない。また、ケーブルの長さにも余裕があるので、電力を共有する必要のある各種PCパーツまで、ケーブルが届かないという心配もないだろう。

なかでも「ドスパラ」で販売されているENERMAX製ミドルタワーPCケース「Gravito ECB3010-B」と組み合わせた際の相性は抜群。下の写真のとおり、ケースの中にコンパクトに収まり、ケーブルの長さも十分だったし、静音性に定評のあるケースのため、動作音が気になることもグッと減らせるだろう。電源ユニットだけでなくPCケースの購入も検討しているなら、この「Gravito ECB3010-B」との組み合わせも検討してみてほしい。

  • ドスパラ限定ENERMAX 製PCケース「Gravito ECB3010-B」
  • ENERMAX製ミドルタワーPCケース「Gravito ECB3010-B」に装着。「Gravito」の特徴のひとつである裏面配線を利用して、ATX24ピンとEPS12Vの2つのケーブルを配線してみたところ、どちらも長さに余裕があり、引き回しが楽だった。配線の露出が少ない、内部もすっきりと美しい自作PCが構築できる

まとめ

ここまで見てきたように、ドスパラオリジナル電源ユニットは、「Revolution X't II」というENERMAXの確かな実績を持つ製品をベースにしながら、起動時に逆回転してホコリを吹き飛ばす冷却ファン技術「D.F.R」を搭載させることで、より長く、より安定してPCを使いたいという人のニーズに応えられる信頼性の高いモデルに仕上がっていた。

簡易なテストだが、出力電圧は安定性が高いことが確認できたし、動作音も少ない。「80PLUS Gold」認証を取得していることから変換効率が高く、むだな電力消費が少なくて済むこともわかる。それでいてベースモデル「Revolution X't II」よりも低価格が実現されているのだから、そのコストパフォーマンスの高さも魅力となるはずだ。

ドスパラオリジナル電源ユニット

電源ユニットは自作PCの土台となる大切なパーツ。できるだけ安定性が高く、高効率なものを選択することが間違いのない製品選びの鉄則となるが、ドスパラオリジナル電源ユニットはまさにこの鉄則に合致したモデルと言えるだろう。

製品紹介
ドスパラオリジナル電源ユニット

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。