365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

THIRDWAVE Pro

法人のお客様向け製品情報 | オンラインストア

詳しくはこちら Windows 10 Pro

高信頼・高性能のカスタムPCを過酷な現場で活躍する青果検査システムに採用

株式会社デンセイ

信頼性の高いPCを使うことでサポートを含めたトータルコストを削減

高信頼・高性能のカスタムPCを過酷な現場で活躍する青果検査システムに採用

株式会社デンセイ

設 立 1981年2月
本社所在地 神奈川県川崎市高津区久本3-9-25
概 要 地域密着型で総合ITソリューションを提供。

地元の中小企業にさまざまなITソリューションを提供している株式会社デンセイは、顧客企業が開発した青果検査システムの画像処理/制御コントロール用PCを長年にわたって納入している。PC-98からはじまり、DOS/V機や独自パーツを組み立てたPCといくつかの変遷をへて、約2年前、サードウェーブが提案した独自仕様のPCに切り替えた。

地域密着の営業方針でITソリューションを提供

株式会社デンセイ(以下、デンセイ)は、神奈川県川崎市に本社を置く企業だ。もともとはPCやOA機器の販売を中心にビジネスを展開していたが、顧客企業のニーズの多様化に応えるため、ハードウェアやソフトウェアを組み合わせた総合的なITソリューションを提供する形態にビジネスを変えてきた。

現在は、PC・OA機器の販売を担当する部署、ICなどの電子デバイスを担当する部署、ソフトウェアの受託開発を行う部署の3つから構成されている。その特徴は、地域密着型の営業を展開していることだ。

「いまは本社が川崎にありますが、以前は相模原にありました。こうした神奈川を中心とする地元の中小企業のお客様に、さまざまなITソリューションを提案するのが弊社の基本方針です。お客様の業務内容を把握し、悩みや課題を伺っていっしょに考え、的確な提案を行って解決に導くことを心がけています」(今井氏)  サードウェーブとの最初の接点も、こうした顧客企業からの1件の問い合わせがきっかけだった。約20年前のことだ。

 「あるとき、お客様からPCパーツのお問い合わせを受けました。当時は周囲にPCショップもなかったので、DOS/V系の雑誌広告でドスパラさんを見つけ、電話で問い合わせしたのが最初です」(今井氏)
ただし、最初はサードウェーブ(現ドスパラ法人事業部/以下、サードウェーブ)のことをあくまでパーツ納入業者としてしか見ていなかったという。それが徐々に変化し、いまではデンセイが提供するソリューションのハードウェア開発支援を担うまでの関係となった。そのパートナーシップが表れている最も顕著な例が、青果検査システムにおける両社の協業であった。

株式会社デンセイ

株式会社デンセイ
第一販売部 販売課 主任
今井 一貴

PC-98のリプレースでサードウェーブのPCを採用

デンセイの顧客企業には、独自のシステムを開発する、高い技術力を持つ中小企業が多い。青果検査システムを開発しているのも、そうした企業のひとつだ。
青果検査システムは、農協をはじめとする全国の青果集荷場で青果を判別するシステムである。ベルトコンベアで運ばれていく果物や野菜の形・色を瞬時に判別し、基準を満たすものと満たさないものを分けていく。青果の品質を維持するうえで欠かせない重要なシステムだ。

デンセイは、この青果システムの画像処理/制御コントロール用のPCを長年にわたって納入している。画像を取り込んで色・形を高速に判別するシステムの心臓部といっていい部分だ。
「最初は、NECのPC-98を使っていたのですが、NECがPC-98の製造を中止することになり、当時、台頭してきたDOS/V機に切り替えることになりました。そこで、大手ベンダーのDOS/V機を納入したのですが、そのベンダーの製品はモデル名が同じにもかかわらず、知らない間にマザーボードなどの内部のパーツが変わっていることがあり、お客様のシステムが動かなくなるトラブルが発生したのです。そこで、以降は採用を見送り、当時すでにおつきあいのあったサードウェーブさんからパーツを購入し、お客様のところで組み立てていただく方針に切り替えました」(今井氏)

しかし、選択したのはあくまで民生用のパーツであったため、信頼性は決して高いとはいえなかった。さらに、製品のライフサイクルが短く、1年も経つと次の製品が出てしまうため、ユーザーからはもっと信頼性が高く、長期供給が可能なパーツにしてほしいという要望がきたという。

そうした中、サードウェーブ側から24時間稼働を前提にしたサーバ用パーツが提案された。ところが、サーバ用パーツを納入したにもかかわらず、運用してみたら想定したように動かないトラブルが発生した。
「じつは、青果検査システムが設置されているのはプレハブのような場所で、寒暖差が非常に激しいところが多かったのです。このため、朝の気温はマイナスになることも多く、早朝に起動したら温度差によってエラーが発生して動かないというトラブルが発生したのです」(今井氏)

そこで、デンセイとサードウェーブは二人三脚で原因調査と対策に奔走。最終的にはマザーボードメーカーに依頼してBIOSを修正してエラーを防ぐことに成功するが、これはあくまで一時的な対策で、根本的な解決策とはいえなかった。

信頼性の高いPCの導入により保守を含むトータルコストを削減

自社のパーツが想像以上に過酷な環境で使用されていることを知ったサードウェーブは、青果検査システムに必要とされるPCの仕様を再検討した。
具体的には、長期供給が可能な国内メーカーのマザーボード、そのマザーボードとの互換性テストにパスしたメモリ、25℃連続定格運転で7 年以上の寿命を持つ国内メーカーの電源、故障の少ないSSDなどを選定。さらにOSには、供給期間が最低15年で製品サポートも10年あるWindowsEmbedded Enterprise/Serverを採用した。

また、画像処理専用のグラフィックボード用スロット、独自のPCIバスの本数、COMポートの搭載など、大手ベンダーの汎用PCでは実現が困難な仕様も満たした青果検査システムに最適化された受注企画PCを提案し、採用された。それが約2年前のことだ。今井氏は、この新しいPCについて次のように語る。

「サードウェーブさんに新しいPCをご提案いただいてから約2年が経ちます。その間に300台を超えるPCを青果検査システム用に納入させていただきましたが、故障は1台もありません。その前のモデルが動作しているシステムも残っていますが、これらは何とかやりくりしながら動かしている状態です。従来のモデルと比べると信頼性は格段に向上しています」(今井氏)

高信頼のパーツを使用することで、PC本体の価格がやや上がることは否めない。しかし、何度かの苦い経験を経た結果、少々高くても高品質・高信頼で長期供給できる製品が不可欠であるという認識がユーザー側に生まれていたこともあり、価格の上昇はあまり大きな問題にならなかったという。また、新しいPCに切り替えたことで、サポートも含めたトータルコストはむしろ削減されているという。

「青果検査システムは北海道から九州まで全国に導入されており、システムトラブルが発生した際には担当者が現地に飛んで対応しなければなりません。それが遠方や離島などだと、1回の対応でサードウェーブさんのPC1台程度のコストがかかってしまうのです。新しいPCを導入してからはこのようなことが格段に減り、トータルコストも下がりました。これはお客様にも高く評価して頂いているポイントです」(今井氏)

プロならではの知識とノウハウを高く評価

青果検査システム用のPCの開発を通じて、デンセイにとってサードウェーブは欠かせないパートナーとなった。特に産業系のSIコンサルティングの現場では、ハードウェアの知識・経験がより多く求められる。その意味でも、多くの部品メーカーと協力関係にあるサードウェーブの存在は心強いと今井氏は語る。

「最初は、私も個人で勉強してお客様にご提案していたのですが、技術革新のサイクルが早いため、やはり個人では限界があります。その点、多くの部品メーカーと協力関係があり、インテル®テクノロジー・プロバイダー・プラチナ・パートナーかつ、マイクロソフト認定ゴールドパートナーでもあるサードウェーブさんは、プロならではのさまざまな情報・ノウハウを持っているので、我々にとってはたいへん心強いですね」(今井氏)

実際にサードウェーブは国内外の多くの部品メーカーと密なネットワークを構築している。このため、通常は知ることのできない製品開発のロードマップ情報もいち早く入手し、提案に盛り込めるという。
今井氏は、これまで培われてきたサードウェーブとのパートナーシップを活かし、新しいビジネス展開も検討している。

「私の担当しているお客様の中には、制御や計測、検査等各種システムを開発されている企業が何社かあります。こうしたお客様にも、青果検査システムで得られたノウハウを活かして長期供給できる高品質・高信頼のPCをご提案していければと考えています。その際には、ハードウェアの知識・経験が豊富で、部品メーカーとの強力なネットワークを持っているサードウェーブさんの協力が不可欠だと考えています」(今井氏)

オフィス用の汎用PCはコモディティ化が激しく、年々「どれを選んでも同じ」傾向が強まっている。しかし、青果検査システムのように汎用PCでは対応できないシステム、高品質・高信頼、かつ長期供給可能なPCが必要とされるシステムは少なくない。今後、デンセイがこうした市場に切り込んでいくとき、20年にわたるサードウェーブとのパートナーシップは、間違いなく大きな力になるだろう。

※文中記載の組織名・所属・役職等はすべて2012年2月時点(インタビュー時)のものです。
導入事例一覧

THIRDWAVE Pro 法人限定サポート

完全オーダーメイドパソコン

大学への導入実績

会津大学/青山学院大学/秋田大学/茨城大学/岩手大学/宇都宮大学/愛媛大学/大分大学/大阪大学/大阪府立大学/学習院大学/鹿児島大学/金沢大学/関西大学/関西学院大学/関東学院大学/北里大学/岐阜大学/九州大学/京都大学/京都府立大学/京都府立医科大学/近畿大学/熊本大学/慶応義塾大学/神戸大学/国際基督教大学/埼玉大学/札幌医科大学/滋賀大学/静岡大学/上智大学/職業能力開発総合大学校/信州大学/聖マリアンナ医科大学/専修大学/総合研究大学院大学/千葉大学/中央大学/筑波大学/帝京大学/電気通信大学/東海大学/東京大学/東京医科大学/東京医科歯科大学/東京学芸大学/東京芸術大学/東京工業大学/東京歯科大学/東京農工大学/東京理科大学/同志社大学/東北大学/徳島大学/鳥取大学/長崎大学/名古屋大学/新潟大学/一橋大学/兵庫医科大学/兵庫県立但馬技術大学校/弘前大学/広島大学/福井大学/福岡大学/法政大学/北海道大学/三重大学/宮城大学/明治大学/明治薬科大学/山形大学/山口大学/山梨大学/横浜国立大学/立教大学/立命館大学/琉球大学/龍谷大学/和歌山大学/早稲田大学

●この他にも数多くの教育機関・研究機関・官公庁・団体・企業様でご採用頂いております。
●サードウェーブは平成28・29・30年度 全省庁統一資格を保有しております(業者コード0000098062)。

主要販売パートナー様

インターピア株式会社/SB C&S株式会社/株式会社システナ/ダイワボウ情報システム株式会社/株式会社テクノブラッド/株式会社ハイパー/リコージャパン株式会社/萩原テクノソリューションズ株式会社 (五十音順)

社会貢献活動

サードウェーブの社会貢献活動

ご相談・お問い合わせ

お見積・購入のご相談

TEL. 03-5294-2041

FAX. 03-3256-2532

E-mail. sales_hq@twave.co.jp

受付時間:(平日)9:00〜18:00 定休日:土・日曜日、祝日、年末年始

  • サードウェーブは、「インテル・テクノロジー・プロバイダ・プレミアム 」「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」「AMDソリューションプロバイダ プラチナム」として認定されています。
    サードウェーブは、
    「インテル・テクノロジー・プロバイダ・プラチナ」
    「マイクロソフトパートナープログラム Gold OEM」
    「AMDパートナープログラム プレミア」
    として認定されています。

受賞履歴

  • Microsoft Partner
    サードウェーブは「2013 Microsoft Worldwide Partner Award」において受賞社として高い評価をいただきました。 詳細はこちら
  • intel
    サードウェーブは「インテル ソリューション サミット2008」にてアワードを受賞いたしました。
  • 見積⁄注文方法
  • お問い合わせ

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。