365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

THIRDWAVE Pro

法人のお客様向け製品情報 | オンラインストア

詳しくはこちら Windows 10 Pro

サイバーエージェントが大手ベンダーのサーバを選ばなかった理由

株式会社サイバーエージェント

カスタマイズ性と省スペースが選定のポイント

サイバーエージェントが大手ベンダーのサーバを選ばなかった理由

ソーシャルゲームサービスの基盤サーバを刷新

サイバーエージェントは、コミュニケーションサービス「アメーバピグ」内のソーシャルゲームサービスの基盤サーバを刷新した。その背景や製品選定のポイントは何か。同社担当者に聞いた。

コミュニケーションサービス「アメーバピグ」のアバターを利用したソーシャルゲームサービス「ピグライフ」を2011 年6 月から提供しているサイバーエージェント。2012 年5月には「ピグアイランド」、さらには同年8月に「ピグカフェ」、同年11月には「ピグ ワールド」を開始するなど、矢継ぎ早に新たなソーシャルゲームサービスをリリースしている。

同社では、これらの新サービス拡大に当たり、急増するゲームデータの処理に最適なデータベース基盤の構築を検討。ピグライフのサーバ環境や運用に生じていた課題を踏まえ、データ処理の高速性、ラックへの集積度の高さ、スケールアウトできる拡張性、カスタマイズの容易さを重視。新たなサーバ環境へ刷新したという。

ピグライフのデータベース基盤としてサイバーエージェントが当初利用していたのは、欧米や国内大手ベンダーのサーバだった。だがシステム基盤刷新にあたり同社が採用したのは、大手ベンダーと比べ、規模は小さいものの、個性的な製品作りを進めるベンダー のサーバだったという。

同社が導入したサーバとは何か。導入の狙いは。導入までの経緯と選定の理由を聞いた。
サイバーエージェントが2012年5月に開始した「ピグアイランド」は、アバターを使って材料を収集したり、工作をしたりしながら自分の島を作っていくゲームだ。ピグアイランドのユーザーデータは、サイバーエージェントのデータセンターにホスティングしているサーバに格納し、同社が管理している。データベースには、NoSQLのドキュメント指向データベース「MongoDB」を採用し、複数サーバによるデータの水平分散処理を実現している。

同社は、2011年6月スタートの「ピグライフ」に続くソーシャルゲームサービスとして、上述したピグアイランドに加え、2012 年8 月には喫茶店作りゲームの「ピグカフェ」、11月には街作りゲームの「ピグワールド」と、2012年に合計3つのサービスを相次ぎリ リースした。ユーザー数は、ピグアイランド、ピグカフェ、ピグワールドを合わせて約500 万人。順調にユーザー数を伸ばしている。

サービス増加に耐えるデータベース基盤が必須に

こうした新たなサービスを展開する際、「ピグライフのサーバ環境をそのまま使い続けるのではなく、肥大化するゲームデータの処理に最適な、新しいサーバの導入を検討する必要があった」と語るのは、サイバーエージェントアメーバ事業本部 プラットフォーム部門 インフラ事業部 サービスインフラグループの桑野章弘氏だ。

桑野氏がこうした判断に至ったのは、新サービスの提供を進めるに当たり、従来のサーバにおいて幾つかの課題を抱えていたことがある。
ピグライフのデータベース基盤には、これまで大手ベンダーの1Uサーバを使っていた。だが「消費電力が大きく、1ラックに搭載できるサーバ台数も限られていた」(桑野氏)。また、「スケールアップ型で容易に拡張できないことに加え、SASドライブのディスクアクセスがボトルネックとなり、MongoDBの分散処理能力を生かし切れていなかった」とも明かす。さらに、ユーザーデータの増加に合わせて、同社エンジニアがディスク容量を増設する際のカスタマイズ性も課題として浮かび上がっていたという。

こうした課題を解決すべく、

  • ●ラックへの集積度の高さ
  • ●データ処理の高速性
  • ●スケールアウトできる拡張性
  • ●カスタマイズの容易さ

を必須条件として、新規サーバの選定を実施。最終候補に残った3社の中から、サードウェーブテクノロジーズ(現ドスパラ法人事業部)(以下、サードウェーブ)のフルカスタマイズサーバ「ExPrime Server R-280-HW」の導入を決めた。新データベース基盤は、2012年4月から本格稼働している。

最終選定に当たっては、大手ベンダーも有力な候補に挙がっていたという。「比較検討した結果、今回の選定条件にベストマッチしたのは、大手ベンダーではなくサードウェーブのサーバだった」と、サイバーエージェント アメーバ事業本部 プラットフォーム部門 ピグ事業部 コアシスグループの齋藤 匠氏は話す。

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント
桑野 章弘

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント
齋藤 匠

カスタマイズ性の高さを評価し、大手ベンダーのサーバから移行

サイバーエージェントが大手ベンダー製品ではなく、サードウェーブのExPrime Server R-280-HWを採用した決め手になったのは、カスタマイズの容易さだ。大手ベンダーのサーバは、ユーザー企業が独自でカスタマイズすることが前提となっておらず、内部設計が複雑なことが多い。 これに対してサードウェーブのサーバは、内部設計が比較的シンプルで、“自作サーバ”のような感覚でカスタマイズできる。ケースもツールレスで簡単に取り外すことができ、メンテナンスも容易だ。こうした優れたカスタマイズ性とメンテナンス性は、大手ベンダーの製品にはない魅力といえよう。

ExPrime Server R-200-HW

高いラック集積度も評価した。ExPrime Server R-280-HWは、1Uハーフサイズの省スペース設計と、アイドル時38ワットという低消費電力により、一般的なサーバと比べて高いラック集積度を実現する。さらに、省スペースながら拡張性にも優れ、スケールアウト型でシームレスに性能を拡張することが可能だ。

「MongoDBはCPUへの負荷が少ないため、CPU性能をそれほど必要としない。一方で、サーバ台数が多ければ多いほど処理能力を高めることができる。その意味で、高集積度と拡張性、さらには低消費電力をも兼ね備えるExPrimeServer R-280-HWは、MongoDBの分散処理能力を最大限に引き出せるサーバだと判断した」(齋藤氏)

さらに齋藤氏は、「ベンダー構成だとなかなかできない、マザーボードのSATAポートへの直接接続ができることがメリットだ。古かったり安価なハードウェアRAIDだと、SSDの性能の足を引っ張ることが多い。ハードウェアRAIDではなくソフトウェアRAIDを組むことで、SSDの性能を引き出すことができる」と続ける。「耐障害性は、もともと使用しているアーキテクチャで担保していることもあり、パフォーマンス重視でRAID 0構成にした。サードウェーブのサーバは柔軟性に富んでおり、こうした構成を組むのが容易だった」(同氏)

大規模ソーシャルゲームをスムーズに運用可能に

サイバーエージェントは現在、ソーシャルゲームサービスごとにExPrimeServer R-280-HW 約70 台を活用してデータベース基盤を構築(図)。ピグアイランド、ピグカフェ、ピグワールドの3サービスで合計約500 万ユーザーのデータを6人のデータベースエンジニアが運用管理している。

桑野氏は、「各ソーシャルゲームサービスとも、オープン当初から多くのユーザーが利用したが、膨大なゲームデータを少人数でスムーズに管理できている。サードウェーブのサーバを導入した効果は大きいと実感している」と、導入効果を説明する。

今後は、各ソーシャルゲームサービスの内容を充実させ、さらなるユーザー数の拡大を目指す考えだ。これに伴い、サーバのストレージ容量も増設する必要がある。「その際、ラックにスライドレールを設置してもらえるとうれしい。サーバが取り出しやすくなり、メンテナンス性がさらに向上するはず」と、桑野氏はサードウェーブにリクエストする。こうした声に応え、サードウェーブはラックの改良を進めているという。

サイバーエージェントが選んだ「ExPrime Server R-280-HW」

今回、サイバーエージェントがソーシャルゲームサービスのデータベース基盤として採用したExPrime ServerR-280-HWは、サードウェーブが専用ホスティングサービスへの導入実績を基に開発した、データセンター向けフルカスタマイズサーバだ。
 チップセットには「インテルC204チップセット」を採用。CPUには、「インテルXeonプロセッサーE3-1200製品ファミリー」から第2世代の「インテルCore i3プロセッサー」まで、13種類のラインアップを用意している。

メモリは、最大32Gバイトまで搭載可能。ディスクはホットスワップに対応しており、2.5インチのSATAディスクやSASディスク、SSDを最大2台搭載できる。なお、内部には、USBメモリの搭載が可能なUSBポートを1基用意。サーバ仮想化のハイパーバイザーのインストールなどに利用可能だ。

「ExPrime Server R-280-HW」
ExPrime Server R-280-HW

高度なカスタマイズ性と高いラック集積度で、サイバーエージェントのサービス基盤として選ばれたExPrimeServer R-280-HW。サーバの新規導入や刷新を考える企業にとって、検討の価値がある製品といえるだろう。

※文中記載の組織名・所属・役職等はすべて2013年時点(インタビュー時)のものです。
導入事例一覧

THIRDWAVE Pro 法人限定サポート

完全オーダーメイドパソコン

大学への導入実績

会津大学/青山学院大学/秋田大学/茨城大学/岩手大学/宇都宮大学/愛媛大学/大分大学/大阪大学/大阪府立大学/学習院大学/鹿児島大学/金沢大学/関西大学/関西学院大学/関東学院大学/北里大学/岐阜大学/九州大学/京都大学/京都府立大学/京都府立医科大学/近畿大学/熊本大学/慶応義塾大学/神戸大学/国際基督教大学/埼玉大学/札幌医科大学/滋賀大学/静岡大学/上智大学/職業能力開発総合大学校/信州大学/聖マリアンナ医科大学/専修大学/総合研究大学院大学/千葉大学/中央大学/筑波大学/帝京大学/電気通信大学/東海大学/東京大学/東京医科大学/東京医科歯科大学/東京学芸大学/東京芸術大学/東京工業大学/東京歯科大学/東京農工大学/東京理科大学/同志社大学/東北大学/徳島大学/鳥取大学/長崎大学/名古屋大学/新潟大学/一橋大学/兵庫医科大学/兵庫県立但馬技術大学校/弘前大学/広島大学/福井大学/福岡大学/法政大学/北海道大学/三重大学/宮城大学/明治大学/明治薬科大学/山形大学/山口大学/山梨大学/横浜国立大学/立教大学/立命館大学/琉球大学/龍谷大学/和歌山大学/早稲田大学

●この他にも数多くの教育機関・研究機関・官公庁・団体・企業様でご採用頂いております。
●サードウェーブは平成28・29・30年度 全省庁統一資格を保有しております(業者コード0000098062)。

主要販売パートナー様

インターピア株式会社/SB C&S株式会社/株式会社システナ/ダイワボウ情報システム株式会社/株式会社テクノブラッド/株式会社ハイパー/リコージャパン株式会社/萩原テクノソリューションズ株式会社 (五十音順)

社会貢献活動

サードウェーブの社会貢献活動

ご相談・お問い合わせ

お見積・購入のご相談

TEL. 03-5294-2041

FAX. 03-3256-2532

E-mail. sales_hq@twave.co.jp

受付時間:(平日)9:00〜18:00 定休日:土・日曜日、祝日、年末年始

  • サードウェーブは、「インテル・テクノロジー・プロバイダ・プレミアム 」「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」「AMDソリューションプロバイダ プラチナム」として認定されています。
    サードウェーブは、
    「インテル・テクノロジー・プロバイダ・プラチナ」
    「マイクロソフトパートナープログラム Gold OEM」
    「AMDパートナープログラム プレミア」
    として認定されています。

受賞履歴

  • Microsoft Partner
    サードウェーブは「2013 Microsoft Worldwide Partner Award」において受賞社として高い評価をいただきました。 詳細はこちら
  • intel
    サードウェーブは「インテル ソリューション サミット2008」にてアワードを受賞いたしました。
  • 見積⁄注文方法
  • お問い合わせ

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。